先生から教わったアラベスクの奏法 Debussy-Arabesque | diosas-music~Inspirierende Pianism 限界突破目指します! 

diosas-music~Inspirierende Pianism 限界突破目指します! 

それは物心ついたときでした。ピアノが大好きで。
でも7歳の時に諦めるしかなかった。
20年のブランクを超えて今度こそ夢を叶えます。
心に響くピアノ演奏と映像音楽作曲活動を目指しています。
主にピアノや作曲の日々の練習や活動などを発信しています。


テーマ:

アラベスクでは今まで挑戦した曲と違い

 

最初から最後まで通して指を拡げて弾く部分が沢山あります。

 

例えば左手の小指と薬指が5度離れたところをアルペジオの中で弾く必要があったり

 

右手では親指と人差し指で重音を押したまま小指で9度離れたところを弾かなくては

 

いけない場所です。

 

左手はもう指拡げの練習しかありません。

 

ただ右手は重音の片方を外して小指側でメロディを弾いたりしていたのですが

 

昨日の先生のレッスンの中で、無理に弾かなくていいよと。

 

弾き方を教わりました。

 

そしてその中で個々の部分だけ届かないからと弾き方を変えるのではなく

 

奏法をそろえて弾くことが大事なんだよとアドバイスいただきました。

 

譜読みが終わってからどう表現するかを何度も弾きながら検証するということも

 

大事なようです。

 

そうですよね。

 

昔は曲が一通り上手に弾けたら仕上がって次という感じだったと思います。

 

でもこのピアノを再開させてからはまず一通り上手に弾けることは最低条件。

 

出来て当たり前なんですよね。

 

そしてこの後の弾き込みで自分の音や奏法を追及するのが大事なんです。

 

  • 作曲家はこの曲で何を表現したかったのか・・・
  • どう弾いてほしいと思って作曲したのか・・・

 

そんなことを読み取りながら自分の表現をする。

 

それが聴かせる演奏につながるのかなぁと。

 

聴かせる演奏ができると人を感動させたり、癒したり・・・

 

そして希望を感じたり昔を懐かしんだり・・・

 

見ていない景色の中にいるような感覚を感じていただけたり・・・

 

でもこれには基礎力は十分ついてなくてはいけません。

 

わたしはまだまだ指ができてなかったり指くぐりのスピードも遅かったりと

 

課題が沢山あります。

 

そしてそれを曲やスケールの練習・ハノンでしっかりと練習しながら

 

1曲1曲仕上げるように心がけています。

 

いつかこの努力が報われると信じて・・・

 

そしてだからこそいまだに今まで習った数曲も練習の際に必ず弾いたり

 

アドバイスを反映できているかを確認したりしています。

 

以前は先生にこうやって表現するとアドバイスいただいても

 

すぐにできなかったものも今はできたりするんですよ。

 

そしてその時に

 

あ!少しずつだけど基礎力が上がっているかも!!!

 

とテンションが上がります。

 

早く先生みたいに自在に演奏したいものです。

 

 

 

 

 

☆ブログランキングに参加しています。☆ 

よろしければぽちっと押していただけると嬉しいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

diosas-musicさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。