近頃注目を集めいているビーマルワン(BMAL1)をご存じですか?


これまでの食事制限や運動によるダイエットとは異なり、人間の“体内時計”を意識して、食べる時間をコントロールするダイエット方法です。食生活を少し変化させることで、脂肪を溜めにくい体を作ることができます。




ビーマルワン(BMAL1)ってなに?


ビーマルワン(BMAL1)とは、脂肪細胞に脂肪をため込む働きをするたんぱく質です。体内リズムが正常に働くようにコントロールしています。このたんぱく質(ビーマルワン)が多いほど細胞内に脂肪が蓄積しやすいのです。



ビーマルワンには性質がある!


ビーマルワンには、“時間によって量が変わる”とい性質があります。量がもっとも少ない時間帯は午後3時ごろ。 もっとも多い時間帯は午後10時から午前2時ごろ。つまり、昼間は多少食べ過ぎても脂肪は蓄積されにくく、逆に、午後10時から午前2時ごろに食べたものは脂肪として蓄積されやすいということになります。このビーマルワンの性質を食生活に上手く利用すれば、痩せやすくなるというわけです。


ビーマルワンを減らすには朝日を浴びることも重要


体内時計は地球の自転リズムの24時間よりもやや長く設定されています。その為、1日ごとにリセットし、ズレを修正する必要があります。ズレを修正するには、朝日を浴びることと、朝食を食べることです。朝日を浴びず、朝食を摂らない生活を送っていると、体は夜の状態のままです。ということは、ビーマルワンが増えたままとなり、知らず知らずのうちに、太りやすい体質を作っていることになります。また、朝食には卵料理などのたんぱく質を摂ると日中の活動量が高まり、脂肪燃焼しやすくなります。


理想的な食事時間


朝食は朝の6時から7時前後。昼食が正午から午後1時。夕食は午後6時から午後7時に食べるのが理想的です。夕食は遅くても夜10時までに食べ終わりたいところです。間食をする場合はビーマルワンが一番少ない時間帯の午後3時から4時の時間帯がベストです。




あまり難しく考える必要はありません。特に覚えていて欲しいのは以下の部分です。


●朝日を必ず浴びる

●朝食を必ず摂る(たんぱく質を含む食品を取り入れるとさらにいい)

●ビーマルワンは午後10時から2時にかけて最も多くなるので、その時間の食事は避ける

●高カロリーのものが食べたい時は朝・昼の時間帯に食べ、夕食を軽めに

●間食は午後3時から4時の時間帯がベスト