美しき香りの余韻~ Ganymede / Marc-Antoine Barrois ~ | サロン・ド・吉田荘通信

サロン・ド・吉田荘通信

匂ひ袋の調製や、お香づくり講座等を行っています。

 

当方、香水好きではありますが、従前より基本的に自宅にいるときのみ、主に就寝前に使用しておりました。

このご時世で在宅時間が長くなり、好きな香りを纏えるタイミングが増えたため、サンプル等で新しい香りをちょこちょこと試しています。

 

最近特に気にいっている香水の一つが、Marc-Antoine Barrois(マーク・アントワーヌ・バロワ)のGanymede(ガニメデ)。

名称の由来は、木星の衛星の一つである「ガニメデ」だそうです。

 

無音で荒涼とした空間のイメージから始まり、温かみのある夕暮れ時の情景へと移るような感覚が。

未知の世界から既知の世界へと帰還する、ホッとする感覚といいますか。

無機質で無彩色、ひんやりとした感じのトップノートが、ペールゴールドを感じさせるような、繊細かつ爽やかながらも深みがあり、美しく調和のとれたラストノートへと変化していく、この変化の大きさが非常に魅力的。

そして、ラストノートは儚げに香るのであっさりと消失するかと思いきや、微かに香り続ける感じで、予想外に長く、美しい香りの余韻に浸れるのが嬉しいところ。縋りの美しさに心を持っていかれました。

 

********************************************************************

吉田荘製香所ウェブサイト  

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村