にいてです

 

今回は吊引き扉(写真は下に表示)

(ここまでの関連した記事はこの記事の最後に一覧にしました)

 

 

部屋の入り口になるのかな?うーん 框(かまち)もついて框には

当然ですがレールがない、実際にできあがるといい感じですねニコ拍手

 

 

さて

吊引き扉はかなり大変だったそうです。

シャッターと同じように、開閉がスムーズになるようにかなり悪戦苦闘したって

伺いました、丸1日かかったおーっ!

 

2枚の扉・・・

1度の動作スムーズに開け閉めするために・・・

 

吊扉ですから、下にレールはなく、上のレールだけで支えて開閉します

扉が前後にブレないようにってのは、かなり大変だったと・・・

 

2枚目の扉がついてくるように、金具も金属加工してオリジナルで作ったって話です

金具の写真写真を下に表示

裏面です写真を下に表示

加工した金具写真を下に表示、エルアングルって言ってました

扉の下にビスで固定して取付写真を下に表示

金具装着状態写真を下に表示

 

それから

1枚目と2枚目が擦れないように扉同士の隙間を調整

 

取ってに手が挟まらない位置で扉がとまるように、ここも調整写真を下に表示

 

動画撮っている間もず~っと説明してました、よっぽど達成感があったんですねニコ

なので・・・

 

オリジナルで作った金具エルアングル(L字)にタップ立てて・・・

と・・・

 

金具の取付た内容も動画に入れました。

 

動画動画をがこちら下記に掲載

 

拍手

 

関連した記事