ダイエットのたんぱく質補給にプロテインの上手な使い方 | ご飯を食べて痩せるハッピーダイエットライフ!

ご飯を食べて痩せるハッピーダイエットライフ!

40代50代と女性の更年期以降は中年太りと体調不良と痩せない悩みを抱える方が多いです。そんな中高年のダイエットは健康法と美容法とアンチエイジングを兼ねた方法がお勧めです。過食と体調不良を改善して楽しく続けることのできるダイエット法を提案しています。

いつもありがとうございます。

ハッピー☆ダイエットライフの船田です。

 

ダイエットにはたんぱく質が重要です。

 

しかし、たんぱく質を食べ過ぎると

便秘になりやすく太りやすいのも事実です。

 

だから、プロテインが重宝しますよ!

 

 


ダイエットにはたんぱく質が重要です。

特に女性は食事を減らすと糖質と野菜に偏る傾向があります。

 

食事を減らすためには、

まずボリュームのあるおかずは避けますよね?

 

お肉やお魚を料理すると、

どうしても量が多くなり食べ過ぎてしまうからです。

 

それに実際に料理する立場で言えば、

肉や魚の料理は面倒だから作りたくないですしね・・。

 

かといって何も食べないとお腹がすくので、

ご飯やパンや麺類を少しと、お腹の足しとビタミン不足を避けるため野菜は食べる。

 

だからダイエットの食事は

肉や魚のたんぱく質が不足しがちなのです。

 

たんぱく質が不足するようになると、

ある意味で体重は減りやすくて「ダイエットの成果が出る」ように思えます。

 

摂取カロリーが少ないと、脂肪が燃焼して体脂肪が減る時は筋肉も一緒に減って体重が減ります。


だから2倍の早さで痩せる。

 

これは体の法則なので、

脂肪が燃焼する時は、たんぱく質も使われるのです。

 

なぜなら心臓などの内臓を動かすには、

必ず糖質のエネルギーが必要なので「たんぱく質から糖質を合成する」のです。

 

脳や筋肉のエネルギーは、

脂肪を燃焼させる時のケトン体で代用できます。

 

でも糖質のエネルギーも必要なので、

必ず「新糖生」というサイクルでたんぱく質から糖質を作るのです。


するとリバウンドしやすい体質に変わってしまうのですね。

 

そのためダイエットには、食事のカロリーを減らしつつも、たんぱく質の補給を切らしてはいけないのです。

 

そうしないと食事でたんぱく質を補給できない時は、

自分の体のたんぱく質を分解して必要な糖質を作るからです。

 

体のたんぱく質は主に筋肉から調達します。

つまり「ダイエットすると筋肉が落ちて基礎代謝が下がる」ことが多い。

 

基礎代謝が低下すると、

同じ量の食事を食べたら必ず太ります。

 

だから「ダイエットの時もたんぱく質」が絶対に必要。

しかし、たんぱく質の多い肉や魚を食べると「食べ過ぎる」ことが多いのです。

 

しかもたんぱく質の多い肉や魚を多くすると、

女性の場合は「便秘」「下痢」「お腹のハリ」「臭いおなら」になることが多いです。

 

便秘していたらダイエットは不可能です。

じつはダイエットで難しいのはたんぱく質の食べる量です。

 

少なくてはダメ!

でも多くてもダメ!

 

そのバランスが難しいのです。

こんな時に重宝するのがプロテインですね。

 

お肉を食べてもたんぱく質は補給出来ますが、

つい食べ過ぎてしまうし、脂質も多いので高カロリーになってしまいます。

 

そして便秘になって挫折します。

 

その点プロテインなら、

正確に分量を量って摂取することが可能です。

 

今日の食事はたんぱく質が少ないから、

その分をプロテインで補給しようとか出来る訳です。

 

しかもプロテインですから、

脂肪は入っていませんし、低カロリーで済みます。

 

食べ過ぎも防げるので、

便秘になるリスクも少ないわけです。

 

そしてプロテインでダイエットするというと、

DHCの「プロテインダイエット」という商品が思い浮かぶ方も多いでしょう。

 

これは「置き換えダイエット」として、

とても便利なダイエット法としてロングセラーです。

 

この方法は確かに効果があるのですが、

やはりリバウンドしやすいですし、味に飽きるとか、お腹がすくという問題もあります。

 

だから「もうこりた!」という方も多いでしょう。

しかし、プロテインはもっと上手にダイエットに取り入れることができます。

 

つまり「一食置き換えダイエット」にも使えますが「栄養補給」にも最適なのです。

その両方の使い方を組み合わせてダイエットすると非常に楽に痩せることができます。

 

つまり「日常的にプロテインで栄養補給」しながら、

週に1回とか2回位だけ、「一食置き換えダイエット」をするといいのです。

 

何しろ日本の女性は

かなりの場合で「たんぱく質が不足」しているからです。

 

ダイエット出来ないのはたんぱく質不足。

体調不良や精神的なトラブルがあるのもたんぱく質不足の可能性が高いです。

 

だからたんぱく質は意識して補給しましょう。

 

そのため2種類のプロテインを用意してもいいのです。

「置き換え用」と「栄養補給用」の二種類を用意するといいですね。

 

とかく女性は体重を減らすことばかり考えますが、

栄養補給をちゃんとしながら痩せないと、必ずリバウンドしますからね!

 

これは法則なので仕方ありません。

 

しかもプロテインというのは食欲を抑える効果もあります。

低カロリーで栄養補給が出来て食欲も抑えてくれるわけです。

 

ダイエットの強い味方ですね。

 

私も昨年「ビオテイン」という

乳酸菌入りのプロテインを紹介して自分でも飲んでいます。

 

 

 

このビオテインは置き換えダイエット用ですから、時々体調をみながら「今日は超小食にしてビオテインだけ」という感じで飲みます。

 

そんな方法でも痩せることは可能です。

私もここ2か月位で2キロ程痩せましたがビオテインを活用しました。

 

これは乳酸菌入りですし、

味も飲みやすく、DHCのプロテインより安くていいですね。

 

しかし日常的に飲むには量が足りないので、

WPI製法のホエイプロテインも常備しておくといいです。

 

プロテインにも種類がいろいろあります。

 

ホエイとソイに分けられますが、

女性用はソイプロテインを使うことが多いです。

 

これは「腹持ちが良い」ので、

置き換えダイエットに使いやすいからですね。

 

しかし栄養的には少し性能が低いです。

だから栄養補給のプロテインならホエイの方がお勧めです。

 

しかもWPC製法とWPI製法の違いもあり、

安いWPC製法のプロテインは乳糖やガゼインが少し入っています。

 

そのためお腹の調子が悪くなったりしやすいのです。

日本人は8割の方が乳糖を分解できませんし、ガセインのアレルギーを持つ方も多いです。

 

そのあたりに気を付けて、

お好みのホエイプロテインを購入しましょう。

 

置き換え用のプロテインはこちらがお勧めです。

 

乳酸菌入りプロテイン「ビオテイン」公式サイト