第7回イベント「どんぐりかいぎ どんぐりリレー」~門別のこどもから浦河のこどもへ~ | デジタルなどんぐりのCafe

デジタルなどんぐりのCafe

デジタルなどんぐりのCafe


テーマ:

URADOどんぐりかいぎ

■イベントレポート■

第7回イベント「どんぐりかいぎ どんぐりリレー」~門別のこどもから浦河のこどもへ~


 2014年11月28日に実施した門別小学校の木育授業の課外学習にて、子供たちひろったドングリをポットに植えて苗木を育てるということも行っています。
一方、浦河の西舎の子供たちも毎年、桜の苗木の植樹会等に積極的に参加してくれています。そのような背景があり、浦河の子供たちと相談したところ、どんぐりで何かしてみようということになりました。
 そこで、門別の子供たちが拾ったどんぐりを浦河の子供たちと実行委員会が引継いで植えて育ててみようと思います。

 また、今後は日高胆振管内の子供たちから「どんぐり」を預けてもらいポット苗として育てて、近い将来に苗を子供たちに戻して植えてもらう。あるいは、「どんぐり」どうしを子供たちが交換してポット苗をつくる等の仲介を「どんぐりかいぎ」が担います。
 その仲介業務の呼称として「どんぐりバンク」と呼ばせていただきます。なお、「どんぐりバンク」には、お金を預金できません。

▼1

 今回は、門別の子供たちが拾ったドングリを、浦河の子供たちが受取りに来てくれました。受け取りの場所は、厚賀トンネルJV事務所の2階会議室です。
 12月23日(火)に、「クリスマス育樹パーティ」を浦河町西舎で行って、受取ったどんぐりをポットに植えて育ててみます。


digital-acornsさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス