『ラピス・リ・アビス』発売1周年記念インタビューっス! | 日本一ソフトウェア プリニーブログ

『ラピス・リ・アビス』発売1周年記念インタビューっス!

オっス! プリニーっス!

11月29日は、ラピス・リ・アビス発売1周年ッス誕生日ケーキ拍手

 

発売1周年を記念して、PlayStation™Storeニンテンドーeショップでセールが開催中ッスクラッカー

PS4右矢印https://store.playstation.com/ja-jp/product/JP0404-CUSA13508_00-PS090JP000000000

Switch右矢印https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000013006

 

 

さらに!!

ラピス・リ・アビス』ディレクター・キャラクターデザインの

板野 広和(以下、板野D)にインタビューを行ったッス!メモ

 

1年経った今だからこそ、色んなことをお話いただいたッス!

お楽しみくださいッス〜音符

下矢印

 

 

—ラピス・リ・アビスの開発は、どのような着想から始まったッスか?
板野D:

アクションゲームで1人でパーティー操作ができるゲームを作りたいと考えていました。
仲間が自動で戦ったり、後ろについてくるなど、様々な候補があったのですが、

ビジュアルの面白さと、今までになさそうな遊び方ができるのではないかと思い、今の形になりました。


また、ギャンブルなどの大当たりでお金やコインが

ジャラジャラでる気持ち良さをゲームに落とし込みたいと思い、
ハクスラを軸に、ダンジョンに潜る=オタカラをゲットするという部分をフィーチャーし、
ビジュアルの賑やかさと、ジャラジャラ感による爽快感・気持ち良さを突き詰めました。

 

(企画書の一部。ゲームになる前の貴重な資料ッス)


(フィーバー中のゲーム画面。圧倒的なジャラジャラ感ッス!)

 

(パーティー編成画面。最大4キャラクターでダンジョンを攻略するッス)


—特にこだわったポイントを教えてほしいッス。
板野D:

賑やかで可愛いビジュアルと、圧倒的なジャラジャラ感がコンセプトです。
今回はアタマだけになるという、特殊なビジュアルをしているため、
キャラの頭身はかなり試行錯誤を繰り返しました。
結果的には可愛いと言っていただけるデザインになったのではないかと思います。

各職業ごとにメインとなるカラーを決めつつ、

それぞれが違った動物をモチーフにしながら

特徴的なシルエットになるようにデザインしています。

 

(職業一覧。並べるとカラーやモチーフの違いが分かりやすいッスね)

 

(頭身検討中のラフデザイン。1.5頭身のちまっと感も可愛いッス〜)

また、二頭身のキャラは当然手足も短いため、
アクションがこじんまりしないように、動きやエフェクトも大きく派手に、
スピード感のあるキレの良い動きにしています。
またアクションゲームが苦手な方でもこれらの派手なアクションを堪能していただけるように、
ボタン連打などの簡単操作で次々と連続攻撃を繰り出して楽しむことができます。


(戦闘画面。攻撃エフェクトが派手ッス!)

 

フィーバーモードの大量のアイテムを表示するために、
様々な工夫で処理負荷など技術的な問題をクリアしていきました。
開発中は非常に重い時もあり、本当に大丈夫かなとおもっていましたが、
最終的にやりたかったジャラジャラ感を表現できたかと思います。

あとはお弁当です。

 


(弁当屋。こだわっているだけあって、どれも美味しそうッス〜〜〜)


—「DANGO」システムが特徴的ッスが、なぜ頭を積み上げようと思ったッスか?
板野D:

元々はキャラもステージも全て四角いブロックで構成されたようなゲームで、
キャラの上に別のキャラや拾ったブロックを積み上げて、
能力変化が起こるというシステムを想定していました。
それが企画内容を詰めていくうちに、だんだん今の形に変化していきました。
みたらし団子が好きだったので、ほぼそのままのイメージです(笑)


—お気に入りのキャラクターや、キャラメイク組み合わせを教えてほしいッス。
板野D:

基本的にどれも好きですが、メイドやデストロイヤーといった、
少し王道とは外れた職業も魅力的です。
またキャラメイクはデストロイヤーに可愛い女の子のボイスなど、
あえて性別を設定してないのを逆手にとって妄想を膨らませるのもオススメです。

 

NPCや敵についても、デフォルメを利かせつつ

画面の華やかさを助長するように、色鮮やかなデザインにしています。


また、DANGOの一番上にのっている探索キットも本作ならではの特殊な存在で、
デザイン案もかなりの数があります。


(ハンター設定画。悪魔っぽい尻尾がキュートっス)

 


(メイド設定画。フライパンを手に戦うッス)

 

(NPCラフデザイン。キャラクターに負けず個性的ッス)

 

(モンスターラフデザイン。敵ながら華やかでカッコイイっス……!)

