九段会館での3月11日【H.22年度卒業式】2 | 観光コンサルタントの地方創生・地域活性化・観光振興 ホスピタリティコンサルタントの観光ホスピタリティ戦略について考えるブログ

観光コンサルタントの地方創生・地域活性化・観光振興 ホスピタリティコンサルタントの観光ホスピタリティ戦略について考えるブログ

観光・ホスピタリティ専門コンサルティングDiTHiのブログ。観光地域の活性化や、観光地振興、ホテル・旅館業、観光協会に為になる記事を、日々の観光に関するニュース・事例と共にお届けしています


テーマ:

九段会館での3月11日Vol.1

http://ameblo.jp/dithiblog/entry-11190357448.html


学校に戻り、そこで初めてどんな地震だったのかを知りました。


それと同時に、「東京は震度5」だった事実。


震源地は東京から離れた東北地方。


津波の話も、そこでようやく知りました。


ただ、「東京は震度5。震度5で天井が崩れたのか??」と、どうしても納得のいかない事実が頭に刻み込まれたのです。


そう。


あの時、ビルの窓から見ていた人達。

通りから何が起きたのかと覗き込む人達。


当然ですよね。

天井が落ちたなんて、それこそ思いもしなかった事でしょう。


そんな事を頭に置き、実際には自分自身が「帰宅困難者」の一人である事に変わりはなかったわけで。


自宅に向かって歩いて帰る事を決心。


運よく、途中で電車が動き始めたことを知り、無事に帰宅できました。



3月12日 朝

さすがにこれだけの事があったので、体がそこらじゅう痛い。


足も、革靴で長時間歩いたせいもあって、ピリピリしたのを覚えています。


夜中も電話の緊急地震速報が幾度も鳴り、どれだけまともに寝れたのか分からなかった。


と、その時、携帯電話の着信音が鳴ったんです。


混雑で鳴らないと思っていた電話が。


そこで聞かされた話。



九段会館で、私の隣の席に座っていた先生の死去。



意味が解りませんでした。

だって、私の隣に座っていたんですよ。


決して広くはない席。

少し動けば肩と肩がぶつかってしまう。


そんな近くにいた人の死去。


私は自分の足で歩き、電車に乗り、自宅で寝たというのに。


たかだか5センチほどの肘掛が間にあっただけだというのに。


どうして??

観光とホスピタリティのコンサルタント石田宜久さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