北海道・知床ダイビングツアー【とにかく大興奮!流氷ダイビングツアーPart1】2/17-20 | ダイビングショップ東京品川【ノリス目黒で海体験】ダイビング海Blog

ダイビングショップ東京品川【ノリス目黒で海体験】ダイビング海Blog

東京都品川区・目黒区付近でダイビングショップをお探しの方は【ダイビングスクール・ノリス東京目黒】にお問い合わせください!
品川区にあり目黒駅からも近い!PADIダイビングライセンス・体験ダイビング・ダイビングツアーを開催/東京都品川区、目黒区


テーマ:

引率・報告:米村哲也

日程:2018/2/17-20
行先:北海道・知床
天候:雪→晴れ
水温:-1℃
ポイント:知床ウトロ

 

 

イルカ 出会った生き物

ホクヨウウミウシ、オショロミノウウミウシ属の1種、
ウミグモ、クサウオ、エゾクサウオ、ミズダコ、クリオネ、ミジンウキマイマイ
カジカ、ハナイトギンポ、ヒダベリイソギンチャクなどなど
 

 

 

イルカ 海の思い出・おめでとうございます

 

流氷ダイブに行ってきました!!!!!
実は私も今回が初めて♪
行きたい行きたいと思っていましたが、
結局企画せずでしたが、温暖化の影響で
なかなかベストなコンディションでの流氷ダイブが出来なくなってきている
あと何年流氷ダイブが出来るかわからないって聞いて
これは早く行っておかなければ!!!!!!!ツアー企画し
6名の方にご賛同いただき実現しました。

まず、皆様には申し込みの段階から、ここ数年ちゃんとした
流氷ダイブが出来た日数が少なく、潜れない可能性もあることを
お伝えしておりました。流氷が着岸していない可能性もありましたからね。

なので、1月の後半から毎日流氷の着岸情報がないかチェック!
着岸してからも風向きは大丈夫か?チェック(風向きによっては離れて行ってしまうため)

事前の情報ではしっかりと流氷が着岸しており、
ホールエントリーもできているとのこと。
とにかくワクワクがおさえきれない感じで当日を迎えました。
朝、早く羽田空港に集合。みなさんのソワソワ感が伝わってきます(笑)
さぁまずは女満別空港に向けて出発です!!


飛行機が降り立つ前のアナウンスでは現地の気温が
マイナス15℃とのことでした。
降り立って、実際にその寒さを感じたらなぜかテンションがあがります(笑)
北海道に来たんだなーって。


雪だるまがお出迎えなんて可愛い演出も。

そこから路線バスに乗り、まずは網走を目指します。


初日は潜る時間がないので、まずは観光!!
観光施設をめぐる周遊バスのチケットをゲットしたら
まずは流氷館へGO!!(ちなみに今回のツアーは完全に流氷尽くしにするつもりです)
潜る前に流氷の事を学びます。



流氷がいかに大事か、流氷の出来る仕組みを学んだら
オホーツクの海で見られる生物の水槽にくぎ付けに(笑)
やっぱりダイバーですね。魚を見るとテンションがあがります。

で、気づいたら本番に向けてクリオネを撮る練習がはじまっていました。


なんか変な集団に案内係のお姉さんも???な顔で私たちを見ていました(笑)

つづいて-15℃の世界を体験出来る部屋に・・・んんん待てよ・・・
すでに経験している。ということで、だれも寒い!!!!!なんてリアクションを
一切せず普通に渡された濡れタオルをひたすら回して固まるか試してました(笑)
ほら30秒も回すとこの通り・・・。


あらためてすごいですねマイナスの世界。

そして、最後は雪のボブスレー!!
これが思いのほか盛り上がりました。結構な勢いですべっていくので
人が慌てた表情で滑ってくるのを見ているだけでも笑えます。
おなか痛かった。

続いて私たちは砕氷船へ・・・
まずは乗る前に腹ごしらえ。


北海道ならではのメニューが並んでいました。
私は鮭のザンギ丼。


結構ボリューミー!!おいしかったです。

そして砕氷船の搭乗時間に・・・。


春節とかぶっていたため中国の超団体さんで大賑わい(笑)


港を出発してすぐくらいは薄い氷が海の上に浮かんでいるくらいでしたが


沖にいくと本格的な流氷ゾーンに。
砕氷船は音をたてながら氷を砕き進んでいきます。
いやーなかなかの迫力ですねー。


大きな流氷の上を通るときは船が傾きます!!!!
流氷の上で休むオオワシなんかも観察できました。


船内では流氷ビールなるものが売られており、なんとブルーのビールでした


砕氷船をたっぷり楽しんだ後は、再びバスに乗りウトロを目指します。
ホテルに到着!!!

その後の説明をしたら冷えた体を温めるために
大きなお風呂に。このホテルのいいところはなんといってもスーパー銭湯なみの
大きなお風呂。これが好評で結果毎日朝と夜入っている人もいました(笑)

その間、私は現地スタッフと打ち合わせ。
このころにはかなりの吹雪になっておりました。
そして、今晩の積雪次第ではホールまでたどり着けず潜れない可能性もあると聞かされます。
出来るだけ除雪作業をしてがんばってみますとのことですが
それでも今晩次第でどうなるか・・・。
それだけの大雪でしたからね。自然相手なのでこればっかりは仕方がない。


とりあえずは、お待ちかねの夕食!!!
ここの夕食がとにかくすごい。ビュッフェスタイルなのですが

すごい数の料理が並びます。


しかもどれも美味しい!!!ビュッフェスタイルの料理ってあまり期待できないところも
多いじゃないですか、、、でもここは違います。
その場で揚げてくれる天ぷらや、

その場で握ってくれる寿司


その場で作ってくれるパスタなどもあり、もうどれを取っていいものか悩みます。

皆様思い思いの料理をいっぱい取って着席。
まずは無事北海道に来れたことに乾杯!!!!!!!


