「鉄道フェスティバル」に行ってきた | たまてつ

たまてつ

多摩地域(東京都西部)の今と昔の鉄道写真を中心に、
たまには他の地域の写真や鉄道紀行のことなども

 東京・日比谷公園で10月6・7日に開催される「第25回鉄道フェスティバル」の1日目に行って来ました。毎年鉄道の日の近くに開かれているのは知っていましたが、行くのはこれが初めて。

 風が強かったけど、いい天気でした。暑いくらい。

 

 会場に着いたのは午後1時頃。まだまだ大勢の人で賑わっていました。生粋の(?)鉄道ファンだけでなく、家族連れが多かった印象。

 そこを狙ってなのか…。

 キヤノンブースには人の背丈ほどの「シンカリオン」が。カッコイイね。

 

 そのキヤノンブースで講演中の、鉄道写真家の村上悠太さんをちらりと拝見。

 

 JR北海道も元気に出展。

 

 レプリカとはいえ、本物と同じ材料・方法で製作されているらしいヘッドマーク。25万円。

 

 JR貨物で買った、今回のお気に入り。

 19DコンテナTシャツ。この日最後のMサイズをゲット。2000円(税込み)。

 後ろは…。

 コキに満載の19D!

 コンテナデザインTシャツは他に、水色(18D)と黄緑色(?)がありました。

 

 その他の購入品。

 キーホルダーは弘南鉄道「ラッセル君」。縁がある土地の鉄道をつい応援したくなります。

 「音威子府行」はJR北海道のサボ。手のひらサイズです。裏面は「浜頓別行」。

 天北線の中間駅、興浜北線の始発駅でした。もし興浜線として全通していれば終点となるはずだった駅。

 上の写真は1981年8月撮影。

 ミニサボは他にも懐かしの駅名がたくさん。岩内、中湧別、十勝三股…。

 

 多くのブースで人気商品は売り切れ続出。物販狙いなら午前中が勝負かも。今日いく方、ご健闘をお祈りします。

 そうそう、日比谷公園内の隣接スペースでは、「東京味わいフェスタ2018」も開催中。お腹がすいたらこちらへ。

 


にほんブログ村

 鉄道コム