羊飼いの戯言

作品の感想や雑感をつらつらと述べたblog


テーマ:

 というわけで『Princess a la mode』ツアー初日のグランキューブ大阪公演に参加。去年の10月に国際会議で来ましたが、ライブで再訪することになるとは予想だにしませんでした。


 羊飼いの戯言-グランキューブ大阪


 新大阪から御堂筋線で淀屋橋町まで出て、そこからタクシー。相変わらずなんつー行きにくい場所にあるんだろう。会場に入っても5階まで上ってようやく大ホールの入り口があって、そこを抜けるとさらに高みに上っていく感じで結構標高の高い場所に会場がありました。


 羊飼いの戯言-コールブック


 入場列に対して恒例のコールブックが配布。今回もきちんとオフセット。部数を考えるとお金かかるでしょうに、いつもお疲れ様です。

 羊飼いの戯言-物販  羊飼いの戯言-スタンプ

 まずは物販コーナーと入国スタンプコーナーへ行ってペタリ。パペットの新色(ぷりん、黄色)は影も形もありませんでしたが、最初から大阪で買うつもりはなかったのでまぁいいです。一応タオルは現地調達するつもりだったので購入。今思うとスタンプがサンタコスのフラグだったのかぁ。


 初日の席は前から5列目のほぼ中央の通路席ということで相当見やすい席。もっとも客席の様子をつかみ難いので、初日の配置としては余り嬉しくないのですが(贅沢な悩み)。おかげで何度か後ろを振り返って客席の様子を観察する羽目になったのですが、そのたびに真後ろの人に若干怪訝な目で見られた気がします。

 ステージには幕はかかっておらず中央のスクリーンにライブツアーのロゴが投射されていました。バンドセットが舞台に組まれており、今回もバンドが同行していることが明らか(そもそもバンドリハの様子が報告されていましたが)です。

 開演はちょっと押して19:15でした。先ずはセットリストを乗せておきます。


01.You & Me
02.100 CARAT HEART
03.恋せよ女の子
(MC1)
04.虹色バルーン
05.mon cheri
06.ラブサイン(多分)
(桃色男爵紹介映像)
07.プレゼント(アコースティックバージョン)
(MC2)
08.My wish My love
09.Luminous party
(桃色メイツ)
10.満月のセンシビリティー(多分)
11.永遠
12.Sand Mark
(バンド演奏)
13.星屑スパイラル
(MC3)
14.キューティーハニー(懐かしのアニメソングコーナー)
15.お気に召すまま
(園児服ゆかりん映像)
16.チェルシーガール
17.恋するラズベリー
(MC4~めろーんコーナー)
18.Cutie Cutie
19.fancy baby doll
20.惑星のランデブー
21.Cherry Kiss
22.Super Special Smiling Shy girl
(encore)
23.星空のSpica
24.Tiny Rainbow
(MC5)
25.パピィラブ
(MC6)


(以下詳述)


  前奏でバンドメンバーが登場してセッティング。程なく火薬の特効と共にが登場。
01.You & Me
 OPは新曲『You & Me』。武道館の時もトップは『チェルシーガール』だったので、最近は発売直後でも良く出来た王国民なら予習は完璧なはず、と信頼されているんですかね。ちなみにラップ部分はmotsuさんの声も流れてはいましたが、ショート部分は客席からも相当声は出ていました。もっとも長い部分になると突然ボリュームが落ちるので完璧ではないのかな、管理人は数十回リピートして声帯レベルで叩き込んでいます。
 ちなみに個人的には「二人だけの世界or二人だけでいたい」の後の小節からPPPHにすると良いと思うのですが、客席は全体にその前のメロディー部分から名前被せPPPHになっていました。確かにそういうコールにしたくはなりますが。
02.100 CARAT HEART
 『ゆかりちゃん祭り』で散々歌われたけど、その浸透度合いをかっての起用でしょう。
03.恋せよ女の子
 特筆すべきはUOがほとんど発動しなかったこと! パペットの出番はここだけでした。パペット曲の『シュガーチューン』と差し替えになるでしょうか。


(MC1)
 「こんばんはー、田村ゆかりです。ということで始まりました『アニメロミックスpresents 田村ゆかり Love Live 2009-2010 *Princess a la mode* グランキューブ大阪!』」と言いつつ手をバタバタ。
 「皆に手を振ってるんじゃないよ、『誰も君に手を振ってないよ?』 出てきた時、火がバーンって凄かったから煙いじゃない。取り敢えず座っても大丈夫ですよ(ハーイ)、座りたければ座ればいいじゃない?」 微妙にツンデレ風味にしつつ定番の「お座り!」→「ハーイ」コンボ。fancy baby dollツアー@名古屋から始まったこのやり取りもすっかり定番になりました。いかにもと王国民という生暖かい雰囲気で好きです。


 「ということでいよいよツアーが始まりましたね。四箇所しかないんですけど。そして、何と平日。皆今日は平日だよ? 冬休みなのかな? 会社で無理言ってきた人? 毎日が冬休みの人? …いっぱい居た。でも毎日が春休みよりはいいよね」 管理人も午後に年休を取りました。


 「クリスマスなんですよ。あ、パペットのクリスマス衣装を作っている人がいる、自作自演な感じで凄いね。今日クリスマスだけど、皆のところにサンタさんは来た? ゆかりの衣装は『アリス』だけど。サンタさん知らないし、(今日のライブと)クリスマス関係ないからね。行きの新幹線の中でギターのJACKが鞄にゴソゴソ何か入れてくれたけど『クリようかん』が出てきた。後、昨日鞄の中からもらったランチパックの蜂蜜味が出てきて、どっちも美味しかった。」 ここでのの衣装は青い『不思議の国のアリス』風味のドレス。
 「皆、鳥とか食べた? あれ、クリスマスの話題は禁句なの? 皆、ちゃんとクリスマスイブは倒せた?」 ギリギリのゾーンにビーンボールまがいのネタを投げてくるコントロールは抜群です。
 「客席にサンタさんいるけど触れない方がいいのかなぁ。(管理人の近くにサンタコスをした『げにん』さんが居ましたが、アフロよりは視界を遮らなかったので良かったかな(笑)) 女子のサンタガールがいるよ、いいですね。後は何の変哲もない、いつもの人たちが。」


 「ゆかり重大なことに気づいた。進行上の合図、今日はどこから出るんだろう? あ、(モニターに)出てる。でも知らんぷりしちゃお。大阪近辺の人? (半分くらいで)半端な感じだね。今日会場に来て堂島ロールを食べた、いいでしょ? あれ、あんまり良くないの? 美味しかったよ。けどこれ以上の感想は出てこない。そんなゆかりのクリスマス。これでケーキ食べたことになるから後はチキン」 この辺はイヤモニの具合が悪かったのかしきりに気にしていたので、ちょっとチグハグだったかも。


 「それでは今日はまだまだ続きますので楽しんで行って下さい。『虹色バルーン』」


04.虹色バルーン
 一度奥に引っ込んで衣装換えをしますが、ちょっと長く感じました。裏に引き込んだ際に、イヤモニの確認とかも合わせて行っていたのでしょうか。
 パラソルを使った後はステッキにバラがついた小道具を出しますが、バラがほどけると新体操のリボンに。ダンサーさんとコレを振り回すのはステージ映えしました。
05.mon cheri
 歌詞を考えるとBメロは名前被せをしないPPPHでいいかなという印象、従って警報(『ハーイ、ハーイ、ハイハイハイハイ』)も管理人は入れていません。警報が名前被せの先触れであることを知らないで使っている人もパラパラいますが、それは現場で場数を踏んで覚えればよいことだと思います。
06.ラブサイン(多分)
 振り付けが可愛いのと、サビの最後に『あぁーん』と甘えるような声が入るのが可愛らしいです。歌い終わっては一旦退場。


(桃色男爵紹介映像)
 まさにゃん、ズッキーニ、JACK、じゅりあん、はた坊と構成メンバーに少し入れ替えがありました。一言ずつ挨拶。


07.プレゼント(アコースティックバージョン)
 『Princess Rose』のc/wで入った時「冬っぽい曲、クリスマスっぽい曲」と言っていたので、今回歌われても不思議ではなかったのですが、『DMC』の記憶も呼び起こしてくれて涙腺を緩ませてくれました。今回はアコver.での演奏でしたが客席も自然と座って聞き入ってましたし本当に良い歌でした。でも福岡以降は差し替えになるかな…。


(MC2)
 「アコースティックでクリスマスら辺の歌、冬ら辺の歌、『プレゼント』を聞いてもらいました。…メリークリスマスッ!(こぶしを利かせた口調で)」


 「何よりも良いプレゼントを自分で発見しました。デジカメを発見したの、捨てたと思ってたやつ。ひょっこり出てきてスッゴイ嬉しかった。旅行用の(カート)鞄の上のポケットにいたずらに手を突っ込んだらMellow Prettyの巾着が出てきて、中にデジカメが入っていた。いい子にしてたからかな、プレゼントって自分で勝ち取っていくものかなって思った(拍手)。データを移動していなかったの、弟の結婚式の写真データ。お母さんに『デジカメ、捨てちゃったかも』とも言えなくて。でも、カメラは家の何処かに置いてきちゃった、データも移動しないままで。ポーチは新幹線に乗るからPSPの電池、1800mAとか書いてあるやつを二つ入れて持って来てある。」 ラジオでもゆうきさんの結婚式で使ったデジカメを紛失したことを語っていましたが、恐らく7月に使った旅行用のカートに半年間そのまま放り込みっぱなしだったのでしょうね。どんだけずぼらなんだ(笑)。


 「願いってかなうものなんだね~、ごめん、次の曲に上手いことつなげようとしたんだけど無理だった。来年の01.27辺りに…27なの? 01.27に発売になる『My wish My love』を歌おうと思うんだけど、そんなに望まれていなければ歌わなくても(エー)どうしようかなぁ(エー)どうしよう、じゃあしょうがないので、ウソウソ、歌いたいと思います」


08.My wish My love
 劇場版なのはの主題歌にもなっているスローバラードです。
09.Luminous party
 ロボットっぽい振り付けが目を引きました。
 サイリウムを頭上に掲げて左右に振る動きもありますが、ミラー(壇上と客席が合わせ鏡になる)の動きが綺麗に揃っていて美しかったです。個人的にはSMWの『Melody』、DMCの『プレゼント』と思い入れのある動きなので、それが取り入れられているのは嬉しいですね。
 『木漏れ日の花冠』で歌われていない曲からは『Luminous party』が入るかな、と予想していたので当たったのもちょっと嬉しかったです。終わっては退出。


(桃色メイツ)

 ダンスでつなぎ。


10.満月のセンシビリティー(多分)
11.永遠
 『Little wish~lyrical step~』のc/w。2005年のSpring fever以来久しぶりでしょうか。「永遠はあるよ。ここにあるよ」というフレーズに反応できる人も大分少なくなりました。
12.Sand Mark
 スタンドマイクを持ち出して歌うが格好良かったのですが、スタンドポールを撫でる手つきの色っぽさもなかなか。『きらら時間旅行』のPVを思い出しながら聞いておりました。このゾーンは紫のスパンコールドレスというアダルトな雰囲気が光りました。


(バンド演奏)
 この時点で1h15m経過。福岡だとボチボチカウントダウンが気になり始めるタイミングですね。


 何とまぁ、帽子をかぶったノースリーブのミニスカサンタガールの格好で登場。2002.12.22@杉並公会堂で行われた『花降り月夜と恋曜日。』の発売記念イベントで恋の天使と共に舞い降りた時にこの格好だった覚えが。7年前でしたが完全抽選のイベントだったにもかかわらず前から7列目のほぼ中央という良席だったこと、当選葉書が来た時マンションのメールボックスの前でガッツポーズをして雄叫びを上げたこと(迷惑)を覚えています。


