プロが行っている暗譜とアラベスク Debussy-Arabesque | diosas-music~Inspirierende Pianism 限界突破目指します! 

diosas-music~Inspirierende Pianism 限界突破目指します! 

それは物心ついたときでした。ピアノが大好きで。
でも7歳の時に諦めるしかなかった。
20年のブランクを超えて今度こそ夢を叶えます。
心に響くピアノ演奏と映像音楽作曲活動を目指しています。
主にピアノや作曲の日々の練習や活動などを発信しています。


テーマ:

私が以前から注目しているものには

 

脱力の他にロシア奏法ともうひとつアレクサンダーテクニークというものがあります。

 

先日SNSで私が注目していた講師の方とは別な方ですが

 

書籍出版記念講座をするという案内広告がありました。

 

ただ、先生のための講座とも詠ってあり、悩みましたが演奏者のための

 

内容という説明もあったので参加しようと思ったんです。

 

でも最終的に参加を見合わせました。

 

それは参加者がピアノ講師の先生方がほとんどとうかがったからです。

 

なんかアウェイ感を感じたら・・・と途端に不安になりました。

 

私は元々大学や専門学校で教鞭をとっていたので昔は先生と呼ばれてましたが

 

それは音楽ではないので・・・

 

その講座が今日の午前中の予定でしたが急遽とりやめていつも通りスタジオで練習

 

致しました。

 

今日の練習はハノンなどは全く行わず最初からアラベスクをしました。

 

最初に全部を弾いて昨日練習したところはどれくらい身についているかも確認したかったからです。

 

あとは本番の日に事前に練習できる時間が取れるとも限らず、それでも指が動くように

 

ということもあったからなんです。

 

まだゆっくり弾いている個所もあり、今のところ5分以内では弾けません。

 

これを最終的には5分以内で弾けるようにしなくてはいけないんです。

 

ステージ上でピアノに向かう時間や椅子に座って弾き始めるまでの時間も込みで

 

5分以内で弾かなくてはいけません。

 

余裕を持っても4分30秒以内に最後まで行けないと・・・

 

そして今日は3ページ目以降の部分練習と全体通しての練習を中心に

 

しました。

 

もちろん練習風景は後で確認のため映像で残しましたが・・・

 

聴いてみてびっくりびっくり

 

あのテーマのところが弾けてはいても粒が・・・

 

ずんちゃちゃずんちゃちゃという音になっていたんです。ガーン

 

もっと粒をきれいにする意識をして練習しなくてはいけません。

 

明日は4時間スタジオ練習になるのでそのあたりもしっかりと練習します。

 

あとは最後の方の左手から右手にかけてのアルペジオもきれいに流れるように

 

弾けるように集中練習!!あせる

 

はじめは音にこだわりすぎて中々譜読みを進めてなかったこともあり

 

少し不安でしたがここにきて完成が見えてきました。

 

ところで・・・・

 

暗譜ですが・・・

 

私は譜読みの段階から暗譜が始まります。

 

なので、演奏が完成するころには譜面なしで弾いたりするんですが・・・

 

今暗譜は1・2ページまでできています。

 

3ページ目からも部分的に不安なところ以外は暗譜してはいます。

 

でも・・・・

 

演奏には書いてあることと書いてないこと。

 

これをしっかり表現しなくていけないので譜読みが終わっても楽譜を確認しながら

 

完全に自分の中に入れていきます。

 

ただ今回はプロが行っている暗譜・・・というのにも挑戦したいと思っているので

 

そこは口を使ってその楽譜が空で再現できるように・・・

 

例えば見なくても全く同じように記譜できるぐらいを目指しています。

 

頑張ります。

 

 

 

☆ブログランキングに参加しています。☆ 

よろしければぽちっと押していただけると嬉しいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

diosas-musicさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス