大人抹殺が生まれた日 | ユウテラス 爽遊(さわゆう) 大澤雄介

ユウテラス 爽遊(さわゆう) 大澤雄介

ユウテラス 爽遊(さわゆう) 大澤雄介 / UTERUS sawa-U / 巨人 阿部慎之助 篠塚和典ファン イチローが神さま / 瀬戸内海 愛媛今治生まれ 田舎育ち / 脳損傷 高次脳機能(中途)障害 自立支援員 介護福祉士さん


テーマ:
{A82F2CDC-0D95-4B9C-88A0-EAE48357347C}




①ユウテラス処女アルバム 大人抹殺をレコーディングしたのは2002年の1月から2月にかけてカナダのバンクーバーのスタジオで。サウンドに雪の日の「しんしん」を手に入れるには雪国カナダは湿度含めて録音に最適だった。同時多発テロから間も無くの頃で。メンバーそれぞれ一人7万円で往復した記憶があります。




②デモは今治で創って。僕が曲と詩を弾き語りで持ってって。みんなで一緒にアレンジして。最中「ゆとり」とか「キラキラ」「痛い」などの合言葉が幾つも生まれました。今治って田舎に住む青春の行き詰まりや、不満、不安を紛らわすために、肩を寄せ合っては絶望からこの身を守り合ってる時期でした。




③一番初めに出来た曲はヒカルでした。ヒカルのあの感覚、詩が初めに合ってくれたから、後々の新星、懲役少年、超新星で僕は思いっきり自分の心の闇や鬱を叫べたし、そなた、僕の学校においでよ で生きてたいって泣けたんかも。今はそう想う。結局全部メンバーのおかげだから。あんま知らない。うん。




④時々調子悪くなる度に、詩が書けなくなって星野くん(ギター)が助けてくれたのが超新星(今の君はキラキラに光って の部分)で、奇跡的スウサイドのギターリフも星野くん。彼と嫁さんだけは唯一共作が成立する。稀有な人たち。理由は分かんないけど。




⑤このアルバムの一番素敵なとこってさ?世の中の全ての人たちに主張したくて。完璧にそれだけのために創った究極の自己救済メンヘラアルバムだったとこ。気にかけて欲しくて嘘の遺書書いたみたいなさ。きっと同じ様に生き詰まった誰かの救いになるんだって本気で信じ切ってたアホの子アルバムだから。




⑥勿論「誰かを救えるんだ」なんて大それた気持ちはなかったと思います。僕は10代から自殺未遂の常習犯みたいな「結局怪我するだけで死なないじゃん?」的な「完全なる狼少年」状態でしたから。この作品を最後に「死ねる」つもりでやってたの覚えてます。その頃は太宰治なんて知りもしなかったから。笑




⑦結局は睡眠薬がぶ飲みして自殺未遂やらかして、包丁でお腹刺す間際にドラマーのアベコさんに助けて貰ったんです。あの時後悔して大泣きしてなければ今はなかったし、だから後年福祉のお仕事につけたと思います。やっぱり経験してる同士にしか分からない事はありますから。僕の人生の分岐点でしたね。




⑧そんな悶着の後、レコーディング後しばらく休んで創ったのが「僕の学校においでよ」でした。初めは そなた でアルバム終わってたんです。この曲は今治の実家で静養してた僕のとこにメンバーみんな集まってくれて、一日で仕上げて簡易宅録したものです。視界に広がる世界に光を感じ始めた頃。




⑨今となれば「何で死ななきゃなんなかったのか?」なんて些細な事やし、こうして大人抹殺ってアルバムが遺り、僕もメンバーの皆も生き残った。死んでしまった人間もいるけど、それは仲間同士で背負ってく十字架だから。まぁ平凡な田舎に住む誰もが持つありきたりな物語、それが大人抹殺ですね。




「未熟」だから素敵なのかも知れませんね(笑)

完成したら終わり。




そうそう。




大人抹殺って要は

「大人になる前に、自分を抹殺」

するって意味だったのかな?




僕も未だに「自分が名付けた訳」とか分かんないですね。

分かろうともしてませんけど。




これをきっかけに

僕は「生きる」の第一人者を目指してく

事になります (笑) ←第一人者って何??




ま、阿保なんですよ。ただの。

それでいいんです✌️



続く。

爽遊さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス