今日の読者からの質問は『水太りやむくみ』について


質問を頂いたので、ご紹介したいと思うダイエットレシピはいらない!



『水を飲んでも太らないと
ブログに書いてあったんですけど
やっぱりむくんだりゎするんですか??』



一日3ℓの水を飲めば痩せるとよく耳にする。
そして、その逆に『水太り』にもなるともよく聞く。
ダイエットにどんな効果があるのか、説明する。

結論から言って、水をたくさん飲むことによって、
体重が減っていく効果はある。
そして水をたくさん飲んだからといって太る事はないし、

むくみがひどくなることもない。



●水分の増減で体重も変化
人間の体の中で、水分が占める割合が

体重の60%が水分だと言われている。
【例体重70kgの人だったら42kgが水分】


つまりこの42kgの水分が増えたり、

減ったりすることによって、体重もおおいに変化する。
だから水を一気に飲み干せば体重は増えるし、

尿を出した後やお風呂に入って汗をかいた後は、体重が減る。

しかし、水分の増減によって体重が変化しても、それに一喜一憂しない
水分を出して体重が減っても、また水分をとれば元に戻り、
水分をとって体重が増えても、体から出せばまた元に戻る。



●ダイエット中は水分不足
私たちの体は、水を飲んだり、尿を出すことで、
1日に約2リットル以上の水分を出し入れしている。

細かく説明すると、まず取り入れる方では、

飲料水から大半を取って、あと食べ物からも水分を取ってる。
それと脂肪や糖の燃焼によって生まれる代謝水という

水分も、少量だが利用される。


次に放出する方では、尿が大半で、便からも水分は出される。
そして意外と知られていないのが、息や皮膚から出されてる水分がある。
冬の寒い日に息を吐くと白くなることがあるが、
あれは体の中の水分が水蒸気として出されてるもので、
それだけで1日に約1リットルぐらいの水分を出してる。


これらの合計が、人によるが大体2~2.5リットルぐらいになるというわけになる。

ダイエット中は運動するから、汗もいつもよりかくし、

呼吸による水分の放出が多くなる。
さらに食事制限をすることによって、食べ物からの水分の摂取量も減る。

つまりダイエット中は、いつもより水分が不足してるということである。



●水分を摂る事のダイエット効果
【むくみの解消】
むくみっていうのは、下半身、特に足に水分とか老廃物が溜まって起こる。
女性に多い下半身太りは、このむくみが解消されればだいぶ変わってくる。

『水分が足に溜まってるのに、水をいっぱい飲んじゃって大丈夫なの?』


と思うかもしれないが、むしろ水分を摂った方が良い

水分が流れていかずに溜まってしまうのは、
新陳代謝が悪くてスムーズに行われないことから起こる現象。
新陳代謝を良くするためには、たくさん水分を摂ってたくさん水分を出すこと
溜まってる水分や老廃物を押し出して、
常に循環を良くしておくために、水分が必要である。


ただし、夜寝る直前に水分を多量摂取するのは控えるべきである。
寝る前に水分を摂り過ぎると、代謝が追いつかずに
逆にむくみの原因になってしまう。
朝と昼間を中心に水分をたくさん摂るように心がけること。


【便秘の解消】
これはもう簡単にイメージできると思うが、
水分をたくさん摂れば、便のカサも増えるし、
やわらかくなるから便通が良くなる。

便秘が解消できれば、ぽっこりお腹もおさまってくるし、
腸が活発に動き始めれば、それだけで基礎代謝量もアップする。



ダイエットレシピはいらない!健康的に痩せられる-48日目  ダイエットレシピはいらない!


●現在、私がダイエットに使ってるアイテムです。

・カラダスキャン HBF-361  ・ミラクルコーヒー

ダイエットレシピはいらない!健康的に痩せられる-カラダスキャン ダイエットレシピはいらない!健康的に痩せられる