モヒカン君?縦と横の動きでシルエットが全く違うフライ! | メバル狂い ソルトマスターメバリング日記

メバル狂い ソルトマスターメバリング日記

メバル狂いの
ソルトマスター
北部九州でのメバリング日記です

ハンドメイドルアーやフライまで作ってます
何故、メバリングにプラグなのか?
その答えを綴っていきます


テーマ:

キラッキラなボディにスキンの付いた鬼ヤワなフェザーとトリガーマテリアルとなるフラッシャーをバランス良く巻き留め、メバルを始めとしたイーター族の捕食スイッチを入れまくるフライ。

フォールとスイミングでシルエットが違うので、アクションの変化の時にアタリが出ます。

 

先ずは、動画をご覧ください。

 

 

 

smf2movieさん(@smf2movie)がシェアした投稿 -

 

 

フライタックルでバランスやラインシステムに悩みながら過ごした今季のメバルですが、
この「モヒカン君」だけには安定して喰ってきました

それだけ、止めの間でも釣れやすいフライなんでしょう。

 

さらに、よーく動画を観ると、

スピードを上げたリトリーブの時に微細なフラッタリングをしています。

まさに追い詰められたベイトが必死で逃げる様。

 

通常、スキンを薄く削ぐのですが、厚めのまま仕上げています。

これは、海での使用に特化したため。

堅牢であることが最重要なんですね!

 

ちょっとやそっとじゃ壊れません!

 

 

このフライ

ルアータックルでF-SYSTEMや半遊動フロート等では釣れすぎて飽きるかもしれません。

その「生餌フライ」を以下のカラー各本づつ

4色×2の合計8本をセットにして、

 

@200OFF!

 

 

 

フックの入荷の関係で7セットしか出来ませんでした。

明日、7月12日AM9:00より受付スタート!

 

1セット@3000ジャストです!

 

オーダーは、コチラのアドレスへ

 

 

ソルトマスターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス