{2677DF2D-F217-4B62-8A48-135C65FE7A10}

待ちに待った・・ウソですガーン・・とうとう来た愛車ジムニーの車検。このままでは車検はアウトなので足廻りをノーマルに戻していきますあせる

2年に一度の試練ですが仕方ありませんえーん

愛車ジム吉君は平成6年生まれの24年落ち。あちこちガタも出てるので点検も兼ねて整備することにします。

それでは、さっそく足廻りの交換作業にとりかかりましょう。


{544928DE-856E-4EF7-A159-34D027A7849E}

まずは安全のためにタイヤ止めビックリマーク
一度ヤバいことがあったので、さすがに適当なペペロンもこれだけは必ずやってます。
作業中に車が動いて、下敷きなんてシャレになりませんからね(笑)


{08A531F5-FE5B-4BC7-BEAC-34E97B763BA0}

デフをジャッキアップして、シャーシに馬をかましてタイヤを外します。


{1BFCA199-22FD-4F41-B242-6ACD8257CEA4}

リーフのボディ側。
古いジムニーはここが固着してて、サンダーでボルト切断・・なんてことになるんですが、2年に一度脱着しているせいか問題なく緩みました爆笑

ここで注意点ですが、ここからの一連の作業はとりあえず緩めるだけにしておきます。一か所ずつバラしていくと、残る箇所が緩められずまた組んでから緩める・・と言った二重手間が発生します。

最初の頃はペペロンも何度も失敗してしまいました(笑)


{BE3B3F8E-0CA0-4E70-AA84-4C3CEF21FC8C}

次にシャックル側も全てのナットを緩めておきます。
ガレージ整備なんでバスマットを敷いて寝転がってます。


{6D1225D3-053D-43E5-87D8-A633AE02A131}

お次はスプリングシート裏側のUボルトのナットをギリギリまで緩めます。
ここはフロント用とリア用に14ミリと17ミリのロングソケットがあると非常に便利です。スパナでチマチマやってると日が暮れてしまいますからね(笑)


{F976AC4A-B637-456D-B1C1-AC251A2D6C58}

次はショックの上下の取り付けナットを緩めます。上側は空回りするので頭を6ミリで押さえて緩めましょう。

続いて下側も緩めておきます。

これで準備は完了。いよいよバラしにかかりますビックリマーク

まずはリーフにテンションがかからない位置(ホーシングとリーフの間に隙間ができるくらい)にジャッキを調整して、Uボルトのナットを緩めスプリングシートとショックを外します。

続いてボディ側、シャックル側の順にボルトを抜きリーフを外します。


{BD5EC61A-A55D-4FD2-9606-6B5F3428633B}

これが外した車高アップ部品一式。

ノーマル部品の組み付けは、この逆の順序で組み付けていきます。
まずは車体側、そしてシャックル、スプリングシート、ショックの順です。

ここでも全て仮止めにしておきます。

というのも、ここで本締めしてしまうと反対側のリーフのセンター合わせが至難の技となるからです。
仮締めで自由度を持たせておきましょう。

ペペロンも最初の頃はここでつまずき、締めては緩め・・緩めすぎてホーシング抜けなど・・大変ムダな時間を費やしていました(笑)

反対側も同じように組み付けていき、センターが出たところで本締めします。

リアも全く同じ手順です。


{9F36A5BE-5915-49D5-9B15-3463ABCB2667}

こんなに低くなっちゃいました。

あとは諸々の整備をしてユーザー車検に持ち込みです。

今回はどんな難癖が待っていることやら・・💦

{949DC051-CCAF-4ECA-ACAC-B7C1967D73AE}

今年の冬は異常な寒さで、引きこもり状態のペペロンでしたが3月に入り少し暖かくなってきたので、久しぶりにMTBでびわ湖畔をポタリング〜🚲

{0412223A-42CD-453F-917F-0F3ED8A011BF}

風もなく穏やかな湖面。
ホントこんな日を待ってましたラブラブ

{3962E996-DE03-456A-8081-931DE40C4901}

真鴨もそろそろ北に帰っていく季節。
カモ鍋にされんようにとっとと飛び立ちなはれや〜(^^)

{74EF34CA-D06A-4B97-B006-4879B789960C}

膳所城跡公園からプリンスホテルまでの沿岸警備でしたが、本日も異常なし!



四国旅行 倉敷編

テーマ:
す2泊3日の旅行も今日で終わり。

道後温泉をあとに、途中倉敷に立ち寄り帰路につきます。

昨日は嫁さんに運転してもらったので、今日はペペロンが頑張って運転しま~すビックリマーク

松山インターから高速に乗り、倉敷まで。

思った以上に距離がありましたが何とか到着。あ~しんど(笑)

{3FA1F0D4-1E7A-4596-AC33-06AE1C626BB1:01}

古い街並みが残りいつ来てもいい所です。

平日のため観光客も少なく、ゆっくり見て回れそうですが、昨日までの陽気はどこへやら。寒い~あせる

{6D4C9490-C0D7-4744-98FD-A9FB3F1732B3:01}

ぶらっとアイビースクエアへ。

連ドラ「マッサン」でイングランドのウィスキー工場のロケ地に使われていたそうです。

そう言われてみれば、見覚えがあるような・・(^^)

国産ジーンズ発祥の地「児島」ジーンズの展示即売会がありましたが、高くて手が出ないので、再度保存地区に戻ります(笑)


{48E59DE0-484C-4C20-9BE4-7573D4DDB666:01}

{88CCC9A4-6C22-4807-A779-6CE26B10F900:01}

いろんな苦労があるでしょうが、いつまでもこの景観を保存して欲しいものです。


{C56EBB9E-286E-4F6E-9F7B-9B83DFAC9513:01}

街中を流れる川岸で青サギが小魚を狙っていました。

ギャラリーが多いなかで外したらカッコ悪いでと思ってましたが、見事にゲット!!

よかったね(^^)



{189E378F-0575-4C29-B490-3479069931F4:01}

以前にも買った備前焼の店を覗くと、欲しくなるものばかりあせる


{DD0C98FE-F366-4BDA-A122-6E9CEABE4E56:01}

悩みに悩んだ末、素晴らしい色合いの酒器を買ってしまいました。

備前焼は釉薬をかけず、土に含まれる鉄分が熱に反応して独特の色を出すため、色合いはひとつひとつが偶然の賜物なのです。

窯に入れる場所や、間仕切りの藁による焼けや、灰の飛び方など。

ふたつとして同じものはなく、好みもひとそれぞれです。

いろんな店を見て回りましたが、気に入ったのはこの一点だけ。運命の出会いです。

残念ながら私ペペロン、明日から一週間入院のため禁酒生活に入りますが、退院を楽しみにしたいと思います。