☆作曲と音楽業界☆ その3 大事なご縁とタイミング | diosas-music~Inspirierende Pianism 限界突破目指します! 

diosas-music~Inspirierende Pianism 限界突破目指します! 

それは物心ついたときでした。ピアノが大好きで。
でも7歳の時に諦めるしかなかった。
20年のブランクを超えて今度こそ夢を叶えます。
心に響くピアノ演奏と映像音楽作曲活動を目指しています。
主にピアノや作曲の日々の練習や活動などを発信しています。


テーマ:

クラシックと商業音楽編

 

元々音楽はクラシックから入ったこともあり、すべてを知っているわけでは

 

ないにしてもおそらくジャンルの中では一番わかっているかもしれないな

 

と最近気が付きました←遅い💦

 

気が付いたのは1年前ピアノを再開させるのに近くの教室に行ったんですね

 

クラシック、特にオーケストラの勉強したいと・・・

 

そしてその時には作曲を学んでしたいことのビジョンが勿論漠然としたものでしたが

 

あったからなんです。

 

曲を作る前に発表するのはどういう形にしようか←気が早いですが

 

という所を考えました。

 

数年前でしたらボーカロイドを使っていたかもしれません。

 

一昔前だったらアーティストのプレゼンはFMに流して反響みたり、

 

あるホールにレコード会社の人たちを集めてプレゼンしたりという形

 

もあったかもしれません。

 

でも今は動画サイトで発表することは可能です。

 

ただ、毎日多数の動画が投稿される中自分を見つけてもらうのは

 

そうたやすいことではないような気がしてます。

 

そして数年前まではKEMUさんやハチさんなど

 

人気のある方々が使っていたようにボカロという発表方法があったと思うんですね。

 

でもそれをするためには今度はイラストや映像を作る技術も必要です。

 

だから何人かでグループを組んで発表する方法をよくとっていたと思います。

 

そんな感じで今からは別な方法を探すのかなと計画していたことはあります。

 

後は曲作るだけ!!←順番が反対ですよね💦

 

そして自分自身機材などある程度揃えて始めようとなったんですが、

 

まさにその時に藝大の先生に出会い、北田陽一郎先生と再びつながったんですね。

 

北田陽一郎先生はシンセサイザーにも明るく、活動方法の指南もしてくださる

 

とても頼れる大先輩です。

 

前回ブログに書きました通り北田陽一郎先生とは別のスクールで初めて出会いました。

 

現在は

 

NPO法人Music Planzを運営されています。

 

既にプロとして活躍する方々を育てた方です。

 

よく専門学校などで教えている方の中にはアーティストとしてやってない方がいらっしゃいますが

 

北田陽一郎先生はご自身も

 

K Maseraというアーティストでもあります。

 

Music Planz では理事長をされております。

 

北田陽一郎先生の経歴は http://musicplanz.org/academy#coach

 

にもございます通り多くの作曲家を育成、輩出されております。

 

以前私が教わったときには秘伝の伝授の前に辞めてしまったので、

 

今度こそは最後までマスターしたいです。

 

そして私も北田陽一郎先生の下でDTMやシンセサイザーなどの技術も高めながら

 

諸先輩方のようになりたいなぁと胸を膨らませております。

 

・・・次回に続く(芸プロ編)

 

 

 

☆ブログランキングに参加しています。☆ 

よろしければぽちっと押していただけると嬉しいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

diosas-musicさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス