こんにちは、ディシャです。

 
秋の気配が感じられる季節になりましたね。
皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
 
私も日々皆様からの鑑定のご依頼にお応えするべく頑張っているところです。
 
 
 
このところ鑑定の中で良くお見かけするのが、ムリチュバーギャとガンターンタ、またはサディサティ、そしてケマドルマ・ヨガをホロスコープにお持ちの方なのですが、たまにこの全部が当てはまる方もいらっしゃいます。
 
そのご苦労は如何ばかりかと、、。
 
 
 
ムリチュバーギャは主に健康面に傷が付く度数で、ガンターンタはその惑星にとって致命的な度数とされるものです。
 
 
サディサティは諸説あるみたいですが、私が思うサディサティはその人の月のあるハウスを含めた前後のハウスに土星がトランジットする7年半です。
 
 
ケマドルマ・ヨガは月のあるハウスの両側のハウスにラーフ、ケートゥ、太陽以外がないことをいいます。
しかし月から数えてケンドラに惑星、特に吉星があると緩和されるとされます。(これはあくまでも緩和なんですよね。)
 
 
 
その全部をお持ちの方も私のお客様の中に実際おりましたが、特に深刻だと思うのは、ラグナがムリチュバーギャという場合でしょうね。
 
 
ラグナにそれがあると1室が痛むので、生涯を通した健康問題、それと1室は頭を象意するので神経的な問題をお持ちの方もいても不思議ではないです。
 
 
そのご本人に強い悪影響を与える惑星があったとして、スッキリと簡単に改善する方法はおそらく無いと思うんですよね。
 
 
また、その惑星やハウスがどこにあるのかで、どういった支障が出るか、違ってくると思います。
 
 
 
ドウシュタナハウスにある場合は、どうぞ健康に気を付けてください。
 
 
 
トリコーナにある方も多いです。
この場合は、何らかの「気付き」を求められているような気がします。