『Hand of Fate 2』配信開始特集! Part.3 | 日本一ソフトウェア プリニーブログ
2018-11-28 15:32:55

『Hand of Fate 2』配信開始特集! Part.3

テーマ:ゲーム情報

 

お疲れ様です。staffです。

日本一ソフトウェアスタッフが新作タイトルを紹介するコーナー。
『Hand of Fate 2』Part.3です。


公式サイト右矢印https://nippon1.jp/consumer/indie_spirits/hand_of_fate2/

 

 

ステージ「女教皇」の続きからです。

 

今度は、ノームの一団と遭い、即戦闘になりました。厄介事続きです。

 

団体で襲ってきますが、攻撃力は弱く、振りほどけばトドメ(蹴り)1発で倒せます。

振りほどきは、「X」ボタン。

赤マルの表示がトドメの合図。

 

ノームには勝ったものの、なぜか口々に装備品をくれといいます。

渡すものにより、報酬が変化するようですが・・・ものは試しで渡してみます。

剣を渡したら、茂みに投げ捨てられました。

ノームたちが色々と発言していたので、それをよく見といた方がよかったかも。「名声」は、ゲット。

 

 

次のエリアに進んでいると、

「愚者」のステージでもあった、川に飛び込んで逃げるかどうかのイベントが発生します。

 

敵の情報を見ると前回と変わっていました。

同じイベントでもステージなどによって変化してくるようです。

序盤のボス・アナーキストもおるやんけ。

 

 

今度は戦うことを選択しましたが、イカつくもつぶらな瞳の新手が出てきました。

 

今回の戦闘では、あまり仕掛けられませんでしたが、新手の敵「罠師」は、鎖鉄球を使って攻撃してきます。

遠方から投げつけて、プレイヤーを拘束するので要注意です。

拘束された時は、「X」ボタンで早めに振りほどこう!

マラクリプスが、ちょっと本気出す。

 

 

戦闘後、「祝福」の効果で、装備品を捨てて体力回復を図ります。

回復しないことも選べます。


 

 

また、「吹雪」に遭い、今度は「大失敗」を選択。大勢の敵に囲まれ、さらに新手の敵が登場します。

 

撮れ高としては豊作・・・。

 

 

「大失敗」したということで、敵の種類(北国人・罠師・バーサーカー)も人数もこの通りです。

そして、こちらが罠師にとらえられ、敵にトドメを刺される瞬間となります。

 

あまりに多勢に無勢でした。

 

 

ゲームオーバーしたものの、条件を満たしたイベントの報酬は得ることはできました。

 

 

デッキを組み直して、再挑戦です。

占い師から、重要っぽいアドバイスももらいました。

トークン付きのカードを入れまくると、難易度が上がるっぽいです。

 

 

同じイベントでも1回目とは違う選択にチャレンジしつつ、新しいエリアを目指します。

「祝福」も集め直しです。

 

新イベントも発生、瀕死の悪魔に血を分け与えます

一言でいうと、際限なく血を吸われました

ギリギリまでやりましたが、実際ストップがあるのかはわかりません。

 

報酬として、悪魔に言われたままに進むと武器が得られました。

悪魔から薦められた武器なので、入手した現場は悲惨な状態のようでした・・・。

実は、プレイヤーも、死体の持ち物をあさったりすることがあるので、

敵のこと云々は言えないなぁという気持ちになります。

 

 

とはいえ、ある意味、村人から騎士へのランクアップは見逃せないので、さっそく武器を装備をしてみます。

この後、戦闘が始まると、手に入れた武器をかざす演出が!

ノリノリ。

これは実際に演出を見て、感じ取っていただきたい。

 

 

特別な武器を手に入れると、演出が入るようですね。

 

そして、悪魔に血を与えすぎたことにより、戦闘には負けます。

すると、占い師が見兼ねたんでしょう。

 

「見習いモード」を提示されました。

「はい」を選びます。

安心してください。戦闘がやりやすくなる以外は変わりませんよ。

 

 

「女教皇」ステージ、再々トライです。

せっかくなので、同じイベントでも違う選択肢を選んだりしてみます。

プレイヤーは、双剣を使うことも可能なようですね。

 

同じ敵でも戦う場所が違ったりもしました。ノームには渡す装備がなかったのでスルーです。

 

「恐怖」「罠師」が共闘することもありました。

どういう関係なんだ・・・。

 

 

新イベントで出会ったのは、食べ物を選択した後に金額を「チョイス・ガンビット」で決めるという、

ぼったくりでは?な販売方法をする店です。

最低金額を選べても、「金貨」なくて支払えませんでしたけどね!

 

 

「祝福」が足りないままですが、女教皇のところにたどり着きました。

「体力」には気を付けた方がいい。「吹雪」「雪崩」ヤバい。

 

 

「祝福」が足りないせいでしょうか?

女教皇にはあしらわれ、謎の雷に打たれたあげく、戦闘になりました

 

バーサーカーの上位互換みたいなヤツができました。

「見習いモード」に、「体力」はそれなりにあって、

必殺技っぽいものも撃てたりして、戦闘は順調に進んでいきます。

「盾」もちょっといい物。

 

 

「女教皇」のステージをクリアすることができました。

 

「祝福」が足りないせいか、交渉の結果はあまりいいものではありませんでした。

女教皇のトークンも得られないので、引き返して「祝福」を集め直すのも手です。

 

報酬はこちらです。

「物資」も得られました。

 

 

ここで、「マップメーカー」というチャレンジも出現しました。

地図の模型で見ると、今までのステージは「キャンペーン」、その下の「アドベンチャー」が解放されています。

いわゆる、エクストラステージのようです。

「アドベンチャー」のステージは、「キャンペーン」より難易度が高いそうですので、

「キャンペーン」クリア後に挑戦するのがオススメです。

 

 

 

 

さて、今回のプレイレポートでは、

「キャンペーン」の4つ目のステージ「女帝」まで挑戦することが可能なので、やっちゃいます

デッキには、「物資」を入れることができるようになりました。

 

 

 

ステージに足を踏み入れると、襲撃に遭った村の村長から討伐依頼を受けます。

村を襲撃した頭のシャーマンを討伐してほしいようです。

 

そのために、長老戦闘用のハンマーを授けてくださいました。

ただし、「名声」20獲得する必要があります。

ハンマー忍ばせてた長老、実は強ない?

 

 

長老からは、色んな情報を聞き、次のエリアに向かって進みます。

 

村を襲撃した敵?に待ち伏せされました!

 

占い師からは、「食料」を集めた方がいいとのアドバイスも。

こういうことをいつも言ってくれるとしたら、ちょっとしたアラーム機能ですね。

「食料」は、もう2個しかないけど!

 

 

「見習いモード」のままですが、戦闘にもまぁまぁ慣れてきました。

報酬を、「チョイス・ガンビット」でゲット!「食料」・・・。

 

 

次のエリアに進むと、ちょうど新たな村が襲われているところ!

数名の農夫が、村人を守ろうと奮闘、かつプレイヤーに助けを求めてきます。

あぁ・・・絶対、戦闘に農夫が参戦するヤツや・・・。

 

 

農夫が前線にいるやんけぇ!!!待てぇぇ!!!

すぐさま農夫を退けて、前線に出ます。

 

農夫も守り切り、報酬(装備品・食料)と「名声」を得ます。

 

 

まだ、襲われている村があると聞き、急いで向かいます。

 

道中、このステージでも困っている乙女に会いましたが、失敗するとその実態が・・・

実は、盗賊とかダークファンタジィィィ!!!

 

 

道中、これまでにもあった「腕相撲」のイベントなどがありましたが、その都度「名声」も得られたりしました。

ステージの目的によって、各イベントの報酬が追加されるのかもしれません。

 

新しいイベントにもあたりましたが、特別な変化はありませんでした。

ただ、占い師が警鐘を鳴らしているので、今後気を付けたいところです。

 

 

さらに、次のエリアに進むと、さっそく戦闘が始まりました。

 

新しい盾と、農夫です。

 

今度の農夫は、銃持ちだ!プレイヤーより先に火を噴いてるぜ!

ギリ農夫を守り切って、敵も討伐!

 

 

ここで、「名声」20以上なり、長老のハンマーが使えるようになりました!

占い師、せっかくゲットできたんだから、黙って使わせてくれ。というか、他の人に装備させれられるのだろうか?

 

 

長老ハンマーですが、敵が隠れずに襲ってくるオプション付らしく、今後の不安をかきたてます。

ちなみに、マラクリプスは市場で売ろうとしました

 

これで、シャーマンのところにたどり着けるようです。

聖域(バリア)に守られており、長老ハンマーを使って破りに行きます。

この聖域、何か吊るされてない?

 

さぁ、さきほど言われた通り、敵も隠れてはいません

 

そして、長老ハンマーはこちらです。

元は、北国人からもらったという武器シャーマンは北国の所属らしいので皮肉なものです。

 

 

長老ハンマーで、敵をどんどんはっ倒していきます。

インパクト時には、いい音もします。

戦闘の報酬は「怪我」、皆さんも諸々の「ガンビット」には十分にお気を付けください。

 

敵に襲撃されっぱなしでは身が持たないので、さっさと聖域にたどり着いてバリアを破ります。

 

バリアを破った衝撃で、マラクリプスは消えさりましたが、

代わりに妙な男が、すでに例のシャーマンと対峙している雰囲気です。

このまま戦闘に突入です!

 

シャーマンは女性のようです。

回復魔法を使ってくるらしいですが、要は叩けばいいみたいです。

妙な男は、今回の戦闘では味方になるようです。二刀流の使い手っぽいですね。

こちらも負けじと強打攻撃などを繰り出してみます。

シャーマン討伐!!!

 

戦闘後、妙な男「コルビョルン」と名乗ります。

北国の部族出身らしいですが、もうそこには所属していないらしいです。

 

 

これで「女帝」もクリアです。報酬はこんな感じです。

さくっと進行した割には、報酬が色々もらえている気がします。

長老も涙を輝かせて喜んでいます。

 

 

新ステージも、「皇帝」「教皇」「恋人」「戦車」の4つが解放されました。

 

担当者にはここまで!と言われているので、staffのゲームプレイは終了したいと思います。

 

 

Part.3までに渡り、レポートをしてきましたが、いかがでしょうか?

 

占い師の話によると、これからもルールが追加されていくっぽいとのこと。

まだまだ、プレイしどころがありそうです。

 

最初に、「2」からプレイはどうなのか~?という話もしましたが、

まずストーリーとしては問題ない、前作よりブラッシュアップもされているということで、

ちょいちょい親切設定もあり、とくに詰まることもなく遊べました。

 

面白そう、やってみたいと思ったらぜひ触ってみてください。



そんな『Hand of Fate 2』ですが、ニンテンドーeショップにて配信中です。

右矢印https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000013052
 

追加DLC「従者と暗獣」「辺境地と異人」もあります。

 

 

それでは、機会がありましたら、またお会いしましょう。

 

次回の特集タイトルもお楽しみに!

プリニーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス