シェフ前田氏の北海道食材愛と軽快な話術にグッときた!赤坂。かなり賑やかな大通りそこ... | GLITTERオフィシャルアンバサダーえりぞうの麻布とお酒と夜遊びと。

GLITTERオフィシャルアンバサダーえりぞうの麻布とお酒と夜遊びと。

麻布在住
夜遊び大好き。
パーティー大好き、ファッション、美容が大好き。壇蜜さまが命で、師匠と思ってます

読者登録大歓迎お待ちしてます

雑誌グリッターオフィシャル公式アンバサダー&ブロガーです。

この投稿をInstagramで見る

シェフ前田氏の北海道食材愛と軽快な話術にグッときた! 赤坂。かなり賑やかな大通り そこから更にビルの間を奥に入ります。 むちゃくちゃ見つけづらい! はい隣のビルにしっかり行ってしまいました。 中に入ると黒を基調にしたスタイリッシュな内装。カウンターがメインで、6席。目の前でシェフのお料理が見える特等席。個室やテーブル席もあります。 店名のEZOは北海道の蝦夷のこと。 北海道出身のシェフが北海道の食材を使い ながら作る創作フレンチ料理です。 @ezomaeda ○フレッシュモッツァレラ 本当フレッシュ!豆腐に通じるものがあるなー、と。炒めた玉ねぎ、アンチョビのペーストとオリーブオイルがホントいい塩梅。期待が高まります。 ○料理のつなぎ、って出してくれたレーズンとくるみのカンパーニュ、これに鳥の白レバーとオレンジカラメルのパテ。鉄板の組み合わせながら、パテよしパンよしで相当美味しい、食べすぎ注意です。 ○夏らしく水ナス。塩水ウニがのり、さらにその上にフレッシュなウニ、塩水ウニの軽ーい塩気が口の中でいい感じにまとまります。夏の旬の味、満足します。 ○カキフライと夏野菜がトマトのクーリー、って言うソースに浮いてます。フレンチ不慣れなのでシェフに聞いて勉強、玉ねぎとニンニクのベースに軽いトマトの酸味、カキフライの旨味がすごい引き立ちます。 ○蝦夷鹿の綺麗ーなレアステーキ、ロッティっていうのかな、に黒トリュフ、レバーが添えてあるロッシーニ仕立て。 グラメゾン東京にも登場した蝦夷鹿。 ちなみにグラメゾン東京に出てきた 蝦夷鹿と同じ狩人さんなんだとか!笑。 トリュフは本当いい香り。ステーキを贅沢にトリュフに絡めて、レバーをのせて、、至福ですよね! 添えてあるインカの目覚め、めちゃくちゃ甘くて美味しい。 ○オマール海老のビスクカレー 海老の旨味全開、でスパイシーなスープカレーっぽい〆、凄い美味しい、即完食。最近、ランチでもやってるそうです。 北海道の素材を生かしたフレンチってことですが、本当、その通り!素材が立ってソースで更に引き立つ、で5連勝です。全部文句なしで大満足です。さらにシェフの前田氏は会話も上手。笑。 ぜひお料理と楽しい会話を体験してみてください。 #EZO #赤坂フレンチ #赤坂ezo #隠れ家 #赤坂旬の素材 #赤坂ワイン #赤坂デート #pr #トリドリベース

えりぞう(@erizo0012)がシェアした投稿 -