アラベスクとソナタ月光 Debussy-Arabesque | diosas-music~Inspirierende Pianism 限界突破目指します! 

diosas-music~Inspirierende Pianism 限界突破目指します! 

それは物心ついたときでした。ピアノが大好きで。
でも7歳の時に諦めるしかなかった。
20年のブランクを超えて今度こそ夢を叶えます。
心に響くピアノ演奏と映像音楽作曲活動を目指しています。
主にピアノや作曲の日々の練習や活動などを発信しています。


テーマ:

今日はスタジオで4時間練習の日でした。

 

実は今日新しい楽譜が来たんです。

 

プレインベンション!!おねがい

 

 

バッハのインベンションに前に使う楽譜です。

 

ずっと気になっていたのですが今まではやったことがなかったので

 

これでさらに基礎力が上がればいいなぁと

 

期待しています。

 

私はショパンの曲が弾きたいので、

 

バッハのインベンションもマスターしたいんです。

 

その準備ですね。

 

新しいものが大好きな私としては早速弾いてみたくなったので

 

指慣らしの代わりにやってみることにしました。

 

練習する順番が書いてあるのでその通りに一番最初に練習するとされている

 

34番を弾いてみました。A.E.ミュラー作曲のスケルツォです。音譜

 

 

初見で弾いてみて・・・

 

簡単!でも仕上げるレベルになるときっと色々表現方法とかあるんだろうな

 

とおもいつつ・・・

 

これはM先生に教わる予定なのできっとこの本に書いてある順番通りかわからないので

 

1回通して弾くだけにしました。

 

そして。。。

 

昔ちょっと弾いていた

 

ベートーヴェンソナタ月光音譜

 

こういうリズムは得意な方です。

 

第1楽章弾いてみて・・・

 

 

弾けてる気がするけどこれもきっとどんなふうに弾くかまでを考えると

 

難易度上がるのかもしれないと・・・

 

続いて第3楽章。爆  笑

 

 

月光の中では第3楽章が一番好きです。

 

すごく難しいと聞いていたのですが

 

意外と弾けそう。・・・たぶん

 

あ、でも速度とかその通りに弾こうと思ったら大変なのかな。おねがい

 

と脱線はここまで。

 

次にいつも通り脱力の練習からハノン、スケールとアルペジオと練習しました。

 

スケールやアルペジオ

 

片手ずつの確認してから・・・

 

指くぐりのスピードや粒がそろってるかなど確認することはたくさんあります。

 

そして両手で練習します。

 

もちろんここまでは4オクターブで。

 

次にテスト対策で2オクターブを仕上げにして確認してから

 

アラベスクに入りました。

 

もちろん最初は通して弾いて録画!

 

その後に部分練習。

 

今日も引き続き3ページ目の部分練習です。

 

4小節ずつ仕上げていくというか間違わないで5回以上弾けたら次という形でやりました。

 

自信のないところは片手練習してから両手練習です。

 

やはり1か所にすごく時間かかるんです。

 

でも前回やったところは割とすんなり弾けるので力にはなっているみたい。

 

とりあえず3ページ目と4ページ目の部分練習ができたので、

 

最後に通して弾きました。

 

今までは7分ぐらいはかかっていましたが

 

やはりつまずくところが減ったおかげで6分ぐらいになりました。

 

でも、速さに囚われるといけないので

 

今はゆっくりでも確実に演奏できるようにしよう。おねがい

 

 

☆ブログランキングに参加しています。☆ 

よろしければぽちっと押していただけると嬉しいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

diosas-musicさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス