時間を忘れての練習 アラベスクとアルペジオ Debussy-Arabesque | diosas-music~Inspirierende Pianism 限界突破目指します! 

diosas-music~Inspirierende Pianism 限界突破目指します! 

それは物心ついたときでした。ピアノが大好きで。
でも7歳の時に諦めるしかなかった。
20年のブランクを超えて今度こそ夢を叶えます。
心に響くピアノ演奏と映像音楽作曲活動を目指しています。
主にピアノや作曲の日々の練習や活動などを発信しています。


テーマ:

今日のスタジオ練習は4時間でしたが、

 

最初にアラベスク全体を弾いて次に基礎練習に入りました。

 

もう少しでスケールテストなのでスケールやアルペジオの練習にも

 

熱が入ります。

 

ハノンは1番とスケール・アルペジオと指くぐりの33番34番を中心に

 

しました。

 

ハノンの1番は脱力の時に使っているのですが

 

今日は課題が出たこともあり脱力が終わった後に

 

通して弾く時に映像も取りました。

 

これで自分の今の音を確認するためです。

 

粒がそろっているかリズムが変になっていないかなど・・・

 

それといつもは真横から映像をとるのですが、

 

今日は斜め後ろから撮りました。ニヤリ

 

これで余分な力が入っていないか肩が上がっていないか

 

確認をします。

 

ピアノは指先だけ弾くのではなく

 

身体のどこの部分の筋肉を使うかなどが大切だと思うんですね。

 

まだそのあたりは全然勉強してないので

 

自分はどこの筋肉使っているのかという所をチェックしようと思っています。おねがい

 

そして、スケールは4オクターブを

 

ハ長調・ト長調・ニ長調・イ長調・ホ長調・ロ長調

 

全て

 

片手ずつの確認を入念に行いました。

 

その後両手での確認もしました。

 

その後アルペジオも

 

ハ長調・ト長調・ニ長調・イ長調・ホ長調・ロ長調

 

全て行い、

 

最後に2オクターブでのスケールとアルペジオの確認をしてから

 

アラベスクの部分練習に入りました。

 

アラベスクはいつもP1からP2が中心になってしまってました。

 

私自身P3からP4ページのところが好きなんです。

 

ここはほかのページと雰囲気が違います。

 

そこで今日はこの部分を中心にしましたが・・・

 

私の好きな所の前のところですごく手間取ってしまい・・・

 

何回弾いても5回連続10回連続すると必ず途中でミスが出るんです。あせる

 

結局最初の数小節で1時間使ってしまい・・・

 

何でできないんだろうと・・・

 

心が折れそうになりました。

 

赤の部分が苦手・・・緑の部分は好きな個所です!

 

先日レッスンの際に

 

M先生とY先生が「フランス音楽は苦手なのかな」と

 

思っていると言われ・・・びっくり

 

確かに

 

ベートーヴェンやショパン・リストのほうが弾きやすいかもなぁと。

 

古典でもモーツァルトはちょっと苦手なので←ただの経験不足かもしれません

 

これは曲のタイプなのかなと。

 

ドビュッシーなら月の光も弾いてみたいのですが

 

弾きこなせる自信は今ないです汗

 

いろんな作曲家の曲にトライして自分に一番合っている作曲家を

 

知るのも今後大切かも知れません。

 

とはいっても基礎力を上げる段階では

 

固定しないでいろんな作曲家の曲にトライしていきたいです。

 

ピアニスト様でもショパン弾きやベートーベン弾きといったように

 

ショパンの曲ならこの人といったこともあるので

 

これは仕方ないことなのかなぁ・・・

 

チャイコフスキーとかシューマンなどまだまだ弾いたことがない作曲家は

 

沢山いるのでいろんな作曲家の曲に挑戦していきたいです。音譜

 

 

☆ブログランキングに参加しています。☆ 

よろしければぽちっと押していただけると嬉しいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

diosas-musicさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス