シロクマ開発研究所*(ハンドメイドアニマル&アクセサリー)

粘土と レジンで リアルな動物パーツを制作しています


テーマ:
こんにちは。
いつもご訪問頂きありがとうございます。
シロクマ開発研究所*のNatsuですペコリ


前回記事から開いてしまいましたが
下塗り②です。

それでは、サクサク本題!

●黄変しやすいレジンキャストへの対策

これは中々難しいのですが、
2度目の下塗り(ver,ホワイト)
として私は




白く塗ってしまいます。

オイコラ!同じやんけ(*`Д´*)

い、いえねこ汗
確かにやっている事は同じなのですが、
意味は全く異なるのです。

★前回、
ゴールドの下塗りに白を使ったのは
ゴールドの塗装を明るく表現するため。
(成形色が黄土色なのでこちらの黄変は認識出来ない程度です。)

★今回、
成形色が白の物をわざわざ白く塗装したのは
黄変しやすいホワイトのレジンを塗料で隠してしまうため。

これは以前行ったレジンの黄変実験(→)で
レジンキャストだけの物よりも
レジンを白く塗装した物の方が白さを保つ事が出来た結果に基づいて行っています。
(多分、レジンよりも塗料の方が黄変するまでの時間が長いのでしょう。)



白い塗料なので紫外線をブロックする力は弱く恐らくレジンもうっすら透けて見えているはずですが、ある程度白さを補強する効果はあると思います。

余談ですが、完全にばっちりな白には敢えてしないようにしています。
ホワイトのレジンキャストには僅かに透明感があり、これが樹脂特有の明るく軽い質感を作ってくれるからです。

この上からパールホワイトなどを重ねて
雪のような僅かに煌めく質感を作って行きます♪

(パール感を写真に写せたためしはないですが(^_^;))


塗装が出来たら
装飾の前にUVカットのトップコートを吹いて
紫外線対策は終了です。
装飾後、塗面保護の為に全体をUVレジンでコーティングしますが
私の場合UVレジンの上にはトップコートを吹きません。
ラッカー系が一番上(手に触れる場所)に来るのが嫌なのですねねこ汗
(この辺りは作り手によって違うかもです)

と、こんな感じで
少しでも白さを保ち長く使って貰えるようにしています。

これからはレジン以外の素材にもチャレンジしたいのですが、個人的にレジンキャストの「わずかな透明感」と「白いところ」が大好きなので、今後も弱点を穴埋めしつつ上手く付き合って行きたいと思いますキラキラ

この度も
長い記事に最後までお付き合い頂き
ありがとうございました!

シロクマNatsu

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。