2007-04-25 02:59:15

stack44 - clockwork

テーマ:邦楽ロック:メロコア
STACK44
CLOCKWORK
  1. clockwork
  2. by the spell
  3. the place which need me
  4. opening
  5. right away
  6. call for houston
  7. an amulet 44
  8. angel
  9. long for night
  10. the meaning of your life
  11. turning point
  12. HOME

タワレコ等で激プッシュされてますね、コレ。

エルレ好きはマスト!!!!みたいな。


はい、要はメロコアです。

Northern19、一番近いかな。


悪くない。


#1「clockwork」は疾走感がテンションあげてくれるし、ハンドクラップがいいリズムを刻む。

かっこいい曲。


他もまぁまぁかっこいい曲あるんだけど、逆に言えばそれほどっていう。


今いちガツン!と来るものが足りないかなぁ、と。


簡潔に言えば、インパクト不足!


1曲いい曲あるだけのアーティストなんてたくさんいるし、

やっぱり彼らだけのオリジナリティを身につけって欲しいと思う。


ということで、僕はアイデンティティの確立されたアーティストが好きです。

というお話。


いや、でも、実際これノーザン、OAT好きな人ははまるかもですよ!


☆これらのアーティストが好きな人はこの作品も気に入る!・・・はず☆

◎Northern19

○Too Close To See

△ELLEGARDEN

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-12-05 11:56:24

Northern19 - EVERLASTING

テーマ:邦楽ロック:メロコア
Northern19
EVERLASTING

indiesmusic.com であまりにも絶賛されてたからまた買ってしまった。


タワレコがガチャピンステッカープレゼントとポイント2倍なんてやるからさー。


最近indiesmusicで絶賛されてるものばっか買ってる気がする。


でもindiesmusicの回し者とちゃいますよ。


いや、それにしても、またすごいのが出てきたよ、Northern19


疾走感と哀愁感をあわせもつ王道メロディックを突き進む3ピースバンド。


音はど・メロコア。


locofrank、dustbox、OVER ARM THROWに限りなく近い。


とりあえずここ好きな人は聞いて間違いない


1stアルバムならではの勢いもバッチリ。


#1「STAY YOUTH FOREVER 」からエンジン全開で駆け抜ける11曲。


お勧めは#1、#2、#5、#9、#11。


メロディセンスもよく、これからが期待大。


ただ、個人的には王道メロコアより多少趣向をこらした音のほうが好み。


王道じゃフォロワーといわれてもしょうがないからね。


一回聞いて、これはあのバンドのだ!って確信できるぐらいのオリジナリティーがほしい。


声でもいいし。


正直、dustbox、OVER ARM THROW、そしてNorthern19のどれかの新譜って言われて聞かされても

正解できる自信あんまないなぁ。ロコはなんとか声でわかるかも。


でも機会があればライブも見てみたいね。


☆これらのアーティストが好きな人はこのアルバムも気に入る!・・・はず☆

◎locofrank,dustbox,OVER ARM THROW

○ELLEGARDEN

△Hawaiian6





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-11-16 00:54:28

ELLEGARDEN - ELEVEN FIRE CRACKERS

テーマ:邦楽ロック:メロコア
ELLEGARDEN
ELEVEN FIRE CRACKERS

やっとこさ書きます。

エルレ、ものすごいことなってるね。


前作「RIOT ON THE GRILL」はインディーズ作品ながら30万枚の大ヒット、シングル「Salamander」はオリコン初登場第3位。

完全にこのアルバムバカ売れの下地は整っていた。


予想通りのオリコン初登場第1位。


だが、そんな数字よりも

インターネット上のあらゆる賛辞、各レコード店の激押しっぷり、ライブチケットのとてつもない競争率が、

そして何よりライブ会場でのあのみんなの笑顔がELLEGARDENの今の人気を物語っている。


5作目となる今作は「Space Sonic」「Salamander」の流れを汲むハードで男らしいロックなアルバム。

ポップで明るい曲が目だった3rd、4thとは少し違う、これがELLEGARDENの現在進行形。


全体に暗い感じの曲が多いので最初は少々とっつきにくかった。

けれど、やっぱりELLEGARDEN

聞いてくうちにすぐ「もう終わり?あっという間だな、足りないよ!」という感覚に陥る。


世論的には「Gunpowder Valentine」と「高架線」が人気みたい。

僕のお気に入りは「Marie」と「高架線」かな。



以下、ちょっとした感想を少しずつ。


1. Opening

  これ、いるかな?イントロな感じであるのはいいと思うけど作るならもう少し作りこんで欲しかった。

2. Fire Cracker

  今回のキーとなる曲。でも個人的にはあんまりかな。

3. Space Sonic

  最初シングルで聞いた時はそんな好きじゃなかったけどだんだん聞くうちに好きになった。

  そしてアルバムで聞くとやはりかっこいい!と思える曲。激しさ満点ロックな曲。

4. Acropolis

  サビとかちょっと洋楽ぽいと思った。

5. Winter

  冬の曲なのかな。でも今年冬の曲でバンアパ「Can't Remember」に勝てる曲はないんじゃないかなー。

6. Gunpowder Valentine

  最も激しく最もライブ受けしそうな曲。確かにライブで聴いたらかなり好きになりそうだ。

7. アッシュ

  実はこれが一番エルレっぽい曲かなと思ったり。コレも是非ライブで聴きたい。

8. Salamander

  新録バージョン。なんとなくシングルよりかっこいい!これも最初そんなだったけど好きになった!

9. 高架線

  泣かせポイントもかかさない、エルレはさすがだ。サビ後のアルペジオのところが激ツボ!エモい!

10. Alternative Plans

  コレも新録。隠れファン多し!?な曲。

11. Marie

  「RIOT BBQ SONG」のような最後にふさわしい爆発系ソング。

  やっぱこの終わり方いいね!激しく切なく!


という感じ。個人的には前半の流れより後半のほうが断然好き。

でも残念ながら僕の中のエルレランキングベスト5を揺るがすほどの曲はなかった。


僕のエルレ大好きな曲ベスト5(順不同)

「Surfrider Association」

「月」

「Missing」

「The Autumn Song」

「Supernova」


ライブで好きな曲だと、

「Red Hot」「ジターバグ」「風の日」がランクインするね。


完全に日本の音楽史に名を刻むほどの地位まで上り詰めたELLEGARDEN。

世界へも徐々に進出し始め、その勢いはとどまることを知らない。


このモンスターバンドはどこまで大きくなるのだろう。


そうそう、ロッキンのライブ映像見た。鳥肌たった。

ライブ、いかなきゃ。いかなきゃ!!


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-11-12 20:11:17

TROPICAL GORILLA×BEAT CRUSADERS - CELL NO.9

テーマ:邦楽ロック:メロコア
TROPICAL GORILLA×BEAT CRUSADERS, トロピカル・ゴリラ, ヒダカトオル, ビート・クルセイダース, BEAT CRUSADERS, TROPICAL GORILLA
CELL No.9

1. STATIC BITER
2. FREEDOM
3. JAPANESE GIRL
4. 5 UGLIES FATTY HEAD
5. CRUSH ON HYDRA
6. DROOG IN A SLUM


YOUR SONG IS GOODに引き続き、BEAT CRUSADERSコラボシリーズ第2弾はTROPICAL GORILLA


こちらもけっこう昔からいるバンドさんですね。単独音源聞いたことはないけど。


このスプリット、レビューは一曲に尽きる。


「DROOG IN A SLUM」、コレよすぎ。


パーティーソング確定!!ライブもだけどカラオケとか絶対楽しい!


1~5曲目? 知りません!


そんなんどーでもいいんだ、最後の曲が楽しすぎるから他は全然印象残らない。



まぁ、ちゃんと意見を言えば全体としての出来はイマイチかなぁと。


というか、トロゴリの音楽性っていうか魅力があんまり見えてこない


早くてスラッシュパンクっぽい感じ?ちょっとオールディーズな感じ?


ビークルと音楽も近いからわかりにくいってのもあるだろう。もったいないと思う。


ユアソンみたいに違いがわかりやすいからこそコラボの意味あると思うんだけどな。


コラボ第3弾はASPARAGUSみたいだけどどーなるんでしょうかな。


☆これらのアーティストが好きな人は絶対気に入る!・・・はず☆

◎ELLEGARDEN

○Ken yokoyama

△locofrank

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-31 13:59:26

SUPER STUPID - WHAT A HELL'S GOING ON?

テーマ:邦楽ロック:メロコア
SUPER STUPID
WHAT A HELL'S GOING ON?

1. WHAT A HELL'S GOING ON?
2. STOMP! STOMP! STOMP!
3. ROCK STAND
4. RIGHT OR LEFT
5. DO IT MYSELF
6. GOOFY MAN
7. DISCO
8. I GET GOOD SUNDAY
9. 風見鶏
10. SILVER JET
11. SUPER STUPID II
12. BULLETS OF TRUTH with KING GIDDRA
13. ビブーティー


かなり古い作品のご紹介。


1996年の作品。SUPER STUPIDとは、ご存知イッちゃんことLOW IQ 01の所属していたバンド。


Wikipediaよりメンバー紹介。

  • 大高知晃(ジャッキー)ボーカル・ギター
  • 市川昌之(LOW IQ 01 )ベース・ボーカル
  • 佐藤浩(HIROTH)ドラム

    というわけです。


    さすがに僕もリアルタイムでは聞いてなくてLOW IQ 01が好きだからということで

    最近聞いたんだけど、これがなかなかいいんだな~。


    さわやかなメロディックパンク要素あり、ポップな要素もあり、

    イッちゃんらしいスカ、ファンクな要素もあり、乗れるインストもあり、

    な感じでLOW IQ 01好きには間違いない作品だ


    お勧めは「ソー ファーッキンガーイ」で始まる#1、

          新日本プロレスの棚橋選手の入場曲でもあったらしい#5

          激しかったりかわいかったりノリノリな#11


    そして一番、何が言いたいかというと、#12「BULLETS OF TRUTH with KING GIDDRA」、この曲について。


    with KING GIDDRAってことで、そうジャパニーズヒップホップシーンの牽引者ZEEBRAが参加している。


    それ以上に何より、この前奏どこかで聞き覚えがある・・・。


    そう、フジテレビの「笑う犬の生活」のコント「テリーとドリー」の曲だ!


    懐かしい!


    「生きてるって何だろ~生きてるってなあに?」


    これです。


    「笑う犬」久々に見たいなぁ、という話でした。


  • いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
    2006-08-20 23:53:42

    locofrank -The First Chapter

    テーマ:邦楽ロック:メロコア
    locofrank
    The First Chapter

    ★★★★★★★☆☆☆ 7


    1. Film
    2. across time
    3. Tobacco Smoke
    4. WORDS
    5. Detours
    6. SHOWCASE
    7. Ivory chair
    8. NOW AND FOREVER
    9. Grab Again
    10. Gift from the sky
    11. FOGGY ROADS
    12. reason


    ロコ、いいでないの~!

    ミニアルバム「Shared Time」はそこまでピンとこなかったけど、この「The First Chapter」はいいぞ、なかなかいいぞ。


    正統派メロコアを引っ張る存在として、その期待に見事答えているる作品だ。


    バランスがいいね。


    一曲一曲、クオリティが高いね。


    「START」を超す名曲はなくても、「acroos time」、「Now and Forever」、「reason」などは特にカッコいいし。


    もったいないと思うのは、ロコって早口だから聞いて口ずさめるようなフレーズってのがあんましない。


    だから曲の名前覚えられないのかな、と。Hawaiian6とかも似てる傾向あるけど。


    それでも、十分、メロコア界を引っ張る立役者としての実力と人気は兼ね備えてるね。


    以前まで割と簡単に取れたライブのチケットがとりにくくなってたもんね。


    当然か。


    ☆これらのアーティストが好きな人は必ず気に入る!・・・はず☆

    ◎dustbox

    ○Hi-STANDARD

    △ELLEGARDEN

    いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
    2006-07-17 01:44:13

    SNAIL RAMP - GRAVITY

    テーマ:邦楽ロック:メロコア

    新生スネイルが新作をだしましたな。

    まだ聞いていないし、今のスネイルを否定するつもりは全くないけど、

    久々に聞いたらすごいよかったので懐かしの名盤への気持ちを書くことにした。

    スネイルで断然アキオが好きだった僕にとっての一番はやはり「GRAVITY」。

    SNAIL RAMP, AKIO, TAKEMURA, MINOR LEAGUE, 亨
    GRAVITY

    1. ALMIGHTY FIVE MONKEYS
    2. STEP ON GAS
    3. One night survivor
    4. GODLESS TRUTH(featuring MINOR LEAGUE)
    5. Portable Radio
    6. Jelly-Boo
    7. Good for nothing
    8. CHOCOSHAKE
    9. TAKE IT BACK!
    10. HOTARU NO HIKARI(featuring AIR)


    アキオの渋いボーカルと陽気な楽曲が見事にマッチしててたまらない。

    あんな渋い声で楽しい曲を歌われたら…もうノリノリ。
    タケムラの明るさも加わってさらにアゲアゲ。

    特に#1、#3、#8はあがる。

    そして極めつけはゲストにAIRを迎えた「HOTARU NO HIKARI」!!

    誰もが知ってるこの曲がこんなにかっこよくなるなんて。

    この曲のAIRは神がかった程の美しい声をだす。

    こんな名盤をだしてから活動休止、アキオ脱退、

    だいぶたって若いトオルが加入し今にいたるわけだけど、いかなるものか。

    といってもバンド名が同じでも当然メンバーが違えばその音楽もかわる。
    あの頃のスネイルと今のスネイルを比べるのはナンセンスなのだろう。

    どうしたって比べちゃうんだけどね。


    大事なのは今を聞いて好きになるか、ならないか。

    個人的にはホーン隊とかいれちゃってもっとスカスカしたらいいのに、と勝手に願っている。

    いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

    AD

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。