直感を信じる

テーマ:

ここ数日、凍りつきそうな寒い日々が続いています。

そんな中、ふと夜空を見上げると、月と星がとてもきれいに輝いています。

特にここ数日、何かわからないけれど、月が気になってとてもきれいだなあと見入ってしまいます。

こうした世界にいることに、心の奥底から感謝の気持ちが湧き上がってきます。

やけに気になるので、きっと何か意味があるような気がします。

 

ただこうした直感を信じるのは難しいことです。

現実的な常識にとらわれていると、自分の直感を打ち消してしまいます。

人の目や言葉ばかりを気にしていると、直感の声はどんどん小さくなって、そのうちに聞こえなくなります。

心の調子が悪いときは、直感そのものを感じとれません。

 

直感で感じるものがあるとき、理由はよくわからなくても、心に留めておくといいように思います。

直感でこうした方がいいと思ったことは、その通りに行動するといいと思います。

自分の中に偽りの自我があると、そうしたことはとても難しいのですが、直感の声を聞き、直感通りに行動することから、偽りの自我の殻を破っていくといいと思います。

直感通りに行動できる人というのは、とても素直な人です。

常識というものの中で努力をしている人よりも、最後には直感で行動する人こそが、成功や幸せというものを手に入れているような気がします。