腰の治療を受けながら神の話をする | あきのポヨポヨYOGAブログ ~相模原淵野辺・稲城市若葉台 ディワーリヨガ*Diwari YOGA*

あきのポヨポヨYOGAブログ ~相模原淵野辺・稲城市若葉台 ディワーリヨガ*Diwari YOGA*

たのしく・ゆったり伝統的なヨガをしています。日々のおもしろいこと、ヨガサークルやレッスンのお知らせをかいています。

はいこんにちは

台風すごかったねーーー
我が家は山が近いので風の音も半端ねかったです


そんな台風一過のなか、
腰の治療で鍼の先生を訪れました。

腰はインド後から痛みが続いていて
なかなか治りませんですよ。はい。

しつこい腰にさすがのわたしも弱り果てたんですが、学びもたくさんあったので、それはまたいつの日か書いてみたいと思います。


で、
MAX痛い時に「鍼がいいよ」と生徒さんに勧められて、近所の先生のところに行きまして、人生初の鍼をうってもらい、それから1週間半くらい経ちました。

今は、腰というか、座っているとおしりの筋肉が痛いので、それをお願いしたところ、今日は鍼じゃなくて超音波にしようかということでした。


ビンビリ ビンビリ電気が走り、尻周りがあったかくなり、治療が進む中、先生と

「神様を信じるかどうかの件」について話しました。

※わたしは半ケツ状態で話してることもお忘れなく



特定の宗教ではなくて、もっと身近に感じる


「あぁ、これって神様のおかげだな」

とか

「わたしって天才、神がかってる」


とかのやつ。

言いたいことわかりますか。



「今ある状況を神様のせい(おかげ)と思えるかどうかで、そこから変わるか変わらないかの差が出る」

こんなことを先生は仰ってました。


わたしもマジその通りって思う。

わたしがインドに行って肌で感じてきたのは、これとおんなじ話。

『わたしは特定の神様とかへの信仰がなく、真我などのイメージが湧きにくいんですが、(瞑想の際に)どうしたらいいでしょうか』とラリタ師にお伺いしたところ、『具体的なものではなく、supream power:絶対的な力 を感じて(信じて)修行することが大事』と仰っていました。



上手くいく場合も
上手くいかない場合も

神様とか宇宙の采配なんですよ。


そんだけ自分ではどうにもならないことだともいえるし、そうなるにはそれなりの理由(宇宙的な)がある。


これがズドーンと腑に落ちると

人は変わる。
人生が変わる。



神とか何言ってんの、全然わかんない

って素直に思えないうちは、心の奥になんかあるんです。屈折してるともいえる。


だからね、わたしの腰が痛くなったのは神さんが与えてくれた何か、です。こんな話を鍼灸院でしてるのも、腰のおかげです。