新型コロナ問題はおそらく長期化し2年は続くと思う。

封じ込みに成功した国や地域があっても、経済に支障があるためずっと人の動きを止めることはできないから、どっかの時点でウィルスが持ち込まれてまた同じ問題に直面する。それまでにワクチンができていればいいのだがまだ先であろう。

そうであれば感染する前提でこれからを考えたほうがいいのではないかと思う。

昔子供の頃、おたふく風邪にわざわざ移されに幼なじみの家に行った覚えがある。おたふく風邪は子供の頃にかかっておいたほうがいい、大人になってかかると大変な事になる、、と聞いていた。

 

まさしく新型コロナがこの未知なるウィルスで子供と大人の前にやってきている。子供が感染して重症化した話は聞いていない。70代以上の高齢者にとっては重篤化する危険性もあるが割合的には決して高くはない。ニュースで死亡者数を毎日出すので惑わされているだけ。

 

高齢者を守るために子供の一斉休校をやってるわけだが、子供が感染すると高齢者に広がるのでそれを恐れての措置だ。でもそれもいつまでも続ける訳にはいかない。

 

という事は、、おたふく風邪と一緒で早めに感染して体内に抗体を作ってしまった方が良い。再感染があり得るとのことだが、感染した方が抗体ができるので良いことに変わりはない、、という考え方もアリじゃないだろうか、、。最終的には集団免疫で封じ込める事ができる。

 

ピコ太郎のペンパイナッポーアッポーペンを踊りながら歌ってる奴が今いるだろうか、、驚異的なスピードで世界に広がった事はその同じスピードで飽きられていく、、それと一緒だよ。