和声と対位法 | diosas-music~Inspirierende Pianism 限界突破目指します! 

diosas-music~Inspirierende Pianism 限界突破目指します! 

それは物心ついたときでした。ピアノが大好きで。
でも7歳の時に諦めるしかなかった。
20年のブランクを超えて今度こそ夢を叶えます。
心に響くピアノ演奏と映像音楽作曲活動を目指しています。
主にピアノや作曲の日々の練習や活動などを発信しています。


テーマ:

昔からずっと気になっているけれど習ったことがないものに

 

和声対位法があります。汗

 

和声はポップスでいうコード理論になるのかな。

 

練習している曲が何調なのか、主要キーやスケール、

 

それに伴って7つの和音・・・

 

例えばハ長調なら

 

主音はド 

 

ド レ ミ ファ ソ ラ シとなります。

 

そしてそれは ⅠⅡⅢ Ⅳ Ⅴ Ⅵ Ⅶとなり、

 

3度ずつ重ねて和音が完成します。

 

和音はコードともいうのですが

 

C Dm  Em  F  G  Am・・・というコードが出来上がります。

 

とここまではわかっていますがこれ以上のことはもっともっと勉強しないと

 

なんとなく・・・わかっているかも???な感じです。あせる

 

対位法も右で出てきたメロディが左手でも出てくる感じ???ガーン

 

ということしかわかりません。

 

それはバッハをまだ勉強していないということも大きいかな。

 

古典・ロマンばかりやってきているからかな。

 

今回のアラベスクはロマンの後期で現代の初めの方でどちらにも入っている感じ

 

らしいので、結局最後にバロック勉強する感じかな。

 

といっても古典もロマンもマスターできたわけじゃないのですキョロキョロ

 

たくさん勉強することあるけれど、一歩一歩頑張らないとです。

 

そして勉強するたびに発見があれば楽しいので、楽しんで音楽勉強したい!

 

それが演奏にも作曲にも生きてくる感じがしています。おねがい

 

 

 

☆ブログランキングに参加しています。☆ 

よろしければぽちっと押していただけると嬉しいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

diosas-musicさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス