田舎育ちが生まれた日 | ユウテラス 爽遊(さわゆう) 大澤雄介

ユウテラス 爽遊(さわゆう) 大澤雄介

ユウテラス 爽遊(さわゆう) 大澤雄介 / UTERUS sawa-U / 巨人 阿部慎之助 篠塚和典ファン イチローが神さま / 瀬戸内海 愛媛今治生まれ 田舎育ち / 脳損傷 高次脳機能(中途)障害 自立支援員 介護福祉士さん


テーマ:
{C9A53E2E-C22E-490E-940B-44F89ED23A25}



①田舎育ちってアルバムは個人的に大好きなアルバムです。故郷今治の青春時代を「実録」したくて創りました。合間合間で話してる声、歌声は、今回も今治のライブに来てくれた友達や、子供たちの小さい頃、はたまた今はもう旅立った後輩や、今は亡き彼女の声だったりします。編集も、ヤラセもないです。全部隠し録りでした。笑 ← バレても誰も怒らなかったよ。



②曲は当時メジャーレーベルのワーナーミュージックジャパンと契約しようかと言ったタイミングだったので、全体的に打ち合わせしながら創っていった感じです。メジャーデビューに向けて「小綺麗で流行りの感じで大人抹殺を」とゆう不思議なオーダーがありましたから。今書くと馬鹿馬鹿しいけど、所謂プロ職業ってそんなもんなのかも知れませんね。



誤解ないようにお願いしたいのは、担当者さんは未だに僕の「恩人」「育て親」のひとり。それを踏まえて読んでみて下さいね。よろしくお願い致します。



③担当者さんとやり取りしながら創ってく中で、ストレスを溜め込んで、前作 大人抹殺との戦いに疲れ切ってて、食べて呑んで。一番太ったのもこの頃かなと(笑) 「転校生になれば」「今治」とかは完全にバラ録、編集も入ってます。所謂メジャー録音、売り物に近い創り方でしたから。プロデュースも入ってたので、日々「人の意見」との戦いでした。←若いね。正直は、気に入ってますけどね。特に転校生。



④そんな或る日、会議で「もっとヒカルみたいなユウテラスらしいキラーチューンを」と言われました。(キラーチューンって。。)何で隠し持ってた曲達を1日で仕上げて、ライブ録音して渡したものが、あなたに聴いて貰ってる「25歳」と「田舎育ち」です。



表題曲「田舎育ち」と「25歳」の登場がこのアルバムの革新でした。正直、それまで溜まってた鬱憤やストレスもあったんだと思いますけど、支持の通りの曲ではなかったのは間違いなく。歌も一回ライブばりに歌いきっただけですから。一期一会だ!えいや!って。僕的には最高やったんですけど、担当者さんからは「荒すぎ」とボツ宣告がありました。極め付けは「こんなの売れねー。爽遊は本当にこんなのがいいと思ってんの?」と言われてしまう事件が起こります。



⑥結局は「25歳」「田舎育ち」は会議を通らず、この2曲を収録するならワーナーは「ダサくて恥ずかしい」とゆう理由で「契約しない」とゆうくらいの怒りを買ってしまいました (笑) ま、しょーがなかったんで「メジャーは諦めます。」と伝えたら更に怒らせちゃって「冷めきった大人対応」されて晴れてお払い箱になりました。笑



仕方なかったと思いますね。

25歳と田舎育ちを無きものには出来ませんから。

田舎育ちは今治の僕たちの主題歌。

25歳は仲間との大事な思い出。



外せる訳がないからさ。笑



⑦何で、結局「自主製作」になったんで、好きに演る事にしました。メジャー仕様の数曲を外して「君がよ」を創りました。大好きな曲です。一番素直な僕かも知れないです。「流行歌」と共に。この2曲は完全に宅録ですね。「常盤町周辺のラプソディ」は「愛」を歌った しほ を待ってる間に今治港でひとりぼっちで、ウイスキー煽ってたら、手持ちのMDの録音ボタン押されてて、ギター持ってアドリブで歌ってた20分くらいのものの中の1分30秒です。師匠である今治ジャムサウンズのエース兵頭さんが「絶対入れな?」と編集してくれました。うしろの音は車が雨上がりの路面を舐めていく音。あの瞬間は永遠に記録されてしまったわけです。それに味しめたからかな?冒頭で書いたみんなの「声」を世界に届けたいなって思ったんです。



⑧その後は演りたい放題。ヒップホップとか。ドラムの のぶ の「並々ならぬ精神力!」が面白かっただけ。何でもかんでもお洒落=ヒップホップ、R&Bな今治に対しての「アンチテーゼ」でしたね。若気の至りですかね。今ならやり方違うだろけど、これはこれで楽しいでしょ?「がんばろっか」は完全にアドリブなんです。ライブ録音。レコーディング中に遊んでたヤツを録音してたんだ。最後ピアノ弾いてるのも、ちゃんと録音テープ回してるまんま途中で移動して弾いてます(笑) 完全アドリブ。



⑨「愛」はユウテラスとガガガ山本でやってた「野間バンド」の 野間しほ のために創った歌を収録しました。だから実はこれ、ユウテラスじゃないんです。後々、あなた病気DEATHで、僕がセルフカバーする事になるんです。しほも死にました。妹さんがライブに「姉ちゃん死んでしもたわ!雄介さん!がはは」と笑いながらやってきて、ライブ中「愛」で突然泣き崩れて。帰り際に「愛聴けて嬉しかった!また来るから!」って笑顔でさ。僕が「愛」を唄い続けるのは、妹さんがいつ聴きに来てくれてもいいように。約束だと思うから。



⑩「田舎育ち」は田舎に生まれ、育った僕たちのリアルです。今ではスマホ、SNSがあるので「何処に住んでも同じ」らしく、「田舎移住ブーム」の後押しもあってか?田舎は逆に「何にも無いのが幸せ」だそうです。笑



くそっくらえやん。。。だなんて!

思ってませんよ 笑



何にも無いを体験した事がないのかな?くらいです。

親友や仲間と生き方譲れなくて

血だらけなるまでの喧嘩もした事ないんじゃない?



田舎育ち。

くそみたいやった僕ら仲間みんなが

人を想い

背負い初めた



新しい旅立ちの幕開けのアルバムです。

子鹿が初めて立つ時のプルプル感。



僕的、ユウテラス最高傑作です。

ジャケ絵は 僕、メガくん、山本、森ちゃん(今治)の合作。

みんな気の合う仲間ばっかりです。



東京も大阪も場所によっちゃ田舎やけん。

兎に角。田舎育ちのあなたには

絶対聴いて欲しいな。




命を賭して

「無我夢中で生きてるだけ」って

こうゆう事じゃないかな。



死ねまで誇り。




続く。



爽遊さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス