カツ丼の聖地と言われている安田屋。

この店名を見て通り過ごすことはできない。

 

 

店に入ると思った通りお客さんで一杯だった。

 

座った途端注文を聞いてきた。一枚、二枚?こんな感じ。

えっ、えっ、、理解していないまま、1枚、、と頼む。

壁のメニューをやっと見つけて、トンカツを1枚載せか2枚載せかの2種類

しかメニューがない、、ということをやっと理解した。

が、そんなに食べられないので1枚で結果的にはよかった。

 

 

 

普通カツ丼と言えば、カツをザクザク切って

出汁と卵で閉じたあのイメージがあるが、ここのカツ丼は、

カツは切らずにそのまま載せ、下のご飯にはソースがかかっている。

要するに天丼、とかうな丼と同じタイプ。

カツは切ってないのでどうやって食べるのかと思いきや、箸でサクサク切れる

柔らかさ。これがここのカツ丼のツボと言えよう。

 

終盤でメニューにある七味唐辛子が気になった、、当然七味唐辛子が

テーブルに置いてある。

パラパラっとかけてみたら、抜群に美味しくなった。

 

うーむ、、カツ丼の聖地と呼ばれるのが分かったような気がした。

 

営業時間午後4時半までなのでご注意!

https://fun-chichibu.com/930/