クリックサロン売上を3倍にする方法、お伝えしますマウス

 

人気サロン経営者が語る
クリックサロンオーナー塾無料メルマガの登録はこちらマウス

 

2017年12月5日の記事です。

 

我がサロン「ルナルート」が注目をされてから、

 

はや13年が経過しました。

 

当時はネット広告ではなく主にフリーペーパー雑誌の

 

広告に頼る時代。

 

その中で最も集客力の強かったフリーペーパーが、

 

やはりホットペッパー。

 

しかし対抗馬の雑誌もいくつか頑張ってしましたが、

 

今では全媒体がインターネットに移行しています。

 

当時は、雑誌広告からの予約は全て電話受付。

 

したがって、広告反応は予約電話数をカウントして

 

月間の反応数を把握していました。

 

その時代に、月間広告費10万円で

 

電話予約数が10ヶ月の平均で283件という

 

ホットペッパー雑誌の反応数記録を塗り替えるほどの

 

集客数を誇っていたことは

 

今でも鮮明に記憶に残っています。

 

 

しかし、これで人気No1サロンだったと言えるのか?

 

と今でも自問自答しています。

 

それは、人気サロンの定義が様々あるはずだからです。

 

 

サロンの人気度を推し量るバロメーターは、

 

前述の集客反応数ばかりではない筈です。

 

リピーターばかりで予約がなかなか取れないサロン、

 

口コミで話題になっているサロン、

 

誰でもが知っているサロン、

 

一度は行ってみたいと思っているサロン、

 

など、どれもサロンオーナーが目指したいサロンです。

 

 

また、人気と売上は基本的には比例していますが、

 

安売り集客しているサロンなどは

 

忙しい割には人件費が重なって

 

売上は上がっても利益には繋がり難い状況でしょう。

 

 

でも、オーナーの中には儲け(=利益)より

 

リーズナブル(=低額)な金額で多くのお客様に

 

喜んでもらうことを目的にサロン運営されて、

 

人気を博しているサロンもあるでしょう。

 

 

オーナーとしてはどの人気No1を目指すか、

 

それによって戦略が大きく変わります。

 

 

我がサロンは以前は集客力No1、

 

現在はリピート力No1です。

 

その戦略はそれぞれ違っています。

 

 

Instagram アロマテラピーブランド【Karina カリーナ】

 

Instagram 直営サロン【ルナルート青山渋谷店】

 

Instagram 直営サロン【ルナルート横浜東口店】