昨夜、スーパー台風19号がウチの家の真上を通過したのが午後7時くらい、、、。

深夜1時ごろには星空と月が出ていた。

台風ってそういうものなので台風一過という言葉がある、、。

江戸時代末期に出来た四字熟語で、台風のように文明開花が押し寄せ田舎も一気に様変わりした、、、という意味で使われた。英語で言うとパラダイムシフトだろう。

そういう意味で、やはり自然には絶対に勝てない、いくらAIが進化しても自然を支配することはできない、、という事を思い知らされた1日の出来事だった。

 

一夜空けて、今夜は自宅の庭でBBQ、、、&焚火。

台風が南の暖かい空気を運んできたので10月なのに気温が高く日中は夏日。夜になると夏の高原の夜のような心地よさ。Tシャツ短パンで焚火を囲んで一杯飲む至福の時間。

台風の風と雨で空気が洗われたのか視界がクリアに広がる。

 

浸水や土砂崩れで被害に遭われた方には申し訳ないが、家族全員が普通に生活できていることに感謝を感じる。命は無事でも、浸水とかで泥水が入り込んだらその片付けとかで1ヶ月はかかると思うし、車に家電や家具の買い替えとか巨額のお金がすぐに必要になってくる。保険って言ったってどこまで降りるかわからないしすぐには出ない、、仕事や学校など日々の生活はすぐ始まるし考えただけでもゾッとする。

 

幸福ってなんだろう、、、5つ星のレストランで美食に囲まれている時だろうか、、、高級ホテルにチェックインする瞬間だろうか、、高級車を乗り回している時だろうか、、。

 

そんなことより家族全員が健康で普通に生活出来ることが幸せではないだろうか、、、。

焚き火の炎を見ながらそう思った、、。

おそらく、火を扱うようになった原始人も洞窟の中で、家族や仲間と火を囲んでひと時の幸福感を感じたはずだ、、。