乾燥肌への対策(スキンケア対策)

 

乾燥から肌を守り、ハリと潤いのある美肌のための生活習慣7つをご紹介します。

 

 

乾燥は、美肌(肌のキメ)にとって大敵…。

 

乾燥肌を放置することで、かゆみが出るだけでなく皮脂の分泌バランスが崩れ、吹き出物などの原因にもなりかねません。

 

肌の乾燥は 日頃の生活習慣を見直すことで、随分と改善されます。

 

まずは潤いのある肌を目指ざして、肌に良い習慣を知ることから始めましょう♪

 

 

 

星1.美肌のために、お風呂は「ぬるま湯」

 

美肌を語る上で欠かせないのが「正しい入浴方法」。

 

まず、お風呂のお湯は「温かい」と感じる42℃前後ではなく、「ん?ちょっとぬるいかも…」と感じる38℃前後の温度にします。

 

皮膚からは絶えず様々な潤い成分が分泌されているのですが、お湯の温度が高いほど、その潤い成分が失われやすくなるんです。

 

肌の乾燥を防ぎたいならば、基本的にはぬるま湯に浸かるべき。しかし、どうしても温かいお湯に浸かりたいという場合には、5分以内を目安に切り上げるようにします。

 

また、ぬるま湯であっても20分以内にはお湯から上がるようにしましょう。

 

Amazonで評価の高い入浴剤 → 国産マグネシウム・保湿入浴剤

 

 

 

星2.お風呂で体をゴシゴシこするのはNG

 

スポンジタオルを使用し、お風呂でゴシゴシと全身の垢をこすり落とすのはNG。

 

肌の保護をしている角質層まで剥がすことになってしまい、一時的に肌が柔らかくなったように感じるものの、今後より一層 肌が荒れることになってしまいます。

 

体を洗う際は、スポンジを使わず、手に直接石けんやボディーソープをつけて泡だて、手で全身を撫でるように洗う方法がオススメです。

 

また、湯船に浸かるだけで体汚れの大部分が落ちるため、湯船に浸かっていれば 体を洗う頻度は2〜3日に一度ぐらいで充分。

 

実は、神経質に毎日 体を洗う必要なんてないんですよ(笑)

 

 

 

星3.体を拭く際はバスタオルで叩くように

 

上でご紹介した "体ゴシゴシがNG" だというのは、お風呂で体を洗う時だけではありません。お風呂からあがってバスタオルで体を拭く際にも当てはまります。

 

タオルを肌にあて、水分を吸収するつもりで1〜2秒ほど軽く押し付けます。

(※ この際タオルでゴシゴシこすると、肌が傷ついてしまうので注意が必要)

 

1〜2秒ごとにタオルを押し付ける場所を移動させていき、全身の水分を拭き取っていきましょう。

 

 

星4〜7.

この続きは、下記から読めます(無料)。

 

肌のスキンケア対策7つ