DIY大好き!

DIYで経済的自由を目指す主婦
DIYママですニコニコ


車で日本政策金融公庫さんに行く前に

途中銀行により記帳〜


DIYママ名義&法人口座

家族分も念の為記帳〜


車を停めていざ〜


受付で
ニコニコ「お約束させて頂いてますDIYママです」
と担当の方に取り次いで頂き
面談室に案内されました〜
下矢印


こちらでは2回利用していますが
DIYママは毎回担当の方が変わります
(これが普通なのかはわかりませんが)

いつもは個人のせいなのか
少額のためなのか
若い女性が対応してくれてたのですが

今回はベテランぽい男性キョロキョロ

むちゃくちゃ緊張しました〜(^_^;)

ニコ「不動産事業を始められた理由は?」
これはぺんたさんと似ていて
こどもが障害があり
将来の収入や金銭面で苦労しないように
かつ不動産事業なら
1日中働くのではなく
こどもの体調などで働く時間を
自分で融通出来るのも魅力でした

ニコ「今回どうして法人化したのですか?」
これは「相続」を気にした事が大きいです

物件毎の相続は大変なのと
事業として子どもに次いでもらいたい
(障害持っている子のサポートも込みですが)

不動産事業として
自信が付いた事も伝えました

「節税対策」は言わない方が良いかな〜
と思い触れませんでした

持って来た免許証、通帳を提出
(DIYママと法人口座のみでした)

.創業のために使った資金の領収書は
法人設立費用だけでした

借入金はDIYママは全て日本政策金融公庫
旦那さんは銀行から物件融資70万だけでした

ほとんどの物件を現金で買っているので
ちょっと感心されました照れ

担保予定物件の資料は
以前融資依頼の時に調べているようで
なしで大丈夫でした

その物件の固定資産納税通知書課税明細
及び領収書提出

これらを預けて
全てコピーをとってもらいました

今回の事業物件が
木造で耐用年数がオーバーしているので
10年になると説明されましたが
15年希望で検討をお願いしました

利回りは2%強で
担保ありなのでもう少し下がるかも

国自体が不動産事業への融資を
社会貢献度が低いと判断のため
他の事業と比べ厳しめな条件になる

また民間(銀行、信金)が貸してくれるなら
なるべく民間を利用を勧めていると
いろいろ教えて頂きました

2、3日中に事業物件を調査に行き
その後融資方針を決めて
連絡下さる事になりました

あ〜
緊張しました〜てへぺろ



DIYママでしたニコニコ