エアポートよさこいin仙台空港Vol.4 | DJまつりっこ 

DJまつりっこ 

東北・宮城の復旧復興とイベントに対する品質の考えを本音でトーク


テーマ:

平成26年より、東日本大震災復興応援チャリティーイベント「エアポートよさこいin仙台空港Vol.4」を開催いたしました。

昨年、会場借用先の都合により中止となり、今回2年ぶりの開催でした。

今年は、過去最大参加団体の皆様にご参加いただきまして、盛大に開催させていただきました。

朝早くから広島・東京・千葉・山形・県内の大学・高校生ボランティアや前ホストチームに設営お手伝い頂きました。

 

開会式では、名取副市長様

岩沼市長様

ホストチーム代表様にご挨拶を頂戴いたしました。

 

本編

今回、諸事情により被災地生産加工販売ブースが中止となり、代わりにチャリティーブースを開設しました。

 

ボランティアの皆様にお手伝いいただきました。

 

(追伸)

-----------------------------------------------------------------------------------------

「残念なお知らせ」

先日は、第4回開催にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。
2年ぶりの開催いかがでしたでしょうか。

今年から、近年イベント撮影する一般カメラマンの問題行動が減らない事を受け、規制強化を執行しました。
しかし、重大な事案が発生してしましました。

某演者が披露中、航空機を御利用される一般利用者が通行路案内があったにも関わらず、ステージフロアへ入り、入り口にある本部前通過しようとした時、運営側より本人へ直接、止まるようアナウンスしたにもかかわらず無視され、演者後方を通過中に、事前受付していた一般カメラマンが一般利用者に対して、物を投げました。
※演者・一般利用者には、物が触れず通過しケガはございません。

一般利用者は、これから搭乗する航空会社カウンターにて、「物が当たった」などクレームを出され、航空会社から空港運営会社へクレームが入り、主催本部へ即通達がありました。
これを受け、対象カメラマンを見つけ、主催より事実確認の元、退場願いました。

〇どんな理由であれ、人が人へ物を投げる行動は、絶対に許されません。
人間のモラルを疑うと共に、せっかくのイベントをぶち壊しされ、強い苛立ちを感じております。

〇空港運営会社より、主催対応が悪かったことによる発生ケース。と連絡がありました。
事情説明しましたが、ご理解いただけず、残念の思いと終了を伝えました。

〇演者側には謝罪を行っております。
また、空港運営会社へ調査経緯を報告いたしました。

 

今回の件を受け、
平成30年3月21日の開催をもって、東日本大震災復興応援チャリティーイベント「エアポートよさこいin仙台空港」終了を決定いたしましたので、お知らせいたします。

 

DJまつりっこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス