九段下と東京は何も変わらなかった、この3年 | 観光コンサルタントの地方創生・地域活性化・観光振興 ホスピタリティコンサルタントの観光ホスピタリティ戦略について考えるブログ

観光コンサルタントの地方創生・地域活性化・観光振興 ホスピタリティコンサルタントの観光ホスピタリティ戦略について考えるブログ

観光・ホスピタリティ専門コンサルティングDiTHiのブログ。観光地域の活性化や、観光地振興、ホテル・旅館業、観光協会に為になる記事を、日々の観光に関するニュース・事例と共にお届けしています


テーマ:

今年も行ってきました。


世間は東北でも、私は九段下の九段会館です。


平日ともあってか、なかなかみんな来れないかな?と思いきや、おとといの日曜日、そして昨日の月曜日と、分けてみんな来てたみたいですね。


ん?なにがあった?


と、言う方。


詳細な記事を書きましたので、ぜひご覧になってください。


過去の記事

Vol.1 http://ameblo.jp/dithiblog/entry-11188710777.html

Vol.2 http://ameblo.jp/dithiblog/entry-11189313446.html

Vol.3 http://ameblo.jp/dithiblog/entry-11189627996.html

http://ameblo.jp/dithiblog/entry-11190357448.html  

http://ameblo.jp/dithiblog/entry-11190706169.html  


この3年。


特に何も変わらなかったことが問題で。


先日、刑事では立件ができずに終わってしまいましたが、これからどうなる事やらですが・・・


ただし私の本音の部分は、別に裁判がどうという事ではありません。


「なぜ、このような事があったことを心から認めて、これを今後に活かそうとしないのか」


です。


日本遺族会も、まったくもって顔を出しません。


連絡をしようとしても、一回も我々と対話をしようとしません。


そもそも受け付けません。


人間としておかしいですよね。


今日の場面だってそうです。


外に献花台を設けもしません。この3年間一度も。


うやもやにして逃げようとしているとしか思えませんが、絶対に逃がしません!


そしてそれは東京都もそうです。


「定期的な検査はしっかりしてきた」


の、一点張りではなくて、


「東京の震度5でもこの様な事があったので、新しい基準でもう一度検査をさせてください」


「新基準で見たいのでご協力ください」


と、なんでこれが出来ないのでしょうか?


「やってたから、いいじゃん」


何も活かそうとしないこの姿勢がおかしいです


東日本大震災での2万人の中の2名ではないのです。


「明らかな人災」


認めて、これを活かしてほしいです。


ペタしてね

観光とホスピタリティのコンサルタント石田宜久さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