言霊の効果と実際~コンクールに向けて | diosas-music~Inspirierende Pianism 限界突破目指します! 

diosas-music~Inspirierende Pianism 限界突破目指します! 

それは物心ついたときでした。ピアノが大好きで。
でも7歳の時に諦めるしかなかった。
20年のブランクを超えて今度こそ夢を叶えます。
心に響くピアノ演奏と映像音楽作曲活動を目指しています。
主にピアノや作曲の日々の練習や活動などを発信しています。


テーマ:

言霊というのは時に人を奮い立たせ、潜在能力を開花させることも

 

あると思っています。おねがい

 

ですからどんな言葉を発するかというのはいつも気を遣っています。

 

でも人間ですから日々の生活の中でつい言ってしまうことや

 

苦しくて苦しくて答えが欲しくて言ってしまうこともあります。汗

 

私自身はほかの方を笑顔にしたいという想いが強いので

 

なるべく私が発する言葉で頑張ろうと思ってくださったり

 

辛いことを忘れてくださったり、笑顔になってくださること

 

希望を抱くことをしてもらえたらいいなと思っています。おねがい

 

大学や専門学校でも生徒たちにそんな言葉をかけたいと

 

自分なりに努力はしてました。

 

ただそれが相手にストレートに伝わるときもあれば

 

想ったように伝わらないこともあります。びっくり

 

少なくとも生徒を持たれている方はそんな歯がゆい思いをされることは

 

沢山あると思うんです。

 

音楽もそうです。

 

私が音楽をするうえで大切にしたいのは私の演奏で言葉と同じように

 

笑顔になってくださること、希望を抱くことをしていただきたいと思っています。おねがい

 

ただ、今の私のピアノの技術や音楽理論などの知識ではまだまだ

 

人にそこまでの音を届けられてないのも事実です。あせる

 

日々頑張れるのはもちろん自分が行きたいレベルや音等の明確な目標があるからなのですが

 

時々この練習方法で大丈夫なのかなとか

 

どうやるのが一番いいんだろうと悩むことも多々あります。

 

そして今先生方に師事しているにもかかわらず自己完結しようとしてしまう自分がいます。

 

自分でできるところは自分でやってその上で先生にご指導いただいたり

 

質問したりしています。

 

このやり方が完全に悪いわけじゃないとは思うのですが

 

時に逆に解決に時間かかりすぎるときもあります。汗

 

わからなければすぐ質問すればいいんですけどね。

 

ある程度解決してから質問したり演奏を見ていただこうという想いが強いんですね。

 

でもそんなに時間かけてもなかなかできなかった理解できなかったことも

 

先生の一言で解決することもあり

 

あ、もっと早く聞けばよかったなぁとか

 

思うことも多々ありますあせる

 

一生懸命やっていてもなかなかわからないことや中々うまく演奏ができない時

 

弱音を先生にぶつけることはほぼないのですが

 

でも今日は違ってました。

 

今日は先生もお休みの日でしたが、

 

先生に連絡して今抱いている気持ちを素直にぶつけたんです。

 

これは私にとっては・・・

 

かなり思い切った行動でした。キョロキョロ

 

できないと弱音を吐くのは簡単です。

 

でもそうすることによってそのことが完全に自分の中で明確化され

 

それが相手にも伝わるわけなので

 

無理って言ったとしたら

本当に無理なんだよね

私にはやっぱり資質がないのかな

もう無理なのかな

 

と陰に入る原因になります。

 

でも逆のこともあり得ます。

 

無理

無理と思ったけど意外といけるかも

やったる!!

 

と解決とやる気のオンパレード爆  笑

 

最近私は

 

今練習しているアラベスクで少し悩んでました。

 

だいじょうぶかなぁ~

 

コンクール他の曲のほうがいいかなぁ~

 

失敗したらどうしよう~

 

 

ここは陰の言葉オンパレード。

 

そしてコンクールの自由曲は得意な曲で行くべきではないかと思ってしまったんですね。

 

出来たらベートーヴェンソナタで挑戦したいなぁ

 

と思い出して・・・

 

でもベートーヴェンソナタの場合は

 

コンクールの審査で弾き込んできてて当たり前という前提で採点されるらしく

 

まだ今じゃないなぁ~となりました。

 

そしてもしベートーヴェンソナタをコンクールで弾くならこんなにバタバタせずに

 

それこそ弾き込んで弾き込んで

 

その時間を十分とって挑戦するほうが私もベストパフォーマンスできるかなと

 

思えるようになりました。

 

コンクールは出場する人みんな

 

一つの目標を持っていると思うんですね。

 

それはいい成績を残したい。

 

つまりその目標に向かってみんなと競い合うわけです。

 

でもいつも私が考えているのは

 

ベストパフォーマンスをすること。おねがい

 

それは人と比べてのではなく自分の中でどれだけベストを尽くせるか・・・

 

そしてそのベストは本番だけに限ってのことではなく

 

曲を決めるとき、練習中 に始まっています。

 

それができてモチベーション維持もできるし本番の緊張も味方につけれるんだと思うんです。

 

と・・・・・

 

頭ではわかっているつもりなんですが

 

まだ行動と心が付いていっていない気がします。キョロキョロ

 

まだまだ修行は続きそうですね。

 

これからも言霊を大事にしていきます。音譜

 

 

☆ブログランキングに参加しています。☆ 

よろしければぽちっと押していただけると嬉しいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

diosas-musicさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス