他人の猫虐待死、求刑上回る有罪判決 「愛護意識の高まり」指摘 富山地裁支部
 
他人の飼い猫を虐待して殺したとして、器物損壊と動物愛護法違反の罪に問われた富山市布目の無職、新村健治被告(52)に対し、富山地裁高岡支部は17日、「動物愛護に対する意識が社会の中で近ごろ高まりつつある」と指摘し、求刑(懲役6月)より重い懲役8月、保護観察付き執行猶予4年の判決を言い渡した。
 
判決によると、新村被告は今年5月、富山県射水市の路上で猫1匹を自宅に連れ去り、浴室の金属製捕獲器の中に入れてえさを与えず、プラスチック製の棒で腹部を突くなどの虐待をして殺した。
 
梅澤利昭裁判官は計画性や常習性があると指摘し、「飼い主の悲しみは深く、犯行の残虐さが地域社会に与えた不安感は大きい」と非難した。
 
判決後、殺された猫「モコオ」の飼い主の50代男性は「執行猶予付きというのは納得できないが、同種の事件と比べたら刑は重く、一つの区切りはついた」と話した。
 

 

 

 

飼い猫を含む50匹以上の猫を虐待した上で殺したというこの男。

 

実際には100匹以上の猫を殺しているとも言われています。

 

 

まだまだ全然納得できるような判決ではありませんが、
この男に求刑を上回る判決が出たことは

今後の動物虐待事件の裁判において

計り知れないほど大きな影響をもたらす事になるのではないかと思います。

 

 

モコオ君の飼い主さんだった男性は

民事での訴訟を起こすことも検討しているそうですが

無残に殺されてしまったモコオ君のためにも

是非裁判を起こして頂きたいです。

 

 

 

 

 

「飼い猫を連れ去り50~100匹殺した」富山の男性 

【絶対許さない】飼い猫を大量惨殺しておいて平然とインタビューに答える男

加藤浩次、富山猫50匹連れ去り事件に怒り「ド正論!」と納得の声