ソナタ ~Beethoven~ の拍感 | diosas-music~Inspirierende Pianism 限界突破目指します! 

diosas-music~Inspirierende Pianism 限界突破目指します! 

それは物心ついたときでした。ピアノが大好きで。
でも7歳の時に諦めるしかなかった。
20年のブランクを超えて今度こそ夢を叶えます。
心に響くピアノ演奏と映像音楽作曲活動を目指しています。
主にピアノや作曲の日々の練習や活動などを発信しています。


テーマ:

今取り組んでいるソナタの拍は二分の二拍子でできています。

 

二分の二拍子は二分音符が1小節に2拍あります。

 

二分音符は四分音符を1とした場合長さは二倍になるので

 

1小節に四分音符で4拍分ある計算になります。

 

長さだけで言うと四分の四拍子と同じ

 

でも同じではない。

 

 

作曲家であるBeethovenが4/4ではなくて2/2にした狙いがあるんだと思うんですね。

 

ただ、最初の練習の時には4/4でれんしゅうはじめてしまいました。

 

どうしても四分音符を1として音取をしていく癖があります。

 

演奏する際に1小節の中で強拍と弱拍というものがあります。

 

 

上が4/4、下が2/2です。

 

2/2の場合

 

この2分音符を1として数えるので1小節に2拍ということで1拍目以外は弱くなるんですよね。

 

この拍感を感じながら演奏を仕上げなくてはいけないんですよね。

 

2拍子は行進曲・マーチなどのイメージがあります。

 

元気?力強い?

 

そんな風に感じてます。

 

これからはこの拍感を大事にしながら演奏・作曲頑張りたいです。

 

 

☆ブログランキングに参加しています。☆ 

よろしければぽちっと押していただけると嬉しいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

diosas-musicさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス