Cひかりは、インターネット光回線サービスであり、通信速度が速いということで口コミでも評判です。

これまでに、Cひかりから営業を受けたことのある人や契約を検討している人も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、Cひかりの回線契約を検討している人や、光回線の乗り換えを考えている人、営業を受けたけどどんなサービスなのかより詳しく知りたい人のために、評判や口コミ、メリット・デメリットについて検証していきます。

 

あわせて、回線速度や料金、現在行われているキャンペーンや割引情報、契約までの流れについて調査しました。

 

■更新情報
・2022/1/5 『クーリングオフ・解約について』『CひかりはIPv6に対応』を追加しました。

 

Cひかりとは?

Cひかりのサイト画面

 

Cひかりとは、Cマーケティング株式会社が運営しているインターネット光回線サービスで、2018年1月から提供が始まりました。

 

最大2Gbpsの高速回線により快適なインターネット利用ができ、格安料金でのサービス提供、契約後の手厚いサポートが人気です。

しかし、他社に比べて解約金が高く、サービス提供エリアが限られた地域限定といった利用する際の注意点もあります。

 

また、Cひかりでは、インターネットを通じて世界をより良くしたいという思いのもと、日本赤十字社へ売上の一部を寄付しており、CSR活動にも力を注いでいます。その為、契約者はCひかりでインターネットを利用することで、間接的な社会貢献を行えます。

Cひかりの回線速度

Cひかりでは、高品質のNTT光ファイバー回線(ダークファイバー)と専用のホームゲートウェイを組み合わせた独自回線により、下り最大速度2Gbpsを実現しています。

回線速度の比較一覧

光回線 各社 最大速度
Cひかり 2Gbps
ドコモ光 1Gbps
ソフトバンク光 1Gbps
auひかり 1Gbps

 

光回線の最大速度は1Gbpsであることが多く、数値で見てもCひかりの回線速度が高速であることが分かります。

この最大速度は実使用速度を示すものではなく、利用者の通信環境によっても通信速度は異なりますが、Cひかりは独自回線によって、回線が混雑する時間帯でも回線速度を落とすことなく使えるようです。

 

現在契約している光回線の速度が遅くて困っている人は、Cひかりに乗り換えることで、動画視聴や大容量データのダウンロードもストレスなく快適に行えるようになるでしょう。

CひかりはIPv6に対応

CひかりはIPv6に対応しています。

次世代のインターネットプロトコルであるIPv6は、これまでのIPv4と比べてIPアドレスに十分な余裕があり、IPoEという通信方式での接続により、通信速度が速くなるといわれています。

 

しかし、IPv6に対応していないインターネットサイトには、IPv6規格の通信で接続することはできません。
IPv6にはデメリットもあるものの、Cひかりでは、こういった最新の規格に対応することで、より優れた速度を実現させています。

専用ルーターの速度も優秀

Cひかりを利用する際には、高速無線LAN内蔵のルーターを提供してもらえます。

このルーターの最大速度は1.3Gbpsとなっており、専用ルーターの速度も優秀であるといえます。

回線速度だけでなく、ルーターがハイスペックであることも、快適なインターネット利用環境を生み出せる理由の1つでしょう。

Cひかりの料金/工事費/解約金

料金/工事費/解約金

 

Cひかりの月額基本料金は、戸建てや集合住宅等関係なく一律5,478円(税込)で、他社の平均料金と比べると数百円安い料金設定となっています。

 

基本工事費は44,000円(税込) であり、コンセント移設工事などの追加工事も追加料金で対応可能なようです。

 

また、2年間の継続契約となるため、契約から2年以内に解約をすると22,000円(税込)の解約金がかかります。契約更新のタイミングで解約した場合、解約金はかかりません。

 

この他に、初期費用として契約事務手数料3,300円(税込)が利用開始月に発生します。

オプション料金

Cひかりには必要な分を必要なだけつけられるオプションサービスがあります。ここでは、各オプションの月額基本料金を紹介します。

 

オプション料金一覧

  • NURO光でんわ: 550円 (関東)/330円(関西・東海)
  • ひかりTV:2,750円(TVおすすめプラン)※その他プラン有
  • 満足サポート:550円 
  • ギガPC Powered by System:550円 
  • カスペルスキーセキュリティ:550円 
  • キキホショ+:550円
  • リモートサポート:550円
  • とくとくネットスーパー Powers byデリキチ:660円
  • 生活便利相談サービス:550円
  • SEITON&HOZONサービス: 1,078円

 

オプションサービスの詳細についてはこちらをご覧ください。

 

 

売上の一部を日本赤十字社に寄付

CひかりではCSR活動に取り組んでおり、インターネット利用料の売上の一部を日本赤十字社に寄付しています。

そのため、契約者はCひかりでインターネットを使うと同時に社会貢献も行うことができ、契約後には日本赤十字社から感謝状が送付されます。

Cひかりを運営するCマーケティング株式会社は、これまでの活動が称えられ、日本赤十字社から金色有功章を贈呈されています。

 

クーリングオフ・解約について

Cひかりなどの通信サービスは、例え訪問販売で契約した場合でもクーリングオフ制度の対象外となりますが、クーリングオフ制度と似た電気通信事業法が定められており、契約から8日以内であれば契約を解除することができます

 

Cひかりの場合には、申込後に送られてくる契約内容の案内を受領した日から起算して8日が経過するまでに、所定の書類を郵送し連絡すると無条件で申込みを撤回できます。

期日を過ぎてしまった場合には解約金が発生してしまうので注意しましょう。

解約はタイミングに注意!

Cひかりを契約後、いつでもCひかりサポートデスクへの問い合わせにより、解約することが可能です。

しかし、契約更新月以外での解約は契約解除料がかかってしまうため、費用をかけずに解約するにはタイミングに気をつけましょう。

 

解約時に撤去工事はありませんが、レンタル機器がある場合にはそれらの返却、電話番号を他社で引き続き利用する場合には、利用者自身で番号移行の手続きなどが必要となります。

Cひかりの利用者数

Cひかりの利用者数

2018年1月からサービスを開始したCひかりの利用者数は、2020年12月に22,000人を突破しました。

今後の短期的な目標として、利用者数50,000人を目指しているそうです。

 

現在は大手企業であるNTTやKDDIの回線利用者が多いものの、日本での光回線普及率は年々増加しており、Cひかりでは今後も新規顧客や大手企業からの乗り換え等による利用者の獲得が見込めるでしょう。

Cひかりのキャンペーン/割引情報

キャンペーン/割引情報

新規契約者に対して、お得なキャンペーンや特別割引を実施していました。

2021年7月時点での情報となりますので、最新情報はCひかり公式サイトをご確認ください。

工事費のキャッシュバック!

通常44,000円かかる工事費が30ヶ月に分割して請求されるものの、同額分の割引が適用されるキャンペーンが実施されています。

そのため、Cひかりを30ヶ月以上利用した場合には、工事費が実質0円となります。

とてもお得なキャンペーンですが、30ヶ月以内に解約した場合には、解約金とは別に工事費の分割残金の支払いが発生するため、期間内に解約する可能性がある方は注意が必要です。

他社回線違約金50,000円分まで負担!

光回線は契約期間を終えていないと、解約時に違約金が発生することが多いです。

そこで、Cひかりでは乗り換えの際にかかった違約金を、最大50,000円までキャッシュバックするキャンペーンを行っています。

利用開始月の基本料金が0円!

通常月5,478円かかる基本料金が、利用開始月は0円となります。

初月は事務手数料などの料金がかかり、合計請求金額が高くなることから、利用者の金銭的負担を減らすべく、初月基本料金0円のキャンペーンを実施しています。

SoftbankとCひかりのセット割引!

Softbankの携帯やスマートフォン、iPadを契約していると、最大1,000円のセット割引が適用されます。

更にこの割引はCひかりの契約者だけでなく家族全員が対象となるため、もしも家族3人でSoftbankスマートフォンを使用している場合には、最大3,000円が携帯料金から割引されます。

契約が続く限りずっと割引されるため、年間で1人あたり最大12,000円の割引が受けられてお得です。

Cひかり契約までの流れと注意事項

Cひかり契約(開通)までの流れと各段階での注意事項について解説します。

①申込みを行う

Cひかりのインターネット回線を使用するためには、まず申込みフォームで氏名、住所、電話番号等の必要事項を記入し、申込みを行います。

申込みから開通までの目安はおよそ1ヶ月程度です。

インターネット回線の開通には「宅内工事」と「屋外工事」が必要なため、工事は計2回実施されます。

注意事項として、住宅環境によっては屋外工事日の決定までに2~3ヶ月かかる場合もあるようですのでスケジュールには余裕を持たせておく必要があります。

②工事日を決定する

申込み時に宅内工事(1回目の工事)の希望日を選択することができます。

申込み時に希望日を選択しなかった場合や、希望日で工事枠が取得できなかった場合には、光回線調整窓口より日程調整の連絡が来ます。また、屋外工事(2回目の工事)は、宅内工事の際に工事業者が日程を調整するか、後日光回線調整窓口より日程調整の連絡が来て、決定します。(戸建てと集合住宅で異なります) 

