夕陽を受けてステンレスは輝く | たまてつ

たまてつ

多摩地域(東京都西部)の今と昔の鉄道写真を中心に、
たまには他の地域の写真や鉄道紀行のことなども


テーマ:

「とっておきの場所がある」

と、偶然に会ったやまばと6号さんととうさいさんに言われてついて行った時の、夕刻の写真です。

 

撮影年月日:2018年3月25日
撮影場所:中央本線 初狩~笹子
カメラ:Nikon D7100
レンズ:TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005)

 

 そう広くはない、とはいってもクルマ数台は停められるほどの河原から西の方に目をやると…。

 線路と川を渡る道路橋の下に、傾いた日を浴びて輝くステンレスの車両と架線。

 

 ここを通る全ての列車が、側面いっぱいに夕陽を浴び、輝きながら通り過ぎていきます。

 

 それはステンレス車に限りませんでした。

 

 特に側面の面積が大きい、2階建てのこの車両は…。

 光る面積も広大。

 


にほんブログ村

 鉄道コム

キョーリュウさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス