戦禍のシリアから~空爆再開!爆撃の中の猫たち避難を余儀なくされる

 


戦禍のシリアで野良猫をはじめとする動物たちの保護活動に献身的に取り組んでいる、ムハンマドさんの「猫の家」
 
だが今月に入って内戦の状況が激化し、ムハンマドさんたちはやむなく施設を閉鎖して避難することを余儀なくされたという。
 
動物たちはもちろん、人間の命も危険にさらされている現在のシリア。
我々には彼らの無事を祈ることしかできないのだろうか。

 

ー(後略)ー

 

 

 

 

 

 

詳しい内容と動画はこちらのツイッターをクリックしてください。

空爆が激しい中、猫を救出しようとしている姿が映し出されています。

 

 

 

モハンマドさんは国外の保護団体にサポートを求めているそうですが、

状況が状況だけにまだどこからも手は差し伸べられていないとのこと。

 

 

自分の命も危ない中、野良猫を救うために

全力を尽くして下さって本当にありがとうございます。

 

何一つ協力することができなくてごめんなさい。

そして猫ちゃんたちにもごめんなさい。

 

人間が勝手に始めた戦争で

何の罪もないあなた達の命を脅かしてしまって・・・

 

人間ってバカだよね。

大バカ野郎だよね。

 

 

遠い日本から皆さんと猫たちの無事を

ずっとずっとお祈りしています。