■南京虐殺劇場の終焉


南京虐殺の虚構を全世界に伝えようと思えば


「中国の悪質性」を情報発信するのが早い。


その上で、中国とサシでタイマンしても意味がない

(評価者が中国の醸成したジャッジなので)

わけで、

中国が狡猾に利用した欧米人の思惑というものに光をあてて、

実際にプロパガンダの前面に立った人物の実像を浮かび上がらせると

所謂南京虐殺の問題が

「戦争犯罪」問題から「戦争プロパガンダの悪質性」の問題に

変化していくわけです。


というわけで、月刊WILLが気合を入れています。


南京大虐殺の真実

http://www.7andy.jp/magazine/detail?accd=T0178867

(マンスリーWILL増刊 2007年12月号)


特にこの虚構の本質と当時のドイツの関係に注目し

調査されている古荘光一さんの報告が


ヒトラーと『南京大虐殺』」




Will 1月号


Will最新号

http://web-will.jp/latest/index.html


「南京大虐殺」とドイツ軍事顧問団

として掲載されています。


蒋介石に巧みに利用された欧米関係者の有り様を

「もう、反論など出来んだろう」という状態まで

報告されています。


例の南京虐殺喧伝の元となったオーストラリア籍記者

ティンパーリーの

「What War Means : the Japanese Terror in China」

が蒋介石手製のプロパガンダ文書であり、

ティンパーリー自身が、国民党反日喧伝組織「反敵委員会」の

唯一の外国人メンバーであったのですが

このプロパガンダ文書を実際に書いた欧米人が

自ら「でっちあげである」と告白したも同然の

新資料を古荘さんが発見し、報告されているのです。


実際に書いたジョージ・フィッチなどの

アメリカ人「宣教師」といわれていた人物の正体、

そして、上海米人YMCA、ロータリークラブの創設者であり、

フリーメーソン最高階級にまでになったフィッチが

蒋介石の取り巻きであった事実などが

その「フィッチの回顧録」に記されています。


古荘さんは、これら文献とラーベの日記などの内容を

突合せ、


・日独伊防共協定阻止に動いたドイツ人の思惑

・シナ権益を模索する英米人の思惑


を巧みに利用した蒋介石の情報戦略を浮かび上がらせているのです。


また、私も同じように感じていたのですが、

古荘さんはアイリス・チャン「ザ・レイプ オブ 南京」について


「ドイツ人礼賛の本である」


と喝破されています。


また、先の大戦での欧米各国の主な戦争犯罪を

軒並み免罪するものであると。


まさにそうでして、

ホロコーストに対するドイツ免責ともとれるこの本を

なぜユダヤ人権団体であるSWC(サイモンヴィーゼンタールセンター)

が庇護し、喧伝していったのかの意味もわかるというものです。


シナにいたドイツ軍事顧問団が「武器ビジネス商団」であったことは

知られていますが、彼らは、日独伊防共協定によって

シナへの武器取引の一切を停止しようとしたヒトラーの指示に

慌てふためくわけです。


ビジネスがオジャンじゃねーか


というわけです。


蒋介石にドンドン武器を供給して、日支全面戦争になれば

まさに武器証人の天国であります。


そのあともう一歩というところでヒトラーの「ストップ」。


軍事顧問団という商団はなんとかヒトラーを翻意させようと


「日本軍の蛮行」というストーリー


を本国に伝達するために

蒋介石を活用し、見たことの無い「日本軍の蛮行」を編纂し

ヒトラーの対日判断を覆そうとしたわけです。


だからフィッチの文書にも意味もなく

「武士道批判」が展開されます。

これはヒトラーが対日感情を良くした原因の一つに

武士道を評価したという事があったからなのですが

こういう風にボロがでるわけです。


また、ラーベの日記のラーベも武器政商であり、

そしてラーベ自身がナチ党員であったわけですが

ラーベが南京に残ったのは「難民救済」という美談でもなんでもなく

ヒトラーに日独伊防共協定を止めさせるために

ラーベ報告書や、マギー牧師が撮っていない薫機関製「マギーフィルム」

などを国民党と共同で作成し、本国へ送るためだったのです。


でラーベが反ナチではないことをゲシュタポに弁明するための証拠として

「ラーベ」日記が準備されたのであります。


これら、断片的に解明されつつあったことが

古荘さんのリポートと新資料によって

全体像が一つになり、

所謂南京大虐殺の喧伝が何であったのか・・・

がはっきりと浮かび上がったのです。


で端折って掻い摘んでも伝わらないと思いますので

古荘光一さん渾身のリポート


Will最新号

http://web-will.jp/latest/index.html

「南京大虐殺」と日独伊防共協定

ドイツ軍事顧問団とヒトラー


是非、読んでください。

というより

必読です


南京の各論であることないこと反論する肯定論者も

こっち方面からトドメさされると終わりです。


で感じたことを一つ。


虚構喧伝の背景は

やっぱりビジネスかよ^^



AD

コメント(3)