13.星屑スパイラル

 Bメロでのリウムアクションが『かざし』(曰く、「今日も何かを捧げている」動き)になっており、曲調にあった演出となっていました。


(MC3)
 「はい、ということで『星屑スパイラル』聞いていただきました。さっき気づいた人いるか分かんないけど、『Sand Mark』歌っている時お水を倒しちゃって、この辺おもらしみたいになってる。倒れた水は新しくなってる、お金持ち! 銘柄はvolvic!…のはず。特にこだわりはないです。サンタの衣装を着たんですけど~」と改めてお披露目。これは二度とは見られないかもしれませんね。


 「次はゆかりだけが楽しい懐かしアニメのコーナー。コーナーと言いつつ一曲ですけど、なーんだ? なーんだ? 結構古いよ、でも何度かリメイクされている曲を歌うんですけど、あっという間に終わるからビックリしないでね。昔の曲って短くない? 本当にあっという間に終わるからビックリしないでね。盛り上がるかな~、でも皆盛り上げ上手だもんね?そして一瞬で歌い終わって何事もなかったように次の曲に行くからね? それでは昔懐かしのアニメソングのコーナーです! 『キューティーハニー』!」


14.キューティーハニー(懐かしのアニメソングコーナー)
 一番のBメロが名前被せPPPHで行けるとみるや、二番で警報入れて名前被せPPPHを誘発したヤツは手を上げなさい(ハーイ)。
 実際客席の練度が高すぎて、二番の「ゆーかりっ、Fu!」が揃っていたためが歌いながら苦笑いしていたのは見逃しませんでした。2008 FCイベント@福岡での『若鷹軍団』を一瞬にしてゆかり曲に染め上げる手腕といい、鍛えられた王国民の統制力は本当に凄いです。
15.お気に召すまま
 武道館のときと同様にウェイトレス風の小芝居を入れながらの振り付け。終わっては退出。

(つなぎ映像)


 ゆかりとneco & nekoの寸劇映像。ドリフのコントのようにかくれんぼ&追いかけっこをする様子が流れますが、途中園児服コスのが映ると歓声が上がりました。大人っぽい衣装から園児コスまでこなす芸幅の広さに改めて感心です。でも、個人的にはダボーッとして身体の線を隠すような衣装(TV版Zガンダムのフォウ・ムラサメみたいな…例えが古いw)が珍しかったので印象に残りました。


16.チェルシーガール
 間奏での長口上(誰にも負けないこの気持ち ゆかりに向って咲いている 世界でいちばん大好きな ゆかりにもっと恋したい!)は圧巻の浸透ぶりですね。最後に「瞳が大好きだよ」に重ねて「ゆかりが大好きだよ」を叫ぶのも忘れずに。
17.恋するラズベリー
 一番のサビでめろーんステッキをジグザグに振るタイミングを間違って(早まって)恥ずかしそうにする。前の方だとちょっとした仕草や表情の変化を捉えられて楽しいです。

 一番の最後で「ゆかりに恋するラズベリー」を叫んでいる人は少数でした。


(MC4~めろーんコーナー)
 「はーい、というわけでめろーんステッキは今日はコレで御役御免ということで(エー)。だって、皆、もう飽きてるでしょ。絶対、皆飽きてるもん。それにやる予定じゃなかったから段取りを知らない人がいる。知ってる? ズッキーニ知ってる? はた坊知ってる? (うわさで…) じゃ、誰からやりたい?」 恒例のバンドメンバーいじり。「前に出てきてもらおうかな、こっちにいらっしゃい、ステージのセンターへどうぞ」と招じてめろーんを発動。最後のまさにゃん&ズッキーニは抵抗する素振りを見せたため、「地球の皆、おらに力を! 元気めろーん! Sparking!」で客席爆笑。よくぞまぁポンポン小ネタが出てくるものです。


 「めろーん終了です(エー)。皆元気をくれたからヘトヘトじゃないの? そんなことないか。ここ何階まであるの、二階? …じゃあ二階は放っておいて一階から。めろぉーぉー…ぉーおぉーん」と一階の客席にゆっくり時間を掛けて、途中お水を飲んだりしながらゆっくりと発動。照明さんも客席を照らしますが「すごい、ライトが当たって客席が魑魅魍魎みたい」
 「二階、めろーん!」であっさり(エー)。流石に「もう一回!」コールが沸き起こり「めろーん、めろーん、はぁ~、何か疲れてきた。全体でめろーん、めろーん、めろーん、めろーん」と発動。その後はターゲットがイベンターさんに移り「係員にもやるよ、めろーん、…効かない。めろーん、…効かない。この人はなんか微笑んでいるからやってくれそう。今はその綱(場内整理のロープ)を離しても皆、暴れたりしないんで大丈夫です。めろーん(うわぁー)、…やった、勝った。自由自在だ」 場内整理のアルバイトのイベンターさんには『めろーん』とやられた時の反応について注意事項説明があるらしい(以前情報を下さった名古屋のイベンターさんの記事 )のですが、仕事とどちらを優先させたらよいか、判断に迷うでしょうねぇ。

 それにしてもめろーんステッキも2004年さまぁらいぶからやってますから、もう丸五年になります。


 「久しぶりにこの曲を歌います」で、ここからは『みんな大好きゾーン』へ。


18.Cutie Cutie
 こので・じ・くまっちゃ、『みんな大好きゾーン』の中でペース配分を忘れた…(ランバ・ラル風に)、という位にイントロを聞いてヒートアップしてしまいました。腕を振り過ぎていると筋力って低下するんですねぇ。

 ちなみにBメロは名前被せPPPHではなく裏1の跳び方なので、警報(『ハーイ、ハーイ、ハイハイハイハイ』)は入りません。警報はあくまで後ろに名前被せPPPHが続く先触れですので。
19.fancy baby doll
 「世界一可愛いよ」に対する返しは、一回目は「聞こえない」、二回目は「ありがとう」でした。なお、1番では「世界一可愛いよ」を叫ばず、2番と繰り返しでそれぞれ叫ぶのが基本。が客席にマイクを向けるのも2番と繰り返しのところだけですしね。

 恒例のウサギ投げはまだまだこの曲で。
20.惑星のランデブー
 ぱらぱらとUO折る人々が。それでもDMCのDVD/BDでの注意のせいでしょうか、大分少なくなったように思います。
21.Cherry Kiss
 ギター組が前に出てきてモニターに足を掛けて演奏するのを見て、真似して足を乗せて歌う。スカートではなくパンツの時は似合うかもしれません。ちなみにこの姿勢を日本で流行らせたのはヒムロックです。
 「最後の曲です」で一呼吸入れて。
22.Super Special Smiling Shy girl
 コールは結構声が出ておりました。最後に一階右、中央、左、二階の順に『Super Special Smiling Shy girl だいすき/わらって』を掛け合う演出が入ったのは予想通りでした。


 歌い終わって「ありがとうございました」で袖へ退出。ここで21:40。


(encore)
 開始は21:45。
23.星空のSpica
 この曲も名前被せPPPHはそぐわない気がするので、管理人は控えています。
24.Tiny Rainbow
 ここでもサイリウムを頭上に掲げて左右に振る動きもありますが、ミラーの動きが綺麗に揃っていて美しかったです。速度に緩急をつける工夫もなされていました。幕張の映像もそうでしたが、全景を見た時に非常に映えそうです。


(MC5)
 「今歌ったのは『Tiny Rainbow』。『My wish My love』のc/wでリリカルなのはのゲームの曲です、言えた!」


 「ここで一度も紹介されなかった人達を呼ぼうと思います。くすんでない方のネコ、カモーン!」で呼び込み。客席前方の桃猫団の旗を見て「きたねいネコ、くすんだネコが映っている」でくすんだ方のネコも呼び込み。そのまま寸劇が始まり、拍子を取りながら今来たくすんだネコをUターンさせて袖へ追い返すように仕向けていきますが、その動きが徐々にスピードアップするのに合わせて客席からの手拍子も徐々にスピードアップしていきました。全くアドリブにも関わらずステージと客席がきっちり連動しており、対応力に感心。


 「ネコとネコです。名前が難しい。neco と nekoだからね。制作の坊主の怖い人(通称:入来、本名:御沓純一郎、アップフロントプランニングのスタッフさんです)、今、髪の毛のカラーリングを失敗してひよこみたいになっているけど、ねこのことをぬこって書くの。映像の絵コンテもぬこになってた。映像は中の人が(ライブと)違うの。ガワだけあればいいからね。今度『ネコの中に入りたい人選手権』やろうか?」 客席からは「中の人などいない」という定番のツッコミ。


 「ダンスが入ると一曲しか駄目じゃない? 2曲連続は(暑さで)死ぬんで無理ですって。30分喋っているのは大丈夫なの? 軽い動きは大丈夫? 運動も大丈夫? 腕立て伏せは出来るの?」 くすんでない方がtryしますが、つぶれて「かわいいー」の声が。
 「ずるい、ゆかりも可愛いって言われたい! 一度も腕立て伏せ出来たためしがないですけどね」と言いつつステージ上で腕立て伏せをしようとしてつぶれて、そのままゴロゴロ転がる。スカートでしたし、前列右側の人には眼福だったのか…な…(笑)?
 「うさぎ跳びは出来るの? あ、ネコだもん、2階からくるっと身を翻して飛び降りるのは出来る! ちょっと、この会場キャットウォークないの? 無理か、いつか出来るんだろうね、見てみたいな」 キャットウォークとは高所用の通路のことですが、文字通りネコしか通れない高所の細い足場にちなんで名付けられましたが、よくもまぁパッパッとトークが展開しますね。


 「それでは最後の曲に行こうと思います。(エー)皆、知らないかもしれないけど、25曲目なんだよ」


25.パピィラヴ
 『花冠』収録曲でDMCに起用されたもののうち、『パピィラヴ』は二回目があるかも、とは予想していましたがラストナンバーになるとは思いませんでした。
 曲の最中に舞台上から降ってきた特殊効果の紙飛行機の正体は、薄くスライスした発泡スチロールにライブロゴをピンクで印刷したもの。お持ち帰りぃ~。


 羊飼いの戯言-紙は舞い降りた


 歌い終わって一列でお辞儀をして、以外は袖へ捌けます。


(MC6)
 右側から、中央、左側へと恒例の客席へのバイバイ。一階・二階を問わず、本当に一人一人に届かんばかりに手を振ってお別れの挨拶をしていきます。基本的にが今、手を降っているところの国民が手を振り返したり「せーのっ、ゆっかりーん」コールを届け、他のゾーンの国民は拍手で包むという構図が、いかにもゆかり王国らしい暖かさがあって好きな光景。
 中央に戻ってきたを全体からの拍手が包み込みます。
 「今日はとっても楽しいクリスマスをどうもありがとうございます。お家に帰るまでが遠足です、ふふ、笑いすぎて口角が痛くなっちゃった。今日はどうもありがとうございました。二階、すっごい後ろまでいるんだね、どうもありがとう! 本当に今日は楽しかったです。ありがとうございました。」
 投げkissを二回送って袖へ消えて終演となりました。(一部の例外はありますが、投げkissは「終わりだよ」のサイン。)
 終演は22:10。最近は曲数の増加もあって、三時間近いライブが普通になりつつある気がします。


 終演後には有志の呼びかけで三本締めが行われましたが、ちょっと仕掛けが早すぎた観がありました。今後に期待。



 改めて見返すと結構内容的に盛りだくさんで、いつもののライブに近い構成・雰囲気になったなぁと思います。但し曲数が多く、「一通りこなすのに精一杯」だったかな、といった印象も拭えませんでした。もちろんとても楽しかったし、7年ぶりくらいにの可愛いサンタコスも見られておなかいっぱいでしたが、要素を詰め込みすぎて順々に並べていくのに必死で、完成度としてはまだまだ上げられるだろうと期待。

 まぁ、公開リハーサルといった感じで、来週の福岡を経て名古屋くらいで仕上げていければ十分だと思いますし、回を重ねるごとに成熟していく様を楽しめるのがツアーを全通する醍醐味でもあります。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

で・じ・くまっちゃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。