 

注意事項として、Cひかりだけではありませんが、集合住宅で光回線工事を行う場合には管理人の許可が必要となりますので、把握しておきましょう。

③工事を行う(2回)

事前に決定した工事日にて、工事を行います。

屋外工事(2回目の工事)が完了すると、インターネットが利用できるようになります。

 

注意事項として、工事は2回とも利用者の立ち合いが必要となります。

また、土日祝日に宅内工事を行う場合には基本工事費と別で3,300円が発生します。

④インターネットの接続設定を行う

屋外工事完了後、利用者自身でPC等をインターネットに接続します。

接続方法はONU(光回線終端装置)に同梱されている説明書や、公式サイトのよくある質問に載っています。

この、接続設定が完了したらCひかりの回線でインターネットが利用できるようになります。

 

注意事項として、セキュリティサービスも利用者がインストールする必要があるため、忘れずに行いましょう。

Cひかりのアフターサポート

Cひかりのアフターサポート

Cひかりでは契約後のアフターサポートも充実しています。

 

契約から約2ヶ月後にアフターコールという電話がかかってくるため、実際に利用してみて感じた使いやすさや料金に関して聞きたいことがある場合には質問することができます。

 

また、Cひかりを利用していて、もしも困っていることがあった場合には、快適にインターネットが使用できるように、次にすべき手続きについても具体的にフォローしてくれます。

有料にはなりますが、困った時に助かるサポートオプションや便利サービスオプションも豊富です。

Cひかりのメリット・デメリット

Cひかりのメリット・デメリット

Cひかりを契約した際のメリットやデメリットについて前述で解説した内容を簡単にまとめました。

メリットとデメリットの両方を把握することで、より検討しやすくなるでしょう。

Cひかりのメリット

  • 通信速度が速くストレスのないインターネット利用ができる
  • 月額料金が他社の平均料金に比べて安い
  • 乗り換え時の他社違約金負担や工事費実質無料等のキャンペーンが充実
  • 契約後もアフターコールによるサポートがある

Cひかりのデメリット

  • 解約金が他社と比べて高い
  • 30ヶ月以内に解約すると工事費残債を一括で支払わなければならない
  • 通常光回線の工事は1回だが、Cひかりは開通工事が2回ある
  • 利用できるエリアが限られている(21都道府県) ※CひかりはNURO光の回線を使用しているため、利用できるエリアはNURO光と同じエリアとなります。 (サービス提供エリア

Cひかり利用者の評判・口コミまとめ

Cひかり利用者の評判・口コミまとめ

Cひかりを実際に利用している人の評判や口コミをまとめました。

通信速度が速い

Cひかりで契約してから通信速度が速くなりました。

コロナのマスク不足時にはマスクが1枚送られてきて、こういうサービス嬉しいです。

 

Cひかり利用者の評判や口コミの中で一番多かったのが、通信速度が速くなったといった内容でした。

やはりネットサーフィンやダウンロードが素早くできると快適ですね。

また、新型コロナウイルスの感染拡大時にはマスクが送られてきたようで、思いやりの心を持ったサービスには感心します。

携帯料金が安くなった

以前のWi-Fi料金が高かったので乗り換えたら、ソフトバンクのセット割で携帯の料金が安くなりました。

更にWi-Fiの調子も良くなりました。

 

Cひかりを利用することで、毎月の回線料金だけでなく携帯料金まで安くなったという評判も見受けられました。

Softbank限定にはなってしまいますが、とてもお得なサービスですね。

サポートが丁寧

アフターコール時に契約した内容を再度細かく説明してくれたのが良かった。問い合わせ窓口に連絡した時もいつも丁寧で安心する。

 

どんなサービスでもアフターフォローや対応の丁寧さが雑だと、どんなに商品が良くても悪い評判を集めてしまうことがありますが、Cひかりはサポートの対応も良いようです。

まとめ

以上が、Cひかりの回線速度、料金、キャンペーン情報、評判・口コミなどについて調査した結果です。

 

光回線を契約する際には、速度を重視する人が多いのではないでしょうか。

現在の通信速度に不満を感じているのであれば、Cひかりのような高速回線に乗り換えることで不満が解消されるでしょう。

 

また、光回線の新規契約や乗り換えの際には、そのサービスのメリットとデメリットの両方について理解した上で契約を行うことで、トラブルの発生を未然に防げる可能性が高まります。

 

現在契約している回線の速度や契約内容、料金やサービスに満足されてない方は見直しをしてみることを、おすすめします。