 


(探索キットデザイン案。たくさんパターンがあるッス〜)


—惜しくも採用しなかったデザインや設定等があれば教えてほしいッス。
板野D:

次の画像に掲載されてるもの以外にも、
職業については様々なデザイン案がありました。

モンスターについても、様々なデザイン案があったため

時間があれば是非採用したかったものも多々あります。


また、拠点は様々なデザインを世界観と結びつけつつ考えていました。
この掲載されている画像の場合だと、
荒廃した地上世界にいくつか点在するオアシスを拠点としており、
上下に稼働するエレベーターや他の街から物資を運び込む貨物列車の存在がありましたが、
工数の都合でボツにしました(笑)


(職業ボツデザイン。不採用デザインも可愛いッスね〜)

 

(モンスターデザイン案。不採用案にもいつか出番をあげたいッスね)

 

(武器デザイン案。武器も色々なデザインが検討されていたッス)

 


(拠点イメージボード。貨物列車もカッコイイっス!)


—もし続編を制作するとしたら、どんなゲームにしたいッスか?
板野D:

可愛いキャラクターや派手な絵作り、ジャラジャラ感といったコンセプト部分は、
非常に好評でしたので、その部分はよりパワーアップをしつつ、
今作で頂いた様々な意見を元に、より快適な遊びやすさを向上させていきたいです。

また、今回時間の都合で、実装を見送ったアイデアが沢山あったので、
これらを是非実現したいと思っています。


特にキャラの育成まわりはより様々なビルドを試行錯誤して組めるような、
スキルシステムのようなものを入れたいと思っていますし、
装備についてもより強化をやりこめるようなカスタマイズ要素を入れたいです。
ガチガチに育てたパーティーでさらに高難度に挑戦したいという声も多く頂いたため、
カジュアルでお手軽に遊びやすい部分も残しつつ、
より挑戦のしがいがあり、レア掘りをしたくなるような高難易度モードを用意したいです。


また、新しい職業についても、開発中に既にスタッフの中で

様々なアイデアが出ていたので、是非追加したいと思っていますし、
キャラメイクの充実と合わせて既存のアクションともにパワーアップしたいですね。

また、ハイスコアを残したいといった意見も非常に多く、
テストプレイからも意見が上がっていたのですが、
開発終盤で実装が難しく、今回は残念ながら見送りとなりました。
ユーザーさんの中には、凄まじいやりこみでとんでもないスコアを叩き出している方もいて、
何かスコアを使った遊び(一定スコアや累計でご褒美がもらえるなどのやり込み要素、
オンラインでユーザー同士でスコアを競うなど)もあれば遊びの幅が広がるかもしれません。

今回は開発リソースの多くをあえてゲーム部分に重点を置いた作りにしましたが、
ストーリーや世界観をより深く楽しみたいという声も頂いており、
世界観の掘り下げや、演出の強化も行っていきたいです。
町の長の家にいく度に、新作のお弁当の試作を食べているところに出くわすなど、
細かい演出も入れようとしていたのですが残念ながらモーションを増やす余裕がなかったため実現できず……
演出に関しても様々なアイデアが出ていたため、実現できるといいなと思います。

今作は初期からのメインとなる開発メンバーは自分以外に

デザイナー1人とプログラマー1人の3人だけというまさに少数精鋭で開発を行っていたため、
私がディレクション業務をはじめとした、企画からゲームシステムの構築、プランニングに加え、
キャラデザイン、背景デザイン、UIデザインなどグラフィック全般を担当していましたが、
各プロジェクト関係者の方々による協力があって実現できたものも多く、大変感謝しております。


おかげ様で売り上げも好調でしたので、もし次回があればスタッフを増員して、
より中毒性の高いハクスラアクションとしてパワーアップしたものをお届けできればと思います。


—これからプレイする方へのメッセージをお願いしますッス!
板野D:

本作はキュートなキャラで暴れまわり、画面を埋め尽くすようなオタカラを集め、
パーティーをどんどん強化していくカジュアルなハクスラとなっております。
見た目や性能が気に入ったキャラクターで自由にパーティーを作っていただき、
思う存分暴れていただければと思います。
圧倒的なジャラジャラ感による、やみつきになる爽快感を是非ご堪能ください!

 

—板野D、ありがとうございましたッス!

 

 

開発者インタビュー、いかがでしたッスか?

開発者の声を聞くと、なんだかタイトルがより身近に感じられる気がするッス〜ハート

 

まだ『ラピス・リ・アビス』をプレイしたことのない方も、

遊んでみたくなってきたんじゃないッスか?

 

PlayStation™Storeニンテンドーeショップでのセールは

12月2日(月)までッス!!

 

気になった方は、今すぐストアへGO!ッスグー

PS4右矢印https://store.playstation.com/ja-jp/product/JP0404-CUSA13508_00-PS090JP000000000

Switch右矢印https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000013006

 

 

下矢印ラピス・リ・アビスプロモーションムービー第2弾

 

 

下矢印ゆるっと日本一第30回『ラピス・リ・アビス』特集