朝食を食べた方が、逆にお腹がすく理由 | ダイエットで幸せになる | ハッピーダイエットライフ

ダイエットで幸せになる | ハッピーダイエットライフ

ダイエットを実践すると、体が楽になり、気持ちが明るくなり幸せになる方法。そんなダイエット法をご紹介したいと思います。食事や運動はもちろん、ダイエットのスピリチュアルな問題もお伝えしますね。


テーマ:
いつもありがとうございます。

「朝食を食べよう!」みたいな話、あちこちで聞くキャンペーンですね!

一般的にはそうだと思うのですが、何を食べるかです。
ちなみに船田は朝食で果物やスムージーを食べることが多いです。

お米の朝食やパンの朝食は、もう15年位食べていないと思います。
時々遠征して宿泊する時もありますが、極力、ご飯類は食べません。

宿泊先によって、自分でバナナや柑橘類を持ってゆくときもあります。
ホテルなどでは、フレッシュオレンジジュース等が注文できればそれを飲みます。

これは、朝食を食べていると言えるのか、言えないのか?
果物朝食は、ちゃんとカロリーもあるし、食物繊維もビタミンも補給されています。

だから、食べているという認識です。
ご飯を食べない方が体調いいので、ずっと続けているのです。

考え事や勉強にもいいし、肉体労働にも向いています。
昔、仕事が見つからない時に日雇い労働に行っていましたが、その時も果物でした。

朝が果物、昼は玄米の弁当、仕事は肉体労働だと、すぐ痩せますよ(笑)





しかし、意外と船田のメルマガを読んでいても朝食がご飯やパンの方は多いようです。
やはり長年の習慣があるし、家族との関係もあるので、変えにくいのでしょう。

朝食に関しては、25歳位までは、ちゃんとご飯を食べる方がいいと思います。
なぜかというと、青少年は糖質を食べることによって活動エネルギーを得ているからです。

10代で糖質制限なんて危険です。
小学生、中学生、高校生くらいなら、朝ごはんはちゃんとお米を食べましょう。

しかし、30歳を超えたら、朝ごはんは果物などにした方がいいと思います。
理由は現代人の生活は、朝昼晩とご飯を食べると、必ず太るようになっているからです。

肉体労働の方なら3食とも食べてもいいのですが、事務職なら食べ過ぎです。
通勤は車や電車で、買い物も車で、仕事は事務で、趣味の運動もないなら、3食ご飯は多すぎですね。

そして、40歳を過ぎたらご飯は控えめにした方がいいです。
40歳や50歳になって、青少年と同じようなご飯を食べていたら、糖尿病まっしぐらです。

糖質制限が人気ですが、やった方がいいのは50代以降の方です。
糖質制限ダイエットは効果がありますが、問題はリバウンドすることです。

20代30代の方は、一時的に痩せても糖質制限を続けられないでしょうね。
ところが、50代以降の方は、むしろゆるい糖質制限の方が健康に良いし、続けられます。

だから、糖質制限を提唱している著者は、みなさん50代以降の先生ですね。
テレビではこんなことは説明しませんから、注意した方がいいですよ。

さて、朝食ですが、ご飯やパンを食べると10時頃にお腹がすきます。
女性の職場だと、10時の休憩にお菓子とお茶が出ることが多いですが、まさにこれです。

これは、朝食で食べた糖質が血糖値を上げすぎたサインなのです。
ご飯やパンで血糖値が上がり過ぎ、血液中の糖分はインシュリンで強制撤去されます。

それが、空腹感として出てきます。
しかし、食べたエネルギーは使われずに脂肪に変換されています。

これでは太るし健康にもよくないですね。
食べた物が使われずに脂肪になり、さらにお腹がすく悪循環です。

ところが、果物やスムージーやフレッシュジュースだとお腹がすきません。
正確にはお腹が空になっているのですが、心地よい空腹感なので食べたい気持ちにならないのです。

朝ご飯を食べた後の空腹感は、食べたくなります。
朝果物の後にくる空腹感は、食欲にならないのです。

気持ちいいので、食べたくないのですね。
じつはその時に、脂肪が燃焼してダイエットが進んでいるのです。

脂肪が燃焼するのは、空腹の時ですよ。
お腹がすいたら食べるというのは、絶対に痩せることができません。

空腹時をいかに快適にすごすか?
これがダイエットのキモになるわけです。

朝食で果物やスムージーを飲むと、簡単にそうなるのです。
あとは、空腹時に軽い運動等をすると、空腹感を忘れる時がありますね。

こういう時も、脂肪がよく燃えているのです。

現代人はお腹がすいたらすぐ食べるし、お腹がすいていないのにお菓子を食べます。
肉食の野生動物を見ると、お腹がすいたら食べるのではなく、狩りに出かけて運動します。

この違いは大きいですね(笑)
お腹が空っぽの時に運動すれば効果的に痩せてゆきます。

ようは、これができるかできないか?
これがダイエット成功と失敗を分けるところだと思います。

まずは、朝食を見直してみませんか?
人間の体は代謝の時間帯が決まっているのです。

12時から20時は栄養吸収の時間(食べる時間帯)
20時から04時は体を作る時間(休息が必要な時間)
04時から12時は排出の時間(固形の食品は排出の邪魔になる)


朝フルーツダイエットは、このリズムにちょうどいいのです。
まだ未体験の方は、騙されたと思って実践することをお勧めします。

朝食を果物とお茶にする。
心地よい空腹のときに軽い運動を習慣にする。

これだけで、ダイエットは成功しますよ。







ドキドキインフォメーションラブラブ

無料のテキストとダイエットのメール講座30日があります。
◆船田作成のダイエット無料テキスト◆

船田和成のハッピー☆ダイエットライフのサービスはこちら
◆船田和成の教材とサービス一覧◆

以前の記事を読みたい方はこちらからどうぞ。
過去記事をテーマから探す

2017年2月の人気記事です。
アクセスの多い順になっています。


1.朝と晩の体重差でダイエット成功が分かる!
2.1日に必要なたんぱく質は何グラム?
3.お菓子の過食を防ぐ秘密の習慣
4.ダイエットで体重が増える理由と対処法
5.痩せる朝食と太る朝食
6.美容体重にダイエットする方法
7.50代からアンチエイジングダイエット
8.女性に不足する栄養素と疲れの関係
9.野菜だけ食べると痩せないし太ります
10.45歳からのダイエット方法|船田和成のダイエット体験談
お勧め.痩せている人がダイエットしないで痩せている理由
お勧め.断食や超小食でも太る理由は何故なのか?
お勧め.食べる事に罪悪感がある | ダイエットは好きな物を食べる
お勧め.朝食のフルーツはどの位が食べればいいか?
ダイエットを楽しむ方法|ハッピーダイエットライフTOP



ダイエットコーチ☆船田和成さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス