2018年10月9日「ザ!世界仰天ニュース」からです。

 

今から2年前、番組はインドネシアに暮らす少年を取材。

 

少年の名前はアリア・ペルマナくん。

10歳にして体重186kg。

 

1日の食事量は白米8合、ラーメン10杯。

間食も好きなだけ食べていた。

 

日本で検査したところ肥満による深刻な病気は見つからなかったが早死の危険性があった。 

 

 

 

 

番組はアリアくんが2年でどのように変わったのか再び取材した。

 

すると衝撃的な事実が!!

 

めちゃくちゃ痩せている!!

 

DSC_2317.JPG

 

DSC_2318.JPG

 

 

186kgから2年で97kgに!

なんと89kgの減量に成功していた!

 

DSC_2324.JPG

 

あれ?

痩せたら大リーガーの大谷翔平に似てる?笑

 

 

DSC_2320.JPG

 

 

ただし全身には余った皮がたっぷり。

 

DSC_2321.JPG

 

DSC_2322.JPG

 

DSC_2323.JPG

 

 

実は、有名な病院が将来への危険性を考えて無償でスリーブ状胃切除術を行っていたことが判明。

 

胃の一部を切り取ることで食事量が自然と制限され、徐々に痩せていくというもの。

 

アリヤくんの場合は胃の3/4を切除。

 

すると、みるみる内に痩せていったとのこと。

 

DSC_2332.JPG

 

DSC_2333.JPG

 

DSC_2334.JPG

 

DSC_2335.JPG

 

1年半で89kgも減量。

 

DSC_2336.JPG

 

 

ちなみにアリヤくんが昔着ていた服がこれ。

 

DSC_2337.JPG

 

食事は、小さめのお皿に変わっていた。

 

DSC_2338.JPG

 

が、それでも全部食べられず半分も残してしまった。

 

DSC_2339.JPG

 

学校では椅子に普通に座れるように。

 

DSC_2341.JPG

 

もう特注の特大の椅子も不要になっていた。

 

DSC_2342.JPG

 

 

そんなアリヤくん、現在は香水もつけてオシャレにも気をつかっている。 

その理由は学校で彼女ができたから。

 

DSC_2343.JPG

 

 

放課後は走りながら大好きなサッカーを楽しんでいる。

 

DSC_2344.JPG

 

 

ただ、減量手術には注意点がある。

 

それは食事の量が減っても食事に対する意識が変わらなければ

健康障害を引き起こす恐れがある。ということ。

 

「好きな物だけを食べる」といったことはダメで

色々な栄養をバランスよく摂る必要がある。

 

DSC_2346.JPG

 

「徐々に間食は減らしていますが、友達と同じくらいは許しています」

と語る母親のロカヤーさん。

 

DSC_2347.JPG

 

体重が80kg以下になれば、余った皮の切除も可能。

 

DSC_2348.JPG

 

アリヤくんの目標は、あと半年で70kgになること。

 

DSC_2349.JPG

 

 

見た感想は後ほどアップします。