8年前。 | あきのポヨポヨYOGAブログ ~相模原淵野辺・稲城市若葉台 ディワーリヨガ*Diwari YOGA*

あきのポヨポヨYOGAブログ ~相模原淵野辺・稲城市若葉台 ディワーリヨガ*Diwari YOGA*

たのしく・ゆったり伝統的なヨガをしています。日々のおもしろいこと、ヨガサークルやレッスンのお知らせをかいています。


テーマ:
こんにちは。
あきです。

今日は3月11日ですね。
今年は自宅にいたので、黙祷をしました。
外ではウグイスさんが練習をしている、そんな春の雰囲気でした。


********

あの震災で直接わたしが影響を受けたものはないけれども、遠いところでは影響があったのだと思っています。

というのも、当時、まだ会社で働いていました。


でも、もう、かなり行き詰まってた。
自分でも辞めた方がいいのはわかってはいるんだけど、抜け出すこともできない、そんな感じ。


その頃のわたしについて、すこし書いてみようと思います。個人レッスンでは時々お話ししてますね。
ブログではなぜかあまり書いてこなかったので…



わたしは大学を出て、新卒でITベンチャー企業に入り、3年ほどで辞めて結婚、その後は派遣社員として働いてました。(ちなみに、ヨガに出会ったのはIT企業にいた頃)

自分でいうのもなんだけど、仕事ができる人だったので、どの会社でもまあまあ認められて、重宝されてた。

でも、苦しみのほうが多かった。
いつも「わたしはこんなところで終わる人間じゃない」って思ってた。


大学が名の通ったところだったのでそれに恥じない生き方をいなきゃいけないと思ってたし、母の期待や願いにも応えなきゃと思ってた。
↑いわゆる大企業に勤めるのを良しとしてたんだね


だから、
わたしはまだまだ全然ダメなんだ。
出来損ないなんだ。

っていっつも思ってた。


派遣社員になってからは、その自分でかけた呪いにかなり苦しむようになった。


でもね、自分がこの呪いに縛られてることにほんとに気がついてなくて、ただ少しづつ何かがおかしくなっているのだけはなんとなーくわかってて、そしたら、ある日の朝から会社に行けなくなってしまった。
ここはちょっとぼやかすけど、旦那氏に止められた。

その日のうちに心療内科に連れていかれたら、
うつ病だった。3ヶ月は休みなさいと診断書を書いてくれた。


その数ヶ月後に、東日本大震災があったんです。


当時は病状もまだ悪かったから、「震災で大変だ」とは分かってたんだけど、感情的には全く刺さらなかったんだよね。「ふーん」くらい。それくらい感性が失われてた。今が春なのか夏なのか、何月なのかが分かりにくかった。


でもそんな感性ゼロの中で震災報道を見て、うっすら思ったのは、

このまま働くのが全てじゃないかもな

ってことだった(と思う。この辺の記憶が曖昧で)



半年後に仕事をようやく辞めて、市役所で社会保険の手続きをしていたら、やたら優しくされて(笑)、その時に「生きよう」って感性が戻ってきたのをよく覚えてる。



今はうつ病は治って、花粉症の薬とビタミン剤を飲んでるだけになったけど、3月になるとなんかやっぱり思い出すのです。

これだけの被害があった震災なのに、感情豊かなわたしが「ふーん」で終わってたのはやっぱりおかしかったんだな、と。



その頃のわたしが今のわたしを見たらびっくりするだろね(笑) へー、呪いがあったんだ、いつか解けるんだね、(´・∀・`)ヘー  って思うかもね。




最後まで読んでいただいてありがとうございます。



ヨガインストラクターあきさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