人工地震? はたして・・・ | ギラの日本を護りたい!

テーマ:
ども
ども
ギラです。

ギラは都市伝説的な話は好きですが
盲目的に信じてしまう人間ではありません。

考えるのは常に「その可能性」についてです。

可能性が0と言いきれない以上
全否定もしませんし全肯定もしません。
可能性の一つとして頭に留めておくという形にします。

そこで今回、二つの動画を紹介しますので
あなた自身がご覧になってその可能性を考えてみて下さい。

その1



その2



ギラの見解としては・・・

どっちが正しいのかは
判断がつきません。
つまり わかりません。という事です。

ただ、両方とも可能性はゼロとは言い切れないな。
という感想を持ちます。

だって 本当の事は解らないのですから。
それでいいと思います。

解らないのに、片方を全肯定し片方を全否定する
事自体が、おかしいんじゃないですかね。


ただ自分の身を守るためには
ありとあらゆる情報を入手しそして
常に何事も簡単に信じない気持を持ちつつ
冷静にその可能性を考える事だと思います。

何事も簡単に決めつけたり、鵜呑みにするのは
危険だと思いますよ。


最後に念の為付け加えておきますが
ギラは「幸福の科学」とは何の関係もありませんのであしからず。





明日にでも、南海トラフ巨大地震が発生する
可能性はゼロとは言えないのです。

地震や火災や津波から生き残れたとしても
およそ1ヶ月程度は、
・電気、ガス、水道 は使えません。
・ネットもスマホも使えません。
・交通機関も使えません。
・流通もストップしてるので食糧も届きません。
それでも1ヶ月耐え凌げるだけの準備をしておく事です。

・水や食料や現金もある程度ストックが必要。
・カセットコンロやガス缶なども多めにね。
・簡易トイレや水のいらないシャンプーなど
 サニタリー系も考えておかないと。
・ロウソク・ラジオ・懐中電灯なども必須ですね。
・発電機やモバイルバッテリーも有った方がいい。


海に近い地域の人は津波対策は忘れずに!
原発に近い地域の人は放射能対策は忘れずに!
火事場泥棒や性犯罪なども発生する人種もいるのでその点にも気をつけるべきです。


関連記事
南海トラフ巨大地震



というわけで
またぬん
ギラ

ギラたんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス