映画鑑賞からのラーメン二郎デビュー:新宿小瀧橋通り「ラーメン二郎」 | 東京亜細亜倶楽部

東京亜細亜倶楽部

東京で味わう中国や韓国のグルメや映画など。

まだまだアメリカ記事もありますが今回は昨日について

出勤しなくてよくレディースディでもあったので中国映画を観てきました
中国戦国時代の武将たちの影武者をテーマにした作品です

中国では映画の食べログみたいなサイトがあり、公開済みの映画は全て点数化されみなさんからのコメントや写真や関連動画やデータベースなんかを検索できます
そのサイトでもかなりの高評価

ただ監督の美意識とこだわりに溢れた大作で役者の演技も素晴らしく中国では高評価なんですが、すきっとわかりやすいハリウッド映画慣れした日本人には難解な部分もあるかも
とはいえぐいぐい引き込まれて観終わるとほとんどの方がまた観たくなる作品に仕上がっていました

ランチには中途半端な時間に映画が終わったのでこれはチャンスだと近くのラーメン二郎へ
neko nekoの二郎デビューになります

ラーメン二郎って、ラーメンブロガーさんのブログを読むとなんだかオーダーの仕方とかめんどくさそうだし、客がお店の方に気を使っているみたいな感じがしてわざわざ行く気にもなかなかならなかったのですが…
あまりにも皆さんのブログで拝見するので「まずは一度」って笑

neko nekoが行ったのは新宿小瀧橋通り店
こちらはneko nekoの家から一番近い店舗です
並びなしだったので入店してみるとイメージとは違って「いらっしゃいませ!」って店員さんが明るい笑
普通のお店なら当たり前のことなのにこれだけで感動笑

先に野菜やニンニクや量なんかを聞かれるんですが悩んでいる方には丁寧に説明してくれます

なんか挨拶と説明だけでneko nekoのラーメン二郎のイメージが一気に上がりました
neko nekoはラーメン(小)、野菜・醤油・硬さ普通、背脂少なめ、ニンニク無し、味玉トッピングでオーダー

ビールはないんでお水を

しばし待つと着丼!
おー! これが二郎か!!!笑
よく聞く増し増しとかにしないと意外に普通の量にも見えます
美味しそうだなぁ
肉増しとかにしなくても立派すぎる煮豚が二塊
すごく柔らかく煮込まれてます
美味しいな〜

野菜は普通だと意外に少ないかな

味玉がカットされているのは嬉しい

麺はラーメンっていうより吉田うどんとか武蔵野うどんみたい
極太でコシがあります
麺量はラーメン小でも普通のラーメン屋さんの大盛りくらいはありますね
最初は楽勝だと思っていたらどんどん腹パンに笑

一味でお化粧してみたり

お店の雰囲気も良いし、美味しかったしまた行きたいです
ただスープがneko nekoにはしょっぱく感じられたから次回は野菜増し増しにしようかな笑
ご馳走さまでした