2018年5月18日「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」からです。

医者が教える医学的に正しい食べ方とは?

DSC_0583.JPG

 

≪正しい食事術とは≫

食べ純・食べ合わせ・栄養など、今や常識とされている食や料理に関する知識を

医学的に正しく見直した食事方法のこと。

 

DSC_0582.JPG

 

提唱するのは48万部のベストセラー「医者が教える食事術」の著者、牧田医師。

 

 

第7位:卵は1日何個でもOK!コレステロール値は上がらない
 
DSC_0584.JPG
 
コレステロール値が高いと心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めるということから
「卵は1日1個まで」というのが常識になっていたが、2015年、厚生労働省と日本動脈学会が
「卵を食べてもコレステロール値の変化はほとんどない」と発表している。
 
牧田医師いわく「卵は1日に何個食べても大丈夫。1日に10個食べてもいい」
 

第6位:三角食べはデブのもと
 
DSC_0585.JPG

おかず・ご飯・汁物を一品ずつ順繰りに食べる「三角食べ」は、
子供が偏食して栄養バランスを崩さないようにするためや、
同じものばかり食べるのは行儀が悪いとされて広まったが、
牧田医師はこの食べ方は医学的に間違っていて太りやすくなると指摘。
 
その理由は早めに炭水化物を食べると血糖値が急上昇し、
肥満の原因になるなど体への負担が大きいこと。
さらに、ご飯に合うようおかずの味付けが濃くなり、ご飯の量が増えることも理由のひとつ。
 
2017年に米国のタフツ大学で行われた研究で、
食物繊維よりもタンパク質を先に摂った方が血糖値を下げる効果が高かった。
タンパク質や脂質を食べてから最低でも3分後に炭水化物を食べるのが良い。
 

第5位:健康のためにフルーツジュースは逆効果
 
DSC_0586.JPG

ミネラルやビタミンなど身体に良い栄養素がつまっている果物だが、
フルーツジュースは健康のためには逆効果。
果物に含まれる果糖はブドウ糖よりもエネルギーになりにくく、
逆に中性脂肪として取り込まれやすいため、太りやすいから。
 
しかもコップ1杯のジュースを作るためには多くの果物が必要となるため、
そのまま食べるよりも果糖を多く摂取することになる。
さらに絞るタイプのジューサーの場合は食物繊維を絞りカスとして捨ててしまうことになる。
果物はジュースにせず、食後にゆっくり噛んで食べるのがオススメ。
 
 
第4位:ダイエットのための油抜きはNG
 
DSC_0587.JPG

太りたくないからといって摂る油を減らすことは、医学的には正しい食べ方ではない。
 
油はカロリーが高く身体に悪いとイメージされ、摂取すると太ると思われてきたが、
サラダ油やゴマ油など植物を原料としてできた油には
必須脂肪酸という物質が含まれていて、これは食べることでしか体内に入れられない。
必須脂肪酸は体内の脂肪を燃やす働きをしてくれる。
 
油は酸化してしまうと有害物質になるので酸化しにくいというオリーブオイルがオススメ。
 
 
第3位:抜け毛予防にワカメは食べても意味がない
 
DSC_0588.JPG
 
医学的には、抜け毛予防にワカメは意味がない。
髪の毛の成分の99%はケラチンというタンパク質だが、
ワカメはミネラルが多くタンパク質は極端に少ない食べ物で食べても育毛効果は得られない。
 
ケラチンを増やすためには、ケラチンの元になるタンパク質や
亜鉛、ビタミンBが豊富な食品を摂るのがいいと。
 

第2位:美容のためにコラーゲンを食べても意味がない
 
DSC_0589.JPG
 
美容のためにコラーゲンを食べても意味がない。
手羽先や豚足などに多く含まれるコラーゲンは
体内で分解されてアミノ酸になってしまうためコラーゲンではなくなる。
 
コラーゲンは全て自分の体内から作られたもので線維芽細胞から作り出される。
この細胞を活発にするとコラーゲンが増えるのだが、その栄養源となるのはビタミンAとC。
ビタミンAは海苔やバターなどに多く、ビタミンCはレモンや緑茶に多く含まれる。
 

第1位:ダイエット中でも肉の脂身を取り除く必要なし
 
DSC_0591.JPG
 
医学的にはダイエット中でも肉の脂身を取り除く必要はない。
食べた脂肪は体の脂肪になるわけではなく、
細胞の膜やホルモン、胆汁を作る材料になるなど使いみちが多く、
皮下脂肪として貯まる余地は殆ど無いことがわかっている。
 
脂肪は消化に時間がかかり、吸収されにくい上に
余った脂肪は便として排出されてしまうため、肥満の原因にはならない。
 
 
牧田医師は、
「摂取カロリーの多い・少ないで太る・太らないを判断しないでほしい」と呼びかけた。
 

DSC_0592.JPG

 

 

以上が放送内容でした。

 

この放送を見て感じたことは「正しい部分もあるけれど間違っている部分もある」ということと

「全ての人に当てはまることではない」ということでした。

 

特に疑問に思ったのは

「卵は1日何個食べてもいい」「1日10個食べてもいい」

「コラーゲンは食べても意味がない」

「肉の脂を食べても太らない」

といった発言についてです。

 

「卵は1日1個ではなくもっと食べても問題ない」というのはあくまでも健康に全く問題がない人の話であって

肥満であったり肝臓に問題がある人には適応しないはずです。

それに、もし健常者だとしても卵を1日に10個も食べたらそれだけで約1000kcalになってしまうので

肥満への道まっしぐらになる可能性大です。

 

食事というのはバランス良く食べることが重要なのに

「1日10個食べてもいい」という発言を医師がするというのは納得できません。

 

 

次に「コラーゲンは食べると全てアミノ酸に分解されてしまうので食べても意味がない」と断言されていますが

近年の研究によって「コラーゲンの一部はペプチドという状態になり、体内のコラーゲン生成に役立つ役割をする」

「コラーゲンペプチドの状態で食べた場合、分解工程を省略できるので通常のコラーゲンより吸収性が高く、美容・健康に良い結果が得られる」ということが分かっています。

 

 
つまり「コラーゲンは食べても全く無意味ということはない」という事が分かっているということです。
 
この点について牧田医師は完全スルーでしたが、
「コラーゲンは食べても意味が全くない」と断言しているんですから何か一言でもコメントすべきでは?
 
そして最後に「肉の脂は取り除く必要がなく食べた方がいい」「食べても太らない」ということについてです。
 
確かに肉は胃では殆ど消化されず小腸まで運ばれます。
そして小腸から血管を通って肝臓に運ばれるわけですが、
太らないのはそれを全て消費できた場合のみです。
 
脂質のエネルギー量は糖質やタンパク質の倍以上あるので、
積極的に動いたり必死に運動してもなかなか消費し切れず余ってしまうことになるのに
太ることを気にせずパクパクとたくさん食べてしまったら太るのが当たり前です。
 
 
「摂取カロリーの多い・少ないで太る・太らないを判断しないでほしい」という事はある意味正しいと思いますが
カロリーを摂り過ぎてしまって、摂取カロリーが消費カロリーを大きく上回ってしまえば必ず太ります。
視聴者に変な誤解を与えるような発言が多すぎて、見ていてちょっと不愉快でした。
 
 
コラーゲンの発言からも分かるように、いくら医者だろうが
いくら書籍がベストセラーになっていようが、
「絶対に正しいとか絶対に間違っていないということはない」
ということを覚えておいて頂きたいと思います。
 
 

読者登録してね
 

110㎏から45㎏!W115㎝から55㎝!バストHカップのまま!この世で一番美しく痩せるダイエット!
Diet Witch Aki の「ダイエット法・美容法・顔出し」について

3ヶ月で合計-89㎏! ダイエットアドバイスを受けて大変身を遂げた第1期生の皆さんです!

ウエスト合計-150.4㎝! ダイエットアドバイスを受けて大変身した第2期生の皆さん!
6人で体重-99.5kgウエスト-143.5㎝!ダイエットアドバイスで大変身した第3期生です!
7人で体重-129kgウエスト-184.6㎝!ダイエットアドバイスで大変身した第4期生です!
10年付き合った彼と結婚することに!3ヶ月で見た目も心も美しく大変身したNさんを紹介します!

 

ランキングに参加しています!

下のバナーにポチをして頂けると記事を書く原動力になります!

ダイエット日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ

にほんブログ村

FC2 Blog Ranking