ここからとにかく食べまくりました。全員限界突破して食べまくりました(笑)
3泊なければ、食べたいもの食べきれなくてなぞに悔しさが残ったでしょうね(笑)
あーーでもおなかいっぱい・・・


その後、少し部屋で晩酌しましたが、おなか一杯すぎて
みなさん早めのご就寝。
翌朝・・・雪は小降りに代わっていましたが、景色は積雪で一変していました。


さすがは北海道。これは無理か・・・と思っていたところに
現地スタッフからの電話。
昨日の吹雪でまずテントが全部とばされたとのこと、
除雪作業を全力でやっているがすぐには終わらないとのこと・・・
が!なんとか午後からは潜れるように努力します!!!!とのお言葉。
ホントありがたやーーー。

みなさんにそのことを伝え、ウキウキしながら朝食を頂きました。


朝食ももちろん豪華なビュッフェスタイル。午前中潜らないとわかったら
みなさんこれまたガッツリ料理をとってこられておりましたね。でもペロリ

午前中の予定がなくなったのでホテルでまったり~
よく宿に置いているこのパズルみたいなのあるじゃないですか・・・
時間があったのでみんなでやっていたら、全部クリアしました(笑)

その後、現地スタッフが本来ダイビングの合間に食べるはずだった
ランチをデリバリーしてくださり、ホテルでそれをいただきました。


そうです。さっき食べたところなのにまた食べます(笑)
でもですね。この鹿肉キーマカレーがおいしくって全然食べられました!!

そして、準備をして流氷ダイブへ。皆様気合十分です!!


海についたら思わず歓声が!!!
昨日砕氷船からみた流氷とは比べ物にならないくらいびっしりと敷き詰められた流氷
本当にここが海だったのかと疑いたくなるくらい。
沖を見ても流氷の終わりがみえません。この景色を水平線ではなく氷平線って言うんですって。
もうこの景色見ただけでかなりの感動。

ここから現地スタッフの説明がはじまります。


とにかく始めてやることなのでその説明を聞いているだけでもワクワクがとまりません。

その後は現地スタッフの紹介!!


今日はノリスだけの貸切みたいで、スタッフ全員でサポートしてくれるとのこと
ラッキー。
おまけにたまたま水中写真家の古見きゅうさんもいらっしゃり、
一緒に潜るとのこと。
ラッキー。

器材をセッティングしたら、エントリーホールまでソリで運びます。


これもいい経験ですね。


そしてこれがエントリーホール。


これ見た時点でテンションがマックスに!!!!!!
ついにキターーーーーって感じです。
ドキドキがとまりません。

ブリーフィングを聞いて~

安全のため、ロープをBCにつけて入りますよって説明


順番に2人ずつ入るのですが、準備はチームみんなで協力プレー。
重装備ですからね。一人で準備するのはなかなか大変。


からだを-1℃の海につけるだけでもドキドキ(笑)


おーーー意外といけるものですね。アイスグローブ、アイスフードの
ありがたみが分かります。
そして、分厚くはった氷を見ながら潜降・・・・。


下から見上げた流氷は圧巻でした!!!


はじめは慣れない装備に皆様ふあふあされていたものの徐々に慣れてきて
そこから写真を撮りまくります。


日によって出現がまちまちだと聞いていたクリオネも1ダイブ目から見ることが出来ました。
でも、これ撮影するのがなかなか大変。


1ダイブ15~20分なのであっという間に1ダイブが過ぎていきます。


その後は交代に潜り全員2ダイブすることが出来ました。


浮上してきた皆様の表情を見れば、この貴重体験に感動されているのが伝わってきます。
2ダイブ終え浮上したときにはとってもきれいな夕日が!!!


これにもかなり感動しました。
白銀の世界が赤く染まります。
いやー今思い出しても本当にきれいでした。

                           私のスタッフ写真これにしたいなぁ・・・・
午前中から潜っていたらこの景色は見れなかったんだと思うととっても得したが気分になりました。

ダイビング後も興奮が冷めない私たちはこの景色の中歩こうと
現地の方に大丈夫かの確認をとって一列で歩くことに

                     これだけでも楽しそう・・・・


すると先頭のKさんが氷の隙間に突然消えるというハプニング(笑)
その後も流氷の上歩きましたが、そこにしか海への隙間がなかったので
恐ろしい奇跡でした!
でも大丈夫!ちゃんとドライスーツ着てましたから。
全員で笑いながらレスキューして無事生還!!Kさんいい思い出ありがとうございます。

高台の上にあるホテルに戻ってからもう一度見た窓の外の景色もとっても綺麗でした・・・。


             part2に続く・・・








 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~     30kumared.gif

  品川・目黒のダイビングは、ダイビングスクール ノリス へ
  ↑  お問合せ先などのショップ案内はコチラ♪  ↑

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ダイビング ノリス 東京目黒さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス