にいてです。

 

これもプロジェクトで聞いた話ですけど

カード型のガレージリモコンってよく壊れるのだとか

 

カード型リモコンかけ離れている

 

なぜか?

カード型ですから、厚みは薄い訳ですよね

おそらく、カード型であれば財布に入れておけるとか、

ポケットにスマートに収まるってコンセプトだとは思うのですが・・・

 

ガレージリモコン収まり悪い

 

厚みが薄くても、ボタンを押す回数はかわらない

カード型の場合、ボタンは本体とフラットになって、押した感じがしないけど

音で知らせるものもとか、振動で押したことを伝えているものもあるかと思います。

 

でも、ガレージのリモコンカード型でも、ボタンに出っ張りがある

実際に手にとってみましたが、んーポケットに収まりはよくない感じでしたよ

 

薄型といえば薄型ですけど、気になる厚みですね大きさも診察券や

クレジットカードより大きい・・・

 

うまく言えませんが・・・

カードとはかけ離れている感が拭えない

 

厚みもさほど薄くもなく大きさもカードより大きいのですが

厚さを抑えた分、破損する率は高くなるんだそうです。

 

基板とケースとの隙間が足りないから干渉してしまうのかな?

そういえばスマホになってから、落とすと直ちに壊れますね、

だからケースや液晶保護が必須

 

その観点から考えると

薄いと、圧に弱い?ってことはうなずけます。

 

よく壊れるからといって、長年リモコンの改良はされていないのが

現状のようですね。

 

それから、もう1つ気付いたのですが

カード型のリモコンって1つのリモコンで2面のシャッターを開ける

チャンネル切替可能でもかなり切替がしにくい。
 

あれでは・・・

複数のガレージシャッターを所有している人は、カード型のリモコンを所有している

シャッターの数分持ち歩くのではないかと思うのです。

 

おそらく、カード型だから、さほどかさばらないといったメーカーの意図のような

気がしますが・・・
 

でもカード型リモコン(カードリモコン)って、そこまで薄い?

と実際に手にとって思うのです。

(せめてカード型電卓と同じ大きさ厚みなら納得もすると思いますが・・・)

 

しかも防水でもない・・・

 

 

さて、年号も変わって「令和」になってもそのままよく壊れるカードリモコン

持ち続けるのか、ケースで壊れないよう保護しているスマホにコンバートして

持ち歩く方がよいのかどちらを選びます?

 

言わずもがなだと思うのですが・・・

 

ホームページをチェックしたい人はここクリックからどうぞニコ

 

関連した記事